脱毛方法(方式)

脱毛機ベクタスの効果や痛みについて|アトピーや敏感肌でも全身脱毛が可能

脱毛機ベクタス

敏感肌やアトピーなど肌の弱い人にとって、パワーの強いレーザー脱毛は脅威に感じるかもしれません。

しかし脱毛機の技術も進み、肌の弱い人でも安全に使用できるレーザー脱毛機が続々と登場しています。その1つが「ベクタス」です。

ベクタスは一体どのような脱毛機なのでしょうか?ベクタスの特徴やメリット・デメリット、採用しているクリニックなど詳しくご紹介します。

ベクタスはどんな脱毛機?その特徴について

ダイオードレーザーを搭載

ベクタスはアメリカ「サイノシュアー社」によって脱毛だけを目的に設計・製造された最新のショット式ダイオードレーザーです。

脱毛を目的とするレーザーは主に「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ヤグレーザー」の3種類になりますが、ダイオードレーザーは波長が810nmと肌の皮下組織まで到達します。
波長755nmのアレキサンドライトレーザー、波長1,064nmのヤグレーザーと比べるとダイオードレーザーはちょうど中間の波長で、肌表面のメラニン色素の影響を受けにくいためメラニン色素の多い日本人の肌質に最も合ったレーザーといわれています。

ベクタスはダイオードレーザーを単体で搭載した脱毛機の中でも最新のもので、同じくダイオードレーザーの「ライトシェアデュエット」と似た性能を持っていますが、より安全性の高い脱毛機です。また、ショット式レーザーの中では施術スピードが最速です。

最高の安全性を誇る「スキンテル」

ベクタスの最大の特徴は、「スキンテル」と呼ばれるメラニンリーダーで肌のメラニン色素を計測し最適な脱毛が行えるところです。

通常レーザー脱毛を行う際、出力レベルの設定は施術者の目測で行うため、脱毛効果や安全性は施術者の経験と技量に左右されることが多くなります。
肌のメラニン色素は紫外線などの影響で常に一定ではないため施術のたびに細かいチェックが必要であり、最適な出力レベルを設定しなければ最悪火傷を起こすこともあります。

ベクタスはメラニンリーダー「スキンテル」で計測した肌のメラニンの量を元に、1人1人に合った最適の出力を設定することができるから、効果も安全性も高い脱毛が可能です。
自動メラニン測定装置として特許も取得しているスキンテルを使用した脱毛ができるのは、レーザー脱毛機の中でもベクタスだけ。他にはない高い安全性を誇る脱毛機です。

ベクタス4つのメリット

あらゆる肌質・毛質の人に対応できる

ダイオードレーザーは毛に含まれるメラニン色素の黒い色に反応をし、毛乳頭を破壊して毛を生えにくくします。そのため日焼けした肌にレーザーを照射すると、肌のメラニン色素に過剰に反応をしてしまい、火傷の危険性が高まります。基本的にレーザー脱毛は日焼け肌や色黒の肌などに施術を行うことはできません。

ベクタスはメラニンチェッカー「スキンテル」で肌のメラニン値を正確に知ることができます。照射可能な出力レベルを的確に知ることができるので、日焼けをした肌、色黒の肌にも安全に照射をすることが可能です。強い刺激に弱いアトピーや敏感肌の人でも安心して脱毛をすることができます。

またベクタスは高出力のショット式脱毛機です。他の脱毛機に比べても効果が高く、様々な毛質にも対応をすることができます。

冷却装置で痛みや火傷のリスクを軽減

ベクタスには独自の冷却装置が搭載されています。優れた冷却効果を持ち、長時間連続照射をしても表面温度が上がることはありません。そのため痛みや火傷のリスクを軽減することができます。

肌をしっかりと冷やしながら脱毛をすることができるので、ベクタスではジェルを使用することなく施術を行えます。ジェルのべたつき感や不快感がないというだけでなく、塗布や拭き取りの時間も必要ないから施術時間の短縮にも繋がります。

施術のスピードが速い

ベクタスには2つの照射ヘッドがあります。照射サイズはLargeサイズが23mm×38mm、Smallサイズが12mm×12mmになります。

Largeサイズは照射面積が大きいと言われているライトシェアデュエットよりもさらに大きく、レーザー脱毛機の中でも最も大きなサイズになり、背中や太ももなど面積が広い部分の脱毛も短時間で終えることができます。Smallサイズは凹凸が多い場所や細かい部分の脱毛に向いています。

2つのサイズの照射ヘッドを使い分けることで、従来よりもスピーディーに全身脱毛をすることができます。全身なら約2時間、ワキならたった2分というサロン並みの時間で脱毛をすることができます。

