全身脱毛の疑問

全身脱毛は保湿で決まる!?乾燥が引き起こすリスクと正しい保湿ケア方法

全身脱毛の保湿

サロンやクリニックでは、脱毛期間中は肌の保湿を十分に行うように指示されます。

実は、全身脱毛前後の保湿はとても重要!「普段はそこまで保湿をしない」という人も、しっかりケアしないと様々なトラブルに繋がることに。効果にも大きな違いがうまれてしまうんです!

今回は、脱毛と保湿の関係について詳しく解説します。乾燥が引き起こすリスクや保湿のメリット、正しいケア方法など紹介しますのでご一読ください!

脱毛後の肌はなぜ乾燥するの?

脱毛後、肌はとても乾燥しやすい状態になりますが、これには脱毛の仕組みが深く関係しています。

一般的なサロンのフラッシュ脱毛(光脱毛)やクリニックの医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応をする特殊な光を照射し、発生する熱エネルギーで毛根にダメージを与えます。

この時発生する熱は、フラッシュ脱毛で60~80℃、医療レーザー脱毛で200℃以上にも達するため、肌の水分も同時に奪われてしまうのです。

また、脱毛後の肌は軽く火傷を負った状態で、肌のバリア機能も低下しています。肌内部の水分が外へ逃げてしまうため、乾燥も加速してしまうのです。

脱毛後の保湿を怠ることで起こるトラブル

脱毛後、乾燥した状態を放っておくと肌のバリア機能が低下し、次のようなトラブルを起こす可能性があります。

ニキビ

ニキビは過剰な皮脂の分泌によってできるイメージがありますが、乾燥して水分量が低下した角層が積み重なって毛穴をふさぎ、皮脂が少なくてもできてしまうことがあります。いわゆる「大人ニキビ」は、乾燥が原因となることも少なくありません。

毛嚢炎

毛嚢炎は、肌の表面にいるブドウ球菌などの常在菌が毛穴に入り込むことで起こる炎症です。普段はバリア機能が働いているので常在菌は毛穴の奥に入りませんが、肌が乾燥してバリア機能が弱くなると毛穴に侵入して炎症を起こしやすくなります。

シワ

乾燥して角質層の中にある水分が蒸発すると、肌に隙間ができて「ちりめん状」や「綿状」の小じわができることも。すぐに対処しないとシワが増えて繋がり、大きなものになってしまう可能性があります。

黒ずみ・色素沈着

バリア機能が低下すると外からの刺激を受けやすくなり、肌の奥にあるメラノサイトからメラニンが過剰に生成されてしまいます。さらに乾燥した肌はターンオーバーが正常に働かないためメラニンがうまく排出されず、シミや黒ずみ、色素沈着(シミ)として残ってしまいます。

脱毛後、保湿を行わずに乾燥を放置するとこのように様々なトラブルが引き起こされる可能性があります。また、肌自体が慢性的な乾燥肌や敏感肌に変わってしまう危険性もあるため、脱毛後の保湿はとても重要です。

脱毛前も保湿は重要!保湿を怠るとこんなデメリットも

脱毛後の保湿の重要性を説明しましたが、実は脱毛前も保湿はとっても大切です。怠ってしまうと、脱毛を受ける際に次のようなデメリットがあります。

痛み・火傷・炎症などが起こりやすくなる

乾燥してバリア機能が低下すると、外からの刺激に敏感になります。そのため、脱毛の光を照射した時に痛みも強くなり、火傷や炎症などの肌トラブルを起こすリスクも高まります。

脱毛の効果が低くなる

水分が不足した肌に照射をすると、脱毛機の光が内部まで十分浸透しません。また、乾燥した肌には脱毛機の出力を下げて照射を行うことも多く、脱毛の効果も薄くなってしまいます。

施術自体を断られることも

施術前には必ず肌状態のチェックを行いますが、肌がカサカサで粉を吹いているなど明らかに乾燥した状態の場合、照射を行うとトラブルを起こす可能性が高く、脱毛自体を断られてしまうことがあります。

脱毛前後に保湿をする5つのメリット

脱毛前・脱毛後にしっかり保湿をすると、次のようなメリットがあります。

脱毛効果がアップする

水分を十分に含んだ潤った肌は光の浸透力も高くなり、脱毛機もより適切なパワーで照射することができます。また地面に生えている草を抜くのと同じで、乾燥してカチカチ状態の肌よりも、水分をたっぷり含んだやわらかい肌の方がムダ毛も抜けやすくなるため、脱毛効果もアップします。

