脱毛部位について

全身脱毛するならVIO脱毛も必須!男ウケするアンダーヘアのデザイン・形とは

VIO脱毛のデザイン・男ウケ

全身脱毛の人気とともに、VIO脱毛をする人も増加をしています。しかし、デリケートな部分の脱毛のため異性の反応が気になりますよね。「男ウケはするの?」「引かれたりしない?」など、どうしてもVIO脱毛に踏み切ることができないという女性も多いのでは。

ここでは「VIO脱毛はなぜ男ウケが良いのか」とともに、VIO脱毛のメリット・デメリット、また人気のVIOデザインなど、VIO脱毛の魅力について徹底解説します。

そもそも「VIO脱毛」って何?

VIOライン
「VIO脱毛」とはデリケートゾーンの脱毛の総称です。V・I・Oの3つのライン(部位)に分けることができます。

Vライン

太ももの付け根(ビキニライン)より上の三角形の部分を指します。範囲が広くなるので、サロンによってはVラインを上部・下部など細かく分割することも。

Iライン

女性器の両ワキ、下着に隠れる部分です。おりものや生理の経血が付着して雑菌が繁殖しやすい部位でもあります。

Oライン

肛門の周り。ヒップ奥と呼ばれることもあります。女性でも気付かないだけで毛が生えている人も多くいます。

VIO脱毛は全身脱毛ともセットになっていることが多く需要も高い脱毛ですが、デリケートな部位だけあって脱毛に踏み切れないという人も少なくありません。

VIO脱毛は実は男ウケが良い

VIO脱毛は実は男ウケが良い
VIO脱毛になかなか踏み切れないという原因の1つに「異性の目」があります。エッチをする時に「バッチリお手入れをしてあるVIOを見られたら、引かれてしまうのでは」と不安に感じるかもしれません。
しかし実際はVIOのお手入れを全くしていない方が、男性に引かれてしまう可能性は高いんです。

男性のVIO脱毛の賛否は半々

女性がVIO脱毛をする事に対し、男性の反応は賛否両論です。

賛成派の意見

・単純に見た目が綺麗
・毛がない方が清潔に感じる
・美意識が高い女性であると感じる
・エッチの時に邪魔にならない

反対派の意見

・遊んでいるように見えてしまう
・毛が無いと不自然で違和感がある
・エッチの時に子供っぽくて嫌

このように、賛成・反対の意見は半々です。中には「パートナーに任せる」「毛はあってもなくてもいい」など「どちらでもOK派」もいます。

誤解している!?「VIO脱毛=パイパン」ではない

VIO脱毛の賛否は半々ですが、実は反対派の中には「VIO脱毛=パイパン(ハイジニーナ)」と考えている人も少なくありません。

VIO脱毛は腕や足の脱毛とは異なり、目的は「無毛」ではありません。衛生面や好みでハイジニーナにする人も増えていますが、VIO脱毛をする人の多くは「Vラインの毛を整え、Iライン・Oラインを綺麗に脱毛して衛生的に保つ」ことを目的としており、必ずしもハイジニーナを選択しているわけではないのです。

VIO脱毛の反対派が意外にも多い理由の1つに、この「VIO脱毛=パイパン」という勘違いがあるのです。

そのままよりもお手入れしてあるほうが好感度は高い

ハイジニーナは男ウケが必ずしも良いとは限りませんが、「VIOを綺麗に整えている女性」と「VIOのお手入れを全くしていない女性」とでは、男ウケが良いのは明らかに前者です。

VIOのお手入れを全くしないことに、「自然である」事以外にメリットはほぼありません。

もし自分が男性だったらと想像してください。下着から毛がはみ出ている女性を見て魅力を感じるでしょうか?エッチの時にIラインやOラインにまでビッシリ毛が生えていたら、ガッカリしてしまいませんか?

