全身脱毛の疑問

脱毛の間隔はどれくらいあければいい?部位別のベストなタイミングや注意点

脱毛の間隔

脱毛を始めている人、これから始めたい人は、誰もができるだけ早く脱毛の効果を感じたいと思いますよね。

しかし、早く脱毛を終えたいからといって、短い間隔で繰り返し脱毛を行うのはNG。脱毛は適切な間隔で行わないと、効果を十分に感じることができません。

今回は、脱毛の効果を最も感じる間隔や注意点、間隔を気にせず通えるサロン・クリニックなどご紹介します。

脱毛間隔は「毛周期」にあわせる必要アリ

脱毛は1回では終わらない

脱毛には、毛の成長サイクル「毛周期」が大きく関係してきます。

毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」からなり、一定のサイクルで新しい毛に生まれ変わっています。一般的に、サロンの光脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛がダメージを与えられるのは「成長期」にあたる毛のみです。

成長期の毛は全体の約20%以下なので、1回で脱毛が終わることはありません。退行期や休止期にある毛が成長期を迎える頃を狙い、繰り返し照射することで脱毛完了に近づいていくのです。

脱毛効果を感じるには間隔が重要!

脱毛は回数を重ねないと完了へは近づきませんが、早く脱毛を終えたいからといって短期間に何度も施術を行っても十分な効果を得られません。

お話ししたように、一般的な光脱毛や医療脱毛がダメージを与えることができるのは成長期の毛のみ。退行期や休止期にある毛には効果がありません。

退行期や休止期にある毛が成長期を迎えるには一定の期間が必要です。闇雲に回数を重ねればいいというわけではありません。

また、短いスパンでの脱毛は肌への負担も大きくなります。一定の間隔をあけ脱毛を行うことが効果も高く、肌への負担も少なくて済むのです。

通う間隔はどれくらいがベスト?部位別にチェック

毛周期は、毛1本1本だけでなく部位によっても違うので、ベストなタイミングは部位によって異なります。

顔は他の部位と比べ産毛の多い場所。産毛は濃い毛に比べると寿命も短いので、成長期が約1ヶ月、退行期+休止期も同じく約1ヶ月と短めです。1~2ヶ月間隔で脱毛を行うのが最も効果的です。

ワキ

ワキは体の中でも皮膚の下に隠れている部分が多い部位。成長期が3~5ヶ月、退行期+休止期も同じく3~5ヶ月です。施術は2~3ヶ月間隔が最も効果的です。

腕・足

腕や足の毛周期は、ワキと同じく成長期が3~5ヶ月、退行期+休止期が3~5ヶ月が平均的です。生えている毛の濃さでも周期は大きく変わりますが、2~3ヶ月間隔の照射がベストです。

VIO

濃く太いVIOの毛は寿命も長く、成長期が1~2年、退行期+休止期も1年~1年半と毛周期も長いのが特徴です。施術は3~5ヶ月間隔で行うのが効率的。施術が長期戦になることも。

以上のように、部位によって毛周期に差があります。

サロンやクリニックでは、一般的にはこの中間の値を取って「2~3ヶ月間隔」で通うことを推奨しています。
ただし、「顔脱毛のみ」「VIO脱毛のみ」のような通い方をする場合、各部位に合った間隔で通うほうがより高い効果が得られます。

サロンかクリニックかによっても通う間隔は違う

脱毛をする時は、体の部位ごとの毛周期にあわせて行うことが一般的ですが、脱毛サロンか医療脱毛クリニックかによっても照射の間隔は異なってきます。

脱毛サロンの場合

脱毛サロンの場合、1ヶ月~3ヶ月に1回の定期的な照射を行うのが一般的です。

照射パワーが強い医療脱毛は永続的な効果がありますが、エステ脱毛は減毛・抑毛効果しかないため、減毛状態を維持するためにも定期的な間隔で通わなければなりません。

脱毛完了までに必要な回数は平均12~18回。人によってはそれ以上かかることも少なくありません。

医療脱毛クリニックの場合

医療レーザー脱毛は照射パワーが強いので、脱毛完了まで平均5~6回程度。顔やVIOなどは8~10回程度照射が必要となることも。

回数を重ねるたびに毛の量が減り、生え揃うまでに時間がかかるようになるため、徐々に施術間隔も開いていくのが一般的です。

回数間隔
2・3回目2~3ヶ月
4回目3~4ヶ月
5回目4~5ヶ月
6回目5~6ヶ月

上記はあくまで目安で、実際は毛の量をみながら施術間隔を調整します。

サロンの場合、減毛状態を維持するために脱毛が完了するまでコンスタントに照射を行いますが、クリニックは脱毛効果が高いので、回数を重ねていくと2~3ヶ月間を空けただけでは毛が生え揃わなくなってしまいます。