施術時の痛みが少なくなる

肌が十分に潤った状態にあると、施術で発生した熱の影響を受けにくくなります。また、バリア機能も正常に働くため、ある程度の刺激にも耐えることができ痛みも少なくなります。

肌トラブルを防ぐことができる

水分を含んだ肌は熱の影響を受けにくいため、火傷や炎症のリスクが低くなります。また、バリア機能もアップして、毛嚢炎など脱毛後の様々な肌トラブルを防ぐことができます。

施術後の肌がより綺麗になる

乾燥をすると毛穴は開き目立ってしまいますが、保湿を十分に行うと皮膚がふっくらとして毛穴も目立ちにくくなります。さらにムダ毛もなくなるから、透明感もアップ!ターンオーバーも正常化して肌質もよくなり、脱毛後の肌がより綺麗になります。

脱毛完了が早くなる

お話ししたように、保湿をして肌を潤った状態にしておくと、脱毛効果が高くなります。さらに肌トラブルも防げるため理想的な周期で施術が行え、結果的により少ない回数で脱毛を完了させることができます。

脱毛期間中の保湿剤選びのポイント

脱毛期間中は保湿がどれだけ重要かお分かりいただけたかと思いますが、ただ闇雲に保湿をすればOKというわけではありません。次に保湿剤選びのポイントをご紹介します。

施術前日・当日は油分が控えめのものを使用する

普段はいつも通りの保湿でOKですが、施術の前日・当日の保湿はオイルフリーの化粧品で行うようにしましょう。

油分の多い化粧水や乳液を使用すると、毛穴をふさいでしまい脱毛の効果が下がる可能性があります。さらに、施術にジェルを使用する場合は、成分が十分に浸透しなくなってしまうことも。

同じ理由で、施術前は日焼け止めや制汗剤などの使用も基本的にNG!

乳液やクリームなど、直前の化粧品の使用はサロンやクリニックによって方針が異なるので、事前に確認をしておくと安心です。

脱毛後は使い慣れた化粧水がおすすめ!

脱毛後は、当日から化粧水の使用が可能です。

施術後の肌はとても敏感な状態となっています。使用する化粧水は、アルコール・パラベン・着色料などの添加物を使用していない低刺激、敏感肌用のものを使うようにしてください。

ただし、初めての化粧水は肌の状態を悪化させる可能性があるため、使い慣れたものを使用するようにしましょう。

また、施術直後は毛穴が開いており、油分の多い保湿剤はニキビなどの肌トラブルを起こす可能性があります。施術後1~2日は、油分が少ない保湿剤の使用をおすすめします。

脱毛後の保湿はどのようにすればいい?部位別アフターケア方法

全身脱毛の場合、保湿も全身行う必要がありますが、部位によってアフターケアの方法も異なります。

顔は全身の中でも皮膚が薄く敏感なので、保湿ケアにも注意が必要です。

施術当日は、メイクは避けることが望ましいです。フルメイクは翌日以降、赤みやヒリヒリ感がなくなってからするようにしましょう。ただし、肌に負担をかけないように軽めのメイクを心がけてください。

洗顔料は低刺激で洗浄力が強すぎないもがベスト。クレンジングもオイルタイプは洗浄力が高すぎるので、ジェルタイプやミルクタイプのものを選ぶとよいでしょう。

洗顔時は、泡で包み込むように洗い、ぬるま湯で流します。熱いお湯や水圧の強いシャワーはNG!また、洗顔後は低刺激の化粧水で保湿し、美容液やクリームでフタをします。オールインワンジェルなら1度でケアが済むので、肌に負担も少なくおすすめです。

顔は皮脂腺が多いためニキビができやすく、普段から紫外線のケアが必要です。日焼け止めを使用する場合は低刺激のものを選び、帽子や日傘なども併用して紫外線を避けるようにしましょう。

ボディ

ボディの保湿方法も顔と同じで、低刺激の化粧水(ローション)で保湿した後、乳液やクリームなどでフタをします。顔のほうが体よりも皮膚が薄く敏感なので、顔と同じ保湿剤を使用してもOKです。

保湿のタイミングは入浴後がベスト。施術当日は肌が熱を持っているため、湯船には浸からずぬるめのシャワーのみで済ませましょう。

脱毛後の赤みやヒリヒリ感がなくなれば湯船に入ってもOKですが、熱いお湯は避けてください。体もタオルやボディブラシでゴシゴシ洗わず、手のひらを使って泡で優しく洗ってください。