VIOの毛を整えることは今や身だしなみの1つです。VIO脱毛をした方がむしろ男性ウケはとても良いんですよ。

VIO脱毛のメリット・デメリット

VIO脱毛のメリットは「男ウケが良い」だけではありません。他にもたくさんのメリットがあります。またメリットに合わせてデメリットも見てみましょう。

メリット
  • 衛生的
  • 蒸れない
  • 臭わない
  • 露出の高いオシャレを楽しめる
  • 自分に自信がつく

VIO脱毛の最大のメリットは「衛生的」であることです。VIOは普段から下着などの影響で蒸れやすく、排泄物や生理の経血が毛に付着しやすいため、雑菌が繁殖しやすい環境です。女性のデリケートゾーンの悩みとして多い「臭い」や「痒み」の原因にもなっています。

VIO脱毛をすれば蒸れやすい環境を改善する事ができるだけでなく、排泄物や経血の付着も防げるから雑菌の繁殖を抑えることができます。臭いや痒みなどデリケートゾーンの悩みを解決できるだけでなく、生理の時でも爽快に過ごすことができます。

VIO脱毛で毛を綺麗に整えれば、ショーツから毛がはみ出ることもありません。水着や露出度の高い下着でも安心して着用できるから、オシャレを思う存分楽しめます。またコンプレックスからも解消されるので、自分に自信が持てるようになります。

デメリット
  • 施術が恥ずかしい
  • 脱毛の痛みが強い
  • 温泉などで他の人の目が気になる

体の他の部位に比べVIO脱毛は施術時に少し恥ずかしいと感じる人が多いです。スタッフはプロで普段からVIOを見慣れているとはいえ、人前で全部見せることに抵抗を感じないという人は少ないでしょう。
またVIOは根深く濃い毛が生えているので、他の部位に比べても施術時に痛みが強いというデメリットもあります。

今は衛生的なメリットを考えてハイジニーナを選択する人も増えており、外国では絶大な人気を誇りますが、日本ではまだハイジニーナに対する偏見もあります。
そのため温泉などで裸になる時に他の人の目が気になるというデメリットもあります。

まずはVラインから!男ウケするVライン人気の形

VIOラインの脱毛を考える時、最初に決めなくてはならないのが「Vラインの形」です。Vラインの形には様々な種類があります。

  • 逆三角形(トライアングル)
  • 小さめ逆三角形(トライアングルミニ)
  • Iライン
  • Iライン(細長)
  • スクエア
  • ナチュラル
  • 卵型
  • ハート型
  • ハイジニーナ

VIOラインの脱毛は、Vラインのデザインが最も重要です。そこで男ウケのするVラインの形ベスト3をご紹介します。

第1位「ナチュラル」

男ウケ第1位はナチュラル型です。ナチュラル型は自然に近い形ですが、Vラインからははみ出さないようにしっかり整えられています。
手入れをバッチリしている感じがないのも、男性からの支持が高い理由です。ナチュラルなら後からデザインも自由に変えることができるので、デザインをなかなか決めることができない人、初心者の人にもおすすめです。

第2位「逆三角形(トライアングル)」

元々の形を生かすことのできる逆三角形(トライアングル)型は男性にも人気が高いです。ナチュラルよりもしっかり整えられている印象を与え、なおかつ自然に近い感じに仕上げることができます。
大きさも様々ですが、後から小さくする事ができることもできるため大きめに仕上げる人も多いです。

第3位「ハイジニーナ」

ナチュラルや逆三角形に次いで、男性に人気が高いのがハイジニーナです。見た目が綺麗であること、毛がない方が好みという男性も多く、「変にデザインをするよりもパイパンのほうが良い」という意見もあります。
海外に比べると浸透はしていないものの、女性にとっても最高の快適さを感じることができるハイジニーナは密かに人気が高まっています。

こうした人気とは逆に、「ハート型」などデザインに凝ったVラインは男性にはあまり好まれていないようです。

Vライン脱毛
Vライン脱毛のメリット!料金・痛み・やり方など知っておきたい全知識「下着や水着からムダ毛がはみ出していて、恥ずかしい思いをした」 そんな経験はありませんか? 脱毛部位の中でも特に人気の高いVライ...