照射を無駄にしないためにも、徐々に間隔をあけていく必要があるのです。

脱毛の間隔が空きすぎても大丈夫なの?

エステ脱毛も医療脱毛も、一定の間隔をあけないと脱毛効果を感じることができませんが、「予約が取れない」「体調を崩してしまった」などの理由で脱毛の間隔が空きすぎてしまったらどうなるのでしょうか?

間隔の空けすぎはデメリットが多い

脱毛の間隔が空いてしまうと、「今まで行った施術が無駄になるのでは?」と不安に感じますよね。

結論から言うと、医療レーザー脱毛は毛の元となる毛乳頭を破壊するので、一度受けた脱毛の効果が失われることはありません。

しかし、エステ脱毛は毛乳頭を破壊できないので、間隔が開きすぎると再び毛が生えてくる可能性があります。完全に元のように生えてくることはありませんが、エステ脱毛は脱毛完了までコンスタントに施術を行うことが望ましいです。

また、医療脱毛とエステ脱毛どちらにも言えますが、間隔が空きすぎて脱毛の機会を逃すと、今生えているムダ毛が抜け落ち、再び生えてくるまで待たなくてはならず脱毛完了が延びてしまいます。さらに、コースの有効期限内に終わらなくなる可能性も出てきます。

初回から2回目の間隔は特に空けすぎNG

施術間隔はできるだけ空けすぎず計画的に行うのが望ましいですが、特に初回から2回目の間隔の空けすぎには注意が必要です。

初回施術時は、肌や毛の状態を見ながら施術を行うため、レーザーの出力も弱めに設定していることがほとんど。2回目の施術時に最適な出力を決定するため、間隔が空きすぎてしまうと状態を把握できなくなってしまいます。

脱毛効果を上げるためにも、適切な照射パワーは重要です。2回目の施術は必ずサロンやクリニックの指定した間隔で行うようにしてくださいね。

ベストな間隔で脱毛するためのポイント

毛抜きやワックスを使った自己処理をしない

脱毛は1回で終わることはなく、間隔をあけて何度も施術を行うのでその間は自己処理が必要になります。

脱毛期間中の自己処理には、電気シェーバーを使うことをおすすめします。電気シェーバーは肌に刃が直接あたらないので、肌を傷付ける心配がありません。肌トラブルが起きると施術がストップしてしまうので、注意が必要です。

また、毛抜きやワックスを使用した自己処理は絶対NG!毛根から毛を抜いてしまうと毛周期が乱れるので、最適なタイミングで施術ができなくなってしまいます。

脱毛効果を高めるためにも、脱毛中の自己処理には特に注意しましょう。

予約の取りやすいサロン・クリニックを選ぶ

脱毛の効果を十分に感じるためには、適切な間隔で脱毛を進めていく必要があります。そのためにも、サロンやクリニックの予約の取りやすさは重要です。

予約の取りやすさは実際に通ってみなければ何とも言えないところもありますが、次のポイントを抑えているサロン・クリニックは比較的予約が取りやすいです。

  • ベッド数が多い
  • スタッフが多い
  • 施術時間が短い
  • 店舗移動ができる
  • 新規店舗である

初回の予約は比較的スムーズに取れることがほとんど。肝心なのは2回目以降の予約の取りやすさです。最大限の効果を感じるため、また最後までしっかり通うためにも、予約の取りやすいサロン・クリニックを選ぶようにしましょう。

間隔を気にせずに通いた人にはSHR方式がおすすめ!

