脱毛方法(方式)

ジェントルYAGレーザーの効果!日焼けした肌でも全身脱毛ができる!

ジェントルYAGレーザー

現在、クリニックのレーザー脱毛機には様々な種類があり、それぞれ特徴も異なります。

中でも、日焼けや色黒、色素沈着のある肌でも脱毛ができると評判なのが「ジェントルYAG」です。濃く太い毛にも脱毛の効果が高いので、女性だけでなく男性の脱毛にも人気のあるレーザー脱毛機です。

ジェントルYAG(ヤグ)にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。特徴やオススメしたい人など、ジェントルYAGについて詳しくご紹介します。

ジェントルYAGはどんな脱毛機?その特徴について

ジェントルYAGはヤグレーザーを搭載した医療レーザーです。その特徴を見てみましょう。

そもそも「ヤグレーザー」って何?

一般的なクリニックの脱毛機には、「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ヤグレーザー」という3種類のレーザーが使用されています。
その中でも圧倒的な波長の長さを持つのがヤグレーザーです。それぞれの波長は以下のようになります。

脱毛機波長
アレキサンドライトレーザー約755nm
ダイオードレーザー約810nm
ヤグレーザー約1,064nm

上記の通りヤグレーザーは断トツに波長が長く、クリニックで使用されているレーザーの中でも最も長くなっています。波長が長いということは、肌の奥深くまでレーザーを照射できるということです。

元々レーザー脱毛は、毛根のメラニン色素に反応をしてダメージを与える脱毛方法です。
他のレーザーは波長が短いため、日焼けや色素沈着のある肌に照射をすると肌表面に生成されたメラニン色素に反応をし、火傷や炎症を起こす恐れがあります。しかしヤグレーザーは波長が長く、肌の表面や浅い部分にあるメラニン色素にはほとんど反応をしないので、日焼けした肌や色黒の肌、色素沈着のある肌でも脱毛をすることができます。

また深い部分まで照射が可能なので、毛根がしっかり根付いている濃く太い毛にも高い効果を表します。

ヤグレーザーを搭載する「ジェントルYAG」

ヤグレーザーを採用している脱毛機には、クールグライド、ジェネシス、ジェントルマックス、エリートプラスなど様々な種類がありますが、中でも照射と同時に炭酸ガスを出し、痛みと火傷を防ぐという特徴のある脱毛機が「ジェントルYAG」です。

ジェントルYAGは、米国シネロン・キャンデラ社製の医療レーザー器で、ヤグレーザーを搭載しています。日本でいうところの厚生労働省にあたる米国食品医薬品局(FDA)に認可されており、効果と安全性が立証されています。

医療レーザー器にはパルス幅というものがあります。パルス幅とはいわゆる照射時間です。
パルス幅が短いと、パワーの大きな照射をピンポイントで行えます。逆にパルス幅が長いと、パワーは弱まるものの広い範囲に照射を行えます。脱毛には基本的にパルス幅が長いロングパルスのものを使用します。ジェントルYAGのパルス幅は0.25~250msと可変なので、ターゲットに合わせた最適な照射を行えます。

ジェントルYAGは脱毛機としてはもちろんですが、美容皮膚科などでは様々な治療に使用されています。コラーゲンの生成を促し、肌のハリや引き締め効果も期待できる他、血中ヘモグロビンに反応し、毛細血管を縮小させる効果があるので、赤ら顔などの改善効果もあります。

ジェントルYAGの5つのメリット

濃く太い毛への効果がとても高い

ジェントルYAGは、波長が約1,064nmと医療レーザー脱毛機の中でも最も長いです。
肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」という3層からなっていますが、ジェントルYAGの波長は皮下組織の深部まで到達することができます。

