脱毛方法(方式)

SSC脱毛の効果や仕組みを徹底分析!敏感肌でもOK・痛みも少ない!

SSC脱毛

脱毛サロンで行われる脱毛には様々な方法があります。「早く効果を感じたい」「できるだけ痛みを抑えたい」など、目的によって選ぶ脱毛サロンも違います。中でも、肌に優しく痛みを感じにくい脱毛方法として有名なのが「SSC脱毛」です。

SSC脱毛は脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛(光脱毛)の一種です。同じフラッシュ脱毛として多くのサロンで採用されているIPL脱毛に比べると肌への負担も痛みも少ないので、軽い敏感肌の方でも脱毛ができるんです。SSC脱毛はどのような脱毛方法なのか、メリットやデメリット、完了するまでの期間など詳しくご紹介します。

SSC脱毛とは

SSC脱毛
SSCはスムース・スキン・コントロールの略です。SSC脱毛ではクリプトンライトという光を使用して脱毛を行います。クリプトンライトは、同じくフラッシュ脱毛のIPL脱毛で使用するキセノンランプよりも肌に優しいという特徴があります。

SSC脱毛の最大の特徴は、施術に抑毛効果のあるジェルを使用するという点です。ジェルには「フィリニーブ」という抑毛成分を含んだトレジャービーンズが含まれており、光を当てることでトレジャービーンズが弾けて中の成分が行き渡ります。ジェルと光の相乗効果によって毛を生えにくくするという仕組みです。

IPL脱毛が毛根部分に直接ダメージを与えることができるような強い光で脱毛をするのに対し、SSC脱毛は毛根部分に直接与えるダメージは弱いものの、ジェルの力と安定した光でIPL脱毛と同じようにしっかりと脱毛を行えます。ジェルには美肌成分も配合されているから、脱毛だけでなく、黒ずみや毛穴のケアもしっかり行えます。

肌に優しい脱毛方法なので軽い敏感肌の方でも脱毛ができ、IPL脱毛に比べると痛みが少ないというのも魅力です。

SSC脱毛のメリット

脱毛をする時の痛みが少ない

SSC脱毛はジェルと光の相乗効果で脱毛を行うため、痛みが少ないというメリットがあります。毛根部分に大きなダメージを与えることはありませんが、全く影響を与えないというわけではないので、施術する部位によっては多少痛みを感じることもあります。それでもIPL脱毛に比べると痛みを大幅に抑えることができるから、痛みに弱いという方でも安心です。

軽い敏感肌でも脱毛をすることができる

SSC脱毛は、肌に優しいクリプトンライトを使用しています。ジェルとの相乗効果で脱毛を行うので、毛根部分に大きなダメージを与えるほどの強い光を照射する必要がありません。さらにジェルが肌を保護する役割も果たしているから、肌への負担がとても少ないです。軽い敏感肌程度の方なら脱毛をすることができるんです。

脱毛に掛かる時間が短い

一般的な脱毛は部位ごとに脱毛機を当てて光を照射するのに対し、SSC脱毛はジェルを塗った肌に脱毛機を滑らせるようにして光を照射することができるので、施術に掛かる時間が短いです。
全身脱毛で比較をすると、IPL脱毛が1時間半~2時間程度、レーザー脱毛が3時間~4時間程度掛かるのに対し、SSC脱毛は1時間程度で脱毛が完了します。とってもスピーディーだから忙しい方も気軽に脱毛できますね。

SSC脱毛のデメリット

即効性がなく、脱毛の効果を感じるまでに時間がかかる

毛は「成長期→退行期→休止期」と呼ばれる毛周期をサイクルとして抜け変わります。IPL脱毛もSSC脱毛も、「成長期」の毛に対して作用します。成長期の毛は全体の20%に過ぎず、退行期や休止期にあったムダ毛が成長期を迎える頃に再び脱毛をするという繰り返しのため、どうしても脱毛完了までに時間が掛かります。照射力も強くないので、回数を重ねないと効果を感じることができません。

日焼けした肌には照射できない

SSC脱毛は肌に優しい脱毛方法ですが、IPL脱毛と同じようにメラニン色素の黒い色に反応をするという特徴があります。日焼けをすると、肌には紫外線の侵入を防ぐためにメラニン色素が生成されるので、その状態で脱毛を行うと過剰に反応を起こし火傷状態となってしまいます。日焼け直後や肌の色が黒い方はSSC脱毛ができません。