IラインはVラインに合わせてデザインを選ぶ

Vラインのデザインが決まったところで、次はIラインです。Iラインのデザインにはどのようなものがあるか見てみましょう。

男ウケが良いのはツルツル状態

ハイジニーナは好き嫌いが分かれますが、「Iラインは全く毛が生えてなくてOK」という男性がほとんどです。ツルツルのIラインは男ウケが良いだけでなく、気になる臭いや生理時の不快感などから開放してくれるので積極的に行いたいところです。

ハイジニーナにする場合はIラインも気にせず無毛にしてOKですが、VラインのデザインによってはIラインだけツルツル状態にすると不自然に見えてしまうことがあります。

実際正面から見ると、Iラインは全く見えないわけではありません。Vラインの下にIラインは少し見えているので、ツルツルにしてしまうと前から見たときにその部分が丸見えになり不自然な印象を与えてしまいます。
さらに自然な感じに仕上げたいという人にとっては、割れ目がしっかり見えるツルツル状態には抵抗を感じるという人もいるでしょう。

IラインはVラインにつながるように細くするのがおすすめ

Iラインのデザインでおすすめしたいのが、「VラインからIラインにつなげて徐々に毛をなくしていく方法」です。

VラインからIラインに掛けて幅を狭く、さらに毛量を減らし、大体手前から3分の1程度で終わるようにすると自然な形に仕上がり、なおかつIラインもスッキリ脱毛をすることができます。前から見ても「Iラインのツルツルが見える」なんていう心配もありません。

「ツルツルに抵抗がある」「自然な感じに仕上げたい」という人にもおすすめです。

粘膜部分ギリギリまで脱毛するならクリニックがお勧め

Iラインの脱毛をする際、粘膜ギリギリまで脱毛をしたいのであればサロンよりもクリニックがお勧めです。

実際粘膜部分には毛は生えていませんが、ギリギリのラインまで毛は生えています。粘膜に近い部分は非常に皮膚がデリケートなため、医療資格を持つスタッフが常駐するクリニックでしか施術を行えません。

Iラインをスッキリ脱毛したいというのであれば、アリシアクリニックなど粘膜ギリギリまで照射をしてくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。

iライン脱毛
iライン脱毛で後悔しない!範囲や効果/粘膜部分どこまで脱毛できる?「Iライン脱毛をするメリットはあるの?」 「Iラインはどこまで脱毛すればいいの?」 「Iライン脱毛をして男性に引かれない?」 ...

Oラインはツルツルにして問題ナシ

女性でもoラインに毛が生えている人は意外に多いです。Oラインに毛が生えているメリットは何1つありません。
衛生的にも見た目的にも、ツルツルにしてしまってOKです。残しておく必要は一切ありません。

Oライン脱毛
Oライン脱毛は恥ずかしくない!メリットと効果・費用、おすすめサロンをご紹介最近、テレビや雑誌などでも目にする機会が多くなってきたVIO(デリケートゾーン)脱毛。サロンやクリニックでもVIO脱毛の人気がとても高く...

VIO脱毛の注意点

「元にはもどらない」ことを想定して脱毛しよう

VIO脱毛のデザインには様々な種類があるので、どのように脱毛しようか迷う人も多いでしょう。もし迷った時はナチュラルに仕上げるなど毛を残しておくことをおすすめします。

快適に過ごせるハイジニーナは魅力的ですが、一度脱毛をしてしまうともう二度と生えてこないかもしれません。特にレーザー脱毛となるとその可能性も高く、万が一この先「やっぱり元に戻したい」と思っても戻すことはできません。

「このデザインで後悔しない!」というのであれば何ら問題ありませんが、もし少しでも迷う気持ちがあるのなら後々デザインをしやすいように範囲を広めに整えておくのも1つの選択肢です。

VIO脱毛で男ウケするボディを手に入れよう

VIO脱毛には抵抗があるという人も多いですが、無造作で何のお手入れもされていない状態よりも、綺麗に整えられたアンダーヘアの方を好む男性の方が圧倒的に多いです。

VIO脱毛は男ウケするというだけでなく、衛生的で快適に過ごせ、なおかつオシャレも楽しめるなど女性にとって嬉しいことがたくさんですよ。

全身脱毛と合わせてVIO脱毛も行い、男ウケするボディを手に入れましょうね。

こんな記事もおすすめ