元々、毛は部位によって毛根の深さが違います。顔や腕が1~2mm、脚は2~4mm、ワキやVIOは3.5~4mm程度と、濃く太い毛のほうが毛根は深くなります。他の脱毛機ではレーザーの光が届きにくい部位も、ジェントルYAGならしっかりとダメージを与えることができます。濃く太い毛への効果がとても高いので、毛根が4~5mmある男性のヒゲの脱毛にも多く使用されているんですよ。

日焼け肌や色素沈着にも使用できる

日焼けなどの刺激を受けると、紫外線から肌を守る為にメラニン色素が発生します。通常メラニン色素は肌の表皮部に存在しますが、その下の真皮部分にまで入り込むこともあります。色素沈着も日焼けと同じで、刺激を受けた肌がメラニン色素を生成することによって起こります。

ジェントルYAGは、表皮部・真皮部のさらに奥にある皮下組織まで波長が到達するので、日焼けや色素沈着で発生したメラニン色素に影響を与えることがありません。そのため、日焼け・色黒・色素沈着などのある肌でも施術をすることができるのです。

ガスによる冷却システムで、痛みや火傷のリスクが少ない

一般的にレーザー脱毛では、毛根部分に高熱によるダメージを与えるので、痛みが生じやすく、火傷のリスクも高くなります。ジェントルYAGは、レーザーを照射するのと同時に「-26度」の冷却ガスを噴射するDCD(ダイナミック・クーリング・ディバイス)システムが搭載されているので、火傷のリスクが軽減されます。また、肌を瞬間的に麻痺させるので痛み軽減する効果があります。

またジェントルYAGは照射をする際にジェルを使用する必要がないので、施術時間が短いというメリットもあります。

どのような部位の脱毛にも対応できる

ジェントルYAGのスポットサイズ(1回で照射できる範囲)は、1.5mm~18mmと幅があるので、顔のような細かい部分の脱毛から、背中などの広い場所まで様々な部位の脱毛に対応が可能です。

美肌効果が高い

ジェントルYAGは脱毛機としてだけでなく、美容皮膚科などのレーザー治療にも使用されています。肌の深部でコラーゲンの生成を促すので、肌のハリや引き締め効果、小じわの改善効果が期待できます。また、レーザーの光はメラニン色素だけでなく血中のヘモグロビンにも反応をするため、毛細血管を縮小させる効果があり、赤ら顔が改善されます。他にもニキビ痕の改善効果もあります。

このように、脱毛以外でもジェントルYAGは様々な用途に使用されています。ジェントルYAGなら、脱毛しながら美肌まで手に入るんですよ。

ジェントルYAGの3つのデメリット

痛みが強い

ジェントルYAGは波長が約1,064nmと長く、肌の深い部分まで到達するので痛みが強くなります。その痛みはレーザー脱毛機の中で最も強いとも言われています。
一般的にレーザー脱毛の痛みは、「輪ゴムを束にして弾いたような痛み」と例えられることがありますが、ジェントルYAGに関しては肌の表面ではなく内側に感じる痛みです。

クリニックによっては痛みの軽減のため麻酔クリームを使用することもありますが、ジェントルYAGの痛みは肌の深いところで起こるので、他の脱毛機を使用する時と比べると麻酔の効果はそれ程高くありません。

ジェントルYAGは毛が濃く太いVIOの脱毛に最適ですが、VIOは体の中でも最も痛みを感じやすい部位のため、痛みに耐えられないということも。もし辛いようなら我慢せず、別の脱毛機に変えることをオススメします。

施術時間がかかる

レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛に比べると照射範囲が狭いため、施術に時間が掛かります。ジェントルYAGの最大照射サイズは18mmで、面積は「254平方mm」になります。照射面積が広いダイオードレーザーのライトシェア・デュエットの照射サイズは22×35mmで、面積は「770平方mm」になります。二つを比べるとその差は歴然です。

面積が狭い部分の脱毛は得意ですが、背中など広い部位はどうしても時間が掛かります。そのためジェントルYAGを使用するクリニックでは、用途に合わせて複数の脱毛機を使い分けるところが多いです。