ジェルが冷たい

SSC脱毛はジェルを使用するので、直接照射する脱毛方法に比べるとひんやりと冷たく感じます。夏場はひんやりもそれ程気にならなくても、冬場はジェルを苦手と感じる方も多いです。我慢できないほどの冷たさではないのですが、気にする方にとってはストレスに感じることもあるでしょう。

SSC脱毛はIPL脱毛とはどう違うのか

SSC脱毛とともにフラッシュ脱毛の代表格として上げられるのが「IPL脱毛」です。IPL脱毛は毛根部分にあるメラニン色素に光による反応を与え、毛母細胞や毛乳頭に直接ダメージを与えて毛を生えにくくするという脱毛方法です。IPL脱毛では、SSC脱毛で使用するクリプトンライトよりも強力なキセノンランプを使用しています。脱毛方法が異なるだけでなく、効果や痛みにも違いがあります。

効果

IPL脱毛は毛根に強いダメージを与えることができるので、太く濃い毛には効果は高いですが、産毛などメラニン色素の薄い毛に対しては強いダメージを与えることができないため効果が薄くなってしまいます。
SSC脱毛の光はIPL脱毛のものよりも弱いので、太く濃い毛に関しての脱毛はIPL脱毛の方が優れていますが、SSC脱毛も繰り返し行うことで太くて濃い毛もしっかりと脱毛できます。ジェルと光の相乗効果で脱毛をするのでメラニン色素の薄い産毛への効果はIPL脱毛よりも優れています。
SSC脱毛もIPL脱毛と同様に、施術後2週間前後で毛が抜け落ちます。

痛み

IPL脱毛のキセノンランプは光も強く、直接毛根部分に大きな熱ダメージを与えるために痛みを感じやすいという特徴があります。
SSC脱毛のクリプトンライトは肌に優しいという特徴がある上、ジェルと光の相乗効果で脱毛をするため痛みを感じることはほとんどありませんが、ワキやVIOなど毛の濃い場所は静電気のような軽い痛みが走ることもあります。それでもIPL脱毛のゴムで弾くような痛みはないので、痛みに弱い人にはSSC脱毛がオススメです。

SSC脱毛はこんな人にオススメ

  • できるだけ痛みを抑えて脱毛をしたい人
  • 軽い敏感肌など肌の弱い人
  • 忙しいので脱毛する時間をできるだけ短くしたい人
  • 期間をかけても産毛まで脱毛したい人

SSC脱毛は肌へのダメージが少ないという特徴があるため、今まで脱毛を諦めていた軽い敏感肌など肌の弱い人でも脱毛をすることができます。痛みもほとんどないので、痛みに弱いという方にもオススメの脱毛方法です。
他の脱毛方法と比べても施術時間も短く、脱毛に長時間割くことができない忙しい人にもオススメです。
脱毛完了まで時間も掛かりますが、抑毛作用のあるジェルで産毛にも効果があるため、「時間をかけても良いから産毛までしっかり脱毛をしたい」という方にもオススメの脱毛方法です。

完了までの期間や回数はどれくらいか

IPL脱毛は毛周期の「成長期」に合わせ2~3ヵ月ごとに脱毛を行いますが、SSC脱毛の場合最短で2週間ごとの施術が可能です。これはSSC脱毛が肌への負担が少ないため期間をあけずに脱毛ができること、抑毛効果に毛周期は関係ないことが上げられます。
脱毛し始めは次々に成長期の毛が現れるので2週間おきに脱毛をしても効果が感じられますが、徐々に2~3ヶ月かそれ以上の間隔を開けての施術になっていきます。

SSC脱毛は回数を重ねることでその効果を実感することができます。個人差もありますが、ムダ毛が減ったと感じるのが6回程度、自己処理がほとんど不要になるのが12回程度、ツルツルを目指すなら18回程度が目安です。
脱毛が完了するまでは、IPL脱毛とほぼ同じで平均して約2~3年掛かります。

痛みが少なく肌の弱い人でも安心のSSC脱毛

SSC脱毛の最大の強みは「肌への優しさ」です。
SSC脱毛はジェルと光の相乗作用で脱毛をするので、弱い光でも効果を十分に発揮することができるため、敏感肌の方でも安心して施術を受けることができます。痛みも少ないので、痛みに弱いという方でも安心な脱毛です。その上抑毛ジェルには美肌効果もあり、脱毛の効果だけでなく黒ずみなどの肌トラブルも解消してくれます。
効果を感じるにはじっくり長期的に通う必要があるものの、肌への負担が少なくツルツル美肌を目指せますよ。

こんな記事もおすすめ