脱毛方法(方式)

IPL脱毛の仕組みや効果は永久?美肌効果は口コミでも高評価!

IPL脱毛

「脱毛しよう!」と脱毛サロンを探すと、思った以上にたくさんのサロンがあって迷うという方も多いですよね。
脱毛サロンはどこも同じと思われるかもしれませんが、サロンによって脱毛の方法は違うんです。中でも脱毛効果が高く、多くのサロンで採用されているのが「IPL脱毛」です。

IPL脱毛は脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛(光脱毛)の一つです。脱毛効果が高く、美肌効果まである嬉しい脱毛方法なんですよ。

IPL脱毛とは一体どのような脱毛方法なのでしょうか?IPL脱毛の特徴やメリット、デメリット、どのような人に向いているのかなど詳しくご紹介します。

IPL脱毛とは

IPL脱毛
IPLはインテンス・パルス・ライトの略です。IPL脱毛はキセノンランプという光を使用して脱毛を行います。

IPL脱毛の光はメラニン色素の黒い色に反応をするという特徴を持っています。光を照射することで毛根部分に集まるメラニン色素が反応を起こし、毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えて毛を生えにくくするという仕組みです。

ムダ毛の毛根部分に直接ダメージを与えるという脱毛方法は、クリニックで行うレーザー脱毛もほぼ同じ仕組みですが、異なるのが光の性質です。レーザー脱毛の場合、光は1種類の波長のため照射範囲は狭くなりますが、強力なダメージを与えることができます。IPL脱毛の場合、複数の波長が組み合わさっているため照射範囲は広くなりますが、力が分散されるのでレーザー脱毛の光よりも弱くなります。

IPL脱毛はレーザー脱毛よりは効果は弱いものの、痛みも少なく、さらに料金も安いので人気となっています。

IPL脱毛のおすすめサロン

IPL脱毛のメリット

痛みややけどのリスクが少ない

IPL脱毛もレーザー脱毛も光の熱で毛根にダメージを与えるという仕組みは同じものの、熱量が圧倒的に異なります。レーザー脱毛は温度が200度近くまで達するのに対し、IPL脱毛は70度前後と約3倍もの差があるんです。熱量が大きいレーザー脱毛に比べても痛みも少なく、火傷のリスクが少ない安全な脱毛方法です。

広範囲の脱毛ができるので、施術時間が短い

IPL脱毛で使用されている脱毛機は、照射口が広い造りのものが多くなっています。広い範囲を一気に脱毛できるので、施術時間も短くスピーディーに脱毛を行えます。ワキ脱毛なら5分程度で終わってしまうんです。

脱毛だけでなく美肌効果も

IPL脱毛の光は、脱毛以外にも効果を発揮します。IPLは元々フォトフェイシャルとしてエステサロンやクリニックなどでも使用されています。照射することでコラーゲンの生成が活性化されるので、美肌効果が高いんです。くすみやシミなどの改善も期待できます。脱毛しながらお肌まで綺麗になるなんて、嬉しいですよね。

IPL脱毛のデメリット

産毛には効果が薄い

IPL脱毛はメラニン色素の黒い色に反応をします。VIOやワキなど濃く太い毛には強く反応をする反面、メラニン色素が少ない産毛など薄い毛には効果も少なくなってしまいます。IPL脱毛で産毛まで綺麗に脱毛するためには、根気よく何回もサロンへ通う必要があります。

日焼けした肌、ホクロやあざには照射できない

日焼けをすると、肌は紫外線の侵入を防ぐためにメラニン色素を生成します。IPL脱毛はメラニン色素の黒い色に反応をするので、日焼けをした肌に脱毛を行うと肌が過剰に反応を起こし火傷のような状態になってしまいます。元々日焼け後は肌自体も軽い火傷状態なので、肌に過剰な負担を与えないという理由からも日焼け後の肌にIPL脱毛は行えません。
ホクロやあざなども火傷の恐れがあるので、施術できません。

毛周期に合わせるから脱毛完了まで時間がかかる

IPL脱毛は、毛の成長サイクルである毛周期にあわせて行います。毛周期は「成長期→退行期→休止期」を繰り返しており、IPL脱毛は毛根にメラニン色素が十分にある成長期の毛に対してのみ効果があります。成長期の毛は全体の20%しかないため、一度で脱毛が完了することはありません。退行期や休止期の毛がより多く成長期を迎える2~3ヶ月ごとに脱毛を行うサロンがほとんどなので、脱毛が完了するまでに時間が掛かってしまいます。