使用されているクリニックが少ない

現在多くのクリニックで使われている脱毛機は、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーを採用しているものが多く、ジェントルYAGを使用するクリニックは非常に少ないです。そのためクリニックの選択肢がとても少ないというデメリットが。
大手クリニックでは、リゼクリニックでジェントルYAGが使用されています。

ジェントルYAGが向いている人、向いていない人

向いている人
  • 日焼けや色黒、色素沈着で脱毛を断られた人
  • ワキやVIOなど濃く太い毛をしっかり脱毛したい人
  • 他の脱毛機で太い毛の脱毛効果が実感できなかった人
  • 眉毛など顔の細かい部分の脱毛をしたい人
  • 肌のハリやシミの改善など美肌効果も欲しい人

一般的なフラッシュ脱毛やレーザー脱毛では、日焼けした肌、色素沈着のある肌の場合施術自体ができないことがあります。ジェントルYAGは、肌の深部までレーザーが到達するので、毛根以外のメラニン色素に影響を与えません。肌の色や色素沈着でこれまでレーザー脱毛を諦めていたという方にもオススメです。

また脱毛効果が高いので、他のクリニックで残ってしまったしつこいムダ毛にも高い脱毛効果があります。

ジェントルYAGはコラーゲンの生成を促すためハリやシワ対策、またシミの除去にも効果が期待できます。脱毛だけでなく美肌効果も欲しいという人にもオススメです。

向いていない人
  • 痛みが苦手な人
  • 長い施術時間が堪えられないという人
  • 産毛や薄毛の脱毛をしたいという人

ジェントルYAGは、レーザー脱毛の中でも最も痛みが強いといわれています。元々痛みに強いという人でも、VIOなどは特に痛みを感じることも。痛みが苦手という人には向いていません。また照射範囲も狭い為、施術にどうしても時間がかかるので、長時間の施術がイヤという人にもあまりオススメできません。

ジェントルYAGは、肌の深い部分に毛根のある濃く太いムダ毛に特に効果が期待できます。
元々ジェントルYAGは、メラニン色素の黒い色に反応をして脱毛を行うので、産毛や薄毛など色素の薄い色には反応しにくく効果も薄くなります。また、ジェントルYAGは肌の深部の毛に対して効果が高いので、浅い部分にある産毛は苦手としています。産毛や薄毛の脱毛をするなら、別の脱毛機を使用することをオススメします。

ジェントルYAGを使用しているお勧めクリニック

リゼクリニック

リゼクリニック
リゼクリニックでは「ジェントルYAG」をはじめ「ライトシェア・デュエット」「メディオスターNeXT PRO」の3つの脱毛機を使用しています。肌の状態や皮膚の状態を医師が診察し、適切な脱毛機を選択しています。

リゼクリニックは解りやすい明瞭な料金体系で、月々定額で支払うことができる全身脱毛やセットのプランが人気です。レーザー脱毛で起こりうる肌トラブルも完全無料保証で、5回コースの有効期限も5年と長く、安心して通うことができるクリニックです。

他の脱毛機で効果を感じられなかった方にもオススメの「ジェントルYAG」

ジェントルYAGの特徴をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ジェントルYAGは濃く太い毛の方、日焼けや色素沈着のある肌の方でも安心して施術を受けることができます。また美肌効果も高いので、脱毛しながらツルツルの肌をゲットできます。
取扱いのあるクリニックは少ないですが、上記のようなお悩みがある方は、ジェントルYAGを採用しているクリニックを選ぶとより効果的に脱毛ができます。ムダ毛の悩みもスッキリ解消しますよ。

ABOUT ME
みらえぴ編集部
みらえぴ編集部
中の人です!小学生の時にムダ毛との戦いがスタートしてはや○○年(笑) 脱毛で失敗しすぎた私だからこそ、少しでも脱毛で悩んでいる人のお手伝いができると思います。 脱毛初心者でも分かりやすいサイトを目指して日々脱毛知識をアップデート中♪