照射ムラ、照射漏れがない

今までのレーザー脱毛機は、照射ヘッドが大きいと出力を上げた際どうしてもヘッドの隅々まで熱が均等にいきわたらず、照射ムラをおこしがちでした。一方ベクタスは業界最大サイズなのにも関わらず、照射ヘッドの隅々まで熱量が均等に伝わるので照射ムラを起こしません。

また照射ヘッドは四角形なので、丸形のように照射漏れを防ぐために重ね打ちをする必要もなく、肌への負担が少ないというメリットもあります。

ベクタス2つのデメリット

痛みを感じる

ベクタスは「スキンテル」で肌の状態に合った最適な照射ができ、さらに冷却装置も付いていることから痛みを最小限に抑えられます。しかし個人差があるため、痛みを感じるという人も。毛量が多い人やVIOなど部位によって痛みが強いこともあります。

クリニックでは痛みが強い場合出力レベルを下げるだけでなく麻酔も用意しているので、痛みが強い場合は無理をせずクリニックに伝えましょう。

採用しているクリニックが少ない

ベクタスは業界最速の施術スピードを誇り、スキンテルで安全に脱毛ができる高性能のレーザー脱毛機ですが、使用導入されているクリニックはまだ少ないのが現状です。特に大手クリニックでは導入例が少なく、ベクタスで脱毛をしてみたいと思っても施術ができるところを見つけるのが難しいことも。

ベクタスが向いている人、向いていない人

向いている人

・アトピーや敏感肌の人
・日焼けや色黒の肌の人
・毛が多く濃い人
・全身脱毛に時間を掛けたくない人

ベクタスはメラニンチェッカー「スキンテル」によってメラニン量を正確に計測し、照射可能な出力範囲を知ることができるため、アトピーや敏感肌の人、日焼けや色黒の肌の人でも安心して脱毛をすることができます。
また高出力のショット式レーザーなのでパワーが強く、特に毛が多い人や濃い人ほど効果を実感しやすくおすすめです。

ベクタスの照射サイズはレーザー脱毛機の中でも最大です。それに加え他のレーザー脱毛機よりも照射スピードも早いので、全身脱毛に掛かる時間も短く、施術時間がネックで脱毛ができなかったという人にも向いています。

向いていない人

・美肌効果を感じたい人
・脱毛で痛みを感じたくない人

アレキサンドライトレーザーは元々シミやアザの治療に使用されていたこともあり、脱毛と同時に高い美肌効果があると言われています。
シミやアザの治療とはパルス幅(照射時間)が異なるので本格的な治療は難しいですが、副次的効果として美肌効果が期待できます。

これに対しダイオードレーザーには美肌効果はほとんどありません。脱毛をしながら美肌も手に入れたいという人は、ダイオードレーザーを搭載したベクタスではなくアレキサンドライトレーザーを搭載した脱毛機の使用をおすすめします。

ベクタスは独自の冷却装置が搭載されていること、そしてスキンテルで照射可能な出力範囲を正確に知ることができることなど、痛みを軽減できる機能が備わっていますが全く痛みがないというわけではありません。
人によって痛みを強く感じる場合や、VIOなど毛が濃く根深い部位、色素沈着を起こしている部位は痛みが強くなる可能性も。痛みを感じない脱毛をしたいという人にベクタスは向いていません。

ベクタスを使用しているクリニック

フェミークリニック

フェミークリニックは肌質や毛質に合わせたオーダーメードの医療脱毛ができると人気のクリニックです。
施術には「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「YAGレーザー」「G-MAX」「ベクタス」と5種類のレーザー脱毛機を1人1人の肌質や毛質に合わせて使い分けているため、高い脱毛効果を感じることができます。

フェミークリニックには全身脱毛全5回(顔・うなじ・VIOを除く)が290,000円ととてもお得な平日11時~18時限定のプランがあります。他にも自分で自由にカスタマイズできる全身脱毛メニューが豊富です。

ベクタスでより快適な脱毛を

ベクタスは数あるレーザー脱毛機の中でも施術スピードが最も早い脱毛機です。

照射可能範囲が的確に解るメラニンチェッカーやムラのない施術ができる業界最大サイズの照射ヘッドなど、他の脱毛機と比べても高性能の最新脱毛機です。
アトピーや敏感肌でクリニックの全身脱毛を諦めていたという人にもおすすめしたい脱毛機です。

採用されているクリニックはそれ程多くありませんが、肌に悩みがあり全身脱毛を諦めていたという方は一度チェックしてみてくださいね。

ABOUT ME
みらえぴ編集部
みらえぴ編集部
中の人です!小学生の時にムダ毛との戦いがスタートしてはや○○年(笑) 脱毛で失敗しすぎた私だからこそ、少しでも脱毛で悩んでいる人のお手伝いができると思います。 脱毛初心者でも分かりやすいサイトを目指して日々脱毛知識をアップデート中♪
こんな記事もおすすめ