SSC脱毛とはどう違うのか

フラッシュ脱毛の代表格としてIPL脱毛とともに上げられるのが「SSC脱毛」です。SSC脱毛は抑毛効果のあるジェルを塗ってから光をあてる脱毛方法です。脱毛方法も異なりますが、効果や痛みにも違いがあります。

効果

SSC脱毛では、キセノンランプよりもより肌に優しいクリプトンライトを使用しています。抑毛効果のあるジェルを使用するので、IPL脱毛に比べれば産毛にも効果が期待できますが、濃い毛に対しての脱毛効果は薄くなってしまいます。
IPL脱毛のキセノンランプは黒い色に強く反応をするので、濃い毛に高い効果を発揮します。反面、産毛などの脱毛には効果が薄く時間も掛かります。
IPL脱毛は、フラッシュ脱毛の中でも太く濃い毛に特に効果を感じやすい脱毛方法です。

痛み

SSC脱毛のクリプトンライトはキセノンランプよりも肌に優しく、ジェルと光の相乗効果で脱毛を行います。SSC脱毛はIPL脱毛よりも痛みを感じませんが、全くないわけではありません。特にVIOや顔など皮膚が薄い場所、毛が濃い場所は痛みも感じられます。
IPL脱毛は毛根部分に強いダメージを与えるので、SSC脱毛に比べると痛みが強いです。IPL脱毛の痛みの例えとしてよく上げられるのが「ゴムで弾いたような痛み」です。フラッシュ脱毛の中では一番痛みを感じやすいのですが、レーザー脱毛に比べれば痛みは格段に少ないです。

IPL脱毛はこんな人にオススメ

  • 効果をすぐに感じたい人
  • できるだけ費用を抑えたい人
  • 濃いムダ毛に悩んでいる人
  • VIO脱毛をお考えの人

IPL脱毛は施術後2週間程度でムダ毛がポロポロ抜け落ちます。フラッシュ脱毛の中でも即効性は最も感じやすいので、「2週間後までに今あるムダ毛を何とかしたい」などすぐに効果を感じたいという人にはオススメです。一見綺麗になっても、抜け落ちたのは脱毛時に成長期にあった毛のみで、全体の20%にすぎません。継続して脱毛をする必要があるので注意が必要です。
脱毛というと「費用が高い」というイメージもあるかもしれませんが、IPL脱毛は他の脱毛方法に比べても比較的リーズナブルな価格で脱毛が行えます。中には月額制のサロンもあり、お小遣い程度で脱毛が始めることができます。
フラッシュ脱毛の中でも、濃い毛に最も効果的なのがIPL脱毛です。ムダ毛が濃くて悩んでいる人、VIOの脱毛をしたいという人にオススメの脱毛方法です。

完了までの期間や回数はどれくらいか

IPL脱毛の効果は、濃い毛には感じやすく、産毛など薄い毛は感じにくくなっています。
脱毛の効果には個人差がありますが、10回程度でムダ毛は目立たなくなり自己処理の回数が減ります。産毛までしっかり脱毛をしたいとなると、15回以上通うことも珍しくありません。

脱毛は毛周期に合わせて行うため、2~3ヶ月の間隔を開けて脱毛を行いますが、10回以上脱毛を重ねてくると2~3ヶ月ではムダ毛も生え揃わなくなってきます。それに伴い徐々に脱毛の間隔も開いてくるので、脱毛完了までには2~3年かそれ以上掛かることもあります。

IPL脱毛は継続することがとても大切です。自己処理の必要ないツルツルな肌になるためには、長期的に通う必要があります。

IPL脱毛なら、脱毛しながら美肌にもなれる

IPL脱毛についてご紹介しましたが、どのような印象をお持ちになったでしょうか?
レーザー脱毛と比べると脱毛効果は低くなるものの、痛みも少なく、フラッシュ脱毛の中では脱毛の効果も高いので、多くの方から支持されています。価格もリーズナブルなので気軽に始めることができるのも嬉しいですよね。
美肌効果も高いから「脱毛をしながら綺麗な肌になりたい」という方には、断然オススメの脱毛方法です。

ABOUT ME
みらえぴ編集部
みらえぴ編集部
中の人です!小学生の時にムダ毛との戦いがスタートしてはや○○年(笑) 脱毛で失敗しすぎた私だからこそ、少しでも脱毛で悩んでいる人のお手伝いができると思います。 脱毛初心者でも分かりやすいサイトを目指して日々脱毛知識をアップデート中♪
こんな記事もおすすめ