顔に比べて紫外線の影響は受けにくいですが、できるだけ露出の少ない服がベター。衣類の摩擦で乾燥を招く恐れもあるため、肌を締め付けない、ゆったりとしたものを選ぶと良いでしょう。静電気の起こりやすいポリエステルやアクリルなどの化学繊維よりも、天然の素材がおすすめです。

VIO

VIOは不衛生になりやすく、炎症も起こりやすいため注意が必要です。

保湿の方法は基本的にボディと同じ低刺激のものでOKですが、下着に付着して蒸れて不衛生にならないようにできるだけ油分の少ないものを選ぶようにしましょう。

もし、保湿剤が肌に合わずかぶれを起こしたりする場合は、VIO専用の保湿剤を使用してください。

また下着は肌に密着するので、化学繊維は避けて綿100%のものを選ぶことをおすすめします。

脱毛後の保湿ケアに定評!おすすめサロン4選

アフターケアは2種類の保湿ローションから選べる「キレイモ」
おすすめポイント
  • 「スリムアップローション」「プレミアム美白ローション」の2種類から選べる
  • 痩身効果が期待できるスリムアップ脱毛が人気
  • 通い放題のスペシャルプランなら毎回ローションを選択可能!

全身脱毛専門サロンのキレイモでは、施術後に「スリムアップローション」と「プレミアム美白ローション」のいずれかで保湿ケアを行います。

どちらも保湿&鎮静効果がある点では同じですが、スリムアップローションには痩身効果のある成分が、プレミアム美白ローションには美白効果がある成分が配合されています。

通常は1回ローションを選ぶと途中で変更ができませんが、通い放題プランのみ毎回どちらのローションを使用するか選択することができます。

オリジナルの保湿ケアで赤ちゃんのようなプルプル肌に「銀座カラー」
おすすめポイント
  • オプションの保湿ケア「美肌潤美」が大人気!
  • 施術後には人気の美容素材を配合したハーブティーのサービス付き
  • ローションやフェイスパックなどオリジナルのケア商品の取扱いもあり

銀座カラーでは、施術後に保湿ローションを塗布してくれますが、オリジナルの保湿ケア「美肌潤美」を選択することも可能です。

美肌潤美はヒアルロン酸・コラーゲン・天然ハーブをはじめとする6種類の美容成分をスーパー保湿マシンで高圧噴射。たっぷり潤ってみずみずしいプルンとした肌になると好評です。

オプションとなるため別料金が掛かりますが、脱毛後にしっかり保湿ケアを行いたい人にはおすすめです。全身脱毛し放題を契約すると1回お試し体験もできますよ!

オリジナルコスメで潤い肌へ導く「脱毛ラボ」
おすすめポイント
  • SSC脱毛でジェルのフィリニーブ美肌成分がお肌に浸透
  • オリジナルコスメで施術前、施術中、施術後と3回エステパックを行う
  • オプションの保湿ケアで全身360度みずみずしいまでうるおい保水

ドクターシーラボグループの脱毛サロン「脱毛ラボ」は、アフターケアに定評のあるサロンとして人気を集めています。

脱毛ラボでは、オリジナル脱毛アフターコスメ「プリンセスシリーズ」を開発。実質無料の全身ホワイトベールパックで肌ダメージをケアし、お肌を守りながら美肌に導きます。

また、別途費用が掛かりますが、オプションのイオンモイスチャー・シャワーは、全身を殺菌・保湿して360度みずみずしい潤い肌へと導きます。

オリジナルコスメの展開も豊富「ミュゼプラチナム」
おすすめポイント
  • 仕上げのトリートメントにはプラセンタエキス配合のミルクローションを使用
  • オリジナルのミュゼコスメで自宅にいながらサロン級のケアができる

ミュゼプラチナムでは、ジェルと光の相乗効果で脱毛を行う肌にやさしいSSC方式の脱毛を採用しています。

施術後のトリートメントには、独自開発のプラセンタエキス配合のミルクローションを使用しており、やさしくいたわりながら肌に潤いを与え、高い美肌効果が期待できます。

また、オリジナルのミュゼコスメではローションやミルクなど様々な保湿ケア製品も扱っています。

全身脱毛期間中は常に保湿を心がけよう!

肌のために良いと分かっていても、ついついおろそかになりがちな保湿ケア。脱毛期間中は、効果を十分に感じるために、そして肌トラブルを引き起こさないためにも、意識して保湿ケアに取り組むようにしましょう。

また、全身脱毛の場合は全身の保湿が必要となり、部位によってもポイントが違うので注意してください。

保湿は日々の積み重ねが大切です。ケアをしっかり行い、脱毛で全身透き通るような肌を手に入れましょうね!