従来の脱毛は、毛根に含まれるメラニン色素に反応する光を照射し、発生した熱で毛乳頭にダメージを与える脱毛方法です。そのため、毛乳頭が毛根としっかり結びついている成長期の毛にしか作用せず、サロンやクリニックの指定した間隔で通う必要があります。

これに対し、毛周期にとらわれずに施術を行えるのが「SHR方式(蓄熱式)」の脱毛方法です。

SHR方式の脱毛は、毛乳頭や毛母細胞に発毛の指令を送るバルジ領域にダメージを与える脱毛方法です。毛乳頭に直接ダメージを与えるわけではないので、成長期の毛でなくても脱毛が可能。施術間隔を気にせずに通える脱毛方法です。

ちなみにSHR方式の脱毛は、メラニン色素に反応をすることなく低温で施術が行えるので痛みが少なく、従来の脱毛機では施術が難しかった産毛にも効果を発揮します。

SHR方式の脱毛が行えるサロン

サロン
ストラッシュ
ラココ
脱毛ラボ
SASALA
ツルリラ

SHR方式の脱毛が行えるクリニック

リアラクリニック
フレイアクリニック
リゼクリニック
クレアクリニック
メアリクリニック
GLOWクリニック

脱毛間隔を気にせず通えるサロン・クリニック6選

ストラッシュ
おすすめポイント
  • 毛周期に関係なく通える「SHR脱毛」を採用
  • 独自の予約管理システムで2週間~1ヶ月で予約が取れる
  • 月額制、パックプラン、都度払いなど豊富なプランを用意
  • 施術時の痛みがほとんどない

ストラッシュでは、毛周期に関係なく施術が行えるSHR脱毛を採用。施術は、肌にわずかな温かみを感じる程度で、ほとんど痛みがありません。

独自の予約管理システムの導入で予約も取りやすく、2週間~1ヶ月間隔で施術が行えるから脱毛完了までもスピーディーです。

料金プランの一例脱毛の間隔
【月額制プラン】月額7,980円
【パックプラン】95,760円(6回)
2週間~1ヶ月
ラココ
おすすめポイント
  • SHR方式の次世代脱毛機「ルミクス」シリーズを導入
  • 全身の施術が最短20分とハイスピード
  • コラーゲン保湿ローションでうるすべ肌
  • 脱毛機メーカーがプロデュースしているので低価格

ラココは、脱毛機メーカーが完全プロデュースしているので安心・安全なサービスを低価格で提供しています。SHR方式のルミクス脱毛で、痛みも全くありません。

施術は1ヶ月間隔で行え、短期間で自己処理不要のツルスベ肌になれます。

料金プランの一例脱毛の間隔
【まるごと全身脱毛 5回】
79,800円(顔・VIO含む)
59,000円(顔・VIO除く)
1ヶ月
SASALA
おすすめポイント
  • IPL脱毛とSHR脱毛が同時にできるハイブリッド脱毛
  • 全身の照射が30分で完了
  • 連続冷却システムで痛くない
  • 美容成分がたっぷり配合された専用ジェルを使用

ササラでは、濃く太い毛に強いIPL脱毛と、産毛にも高い効果のあるSHR脱毛の両方が行えるハイブリッド脱毛機を使用。施術もスピーディーで、最短1ヶ月に1回通えます。

脱毛以外にも、セルフホワイトニングも行えます。

料金プランの一例脱毛の間隔
【月額制プラン】月額8,800円
【パックプラン】105,600円(6回)
1ヶ月
フレイアクリニック
おすすめポイント
  • SHR方式のメディオスターNeXT PROを使用
  • 次回の予約が確実に取れる「予約保証制度」
  • 最短60分で全身脱毛が可能
  • 脱毛完了まで最短8ヶ月

フレイアクリニックでは、最新のメディオスターNeXT PROを使用した脱毛を行っています。1回の施術が最短60分で、痛みもわずか。

「予約保証制度」で次回の予約が確実に取れるので、計画通りに脱毛を進めることができます。

料金プランの一例脱毛の間隔
全身脱毛(顔・VIO除く)5回
158,000円(月々5,400円)
1ヶ月半~2ヶ月
リアラクリニック
おすすめポイント
  • メディオスターNeXT PROを使用したSHR方式の脱毛
  • 金髪や産毛、日焼け肌にも対応
  • 最短5ヶ月で脱毛が完了
  • プランが豊富で自分に合った脱毛ができる

リアラクリニックでは、SHR方式のメディオスターNeXT PROによる脱毛を行っており、痛みが少なく、金髪や産毛、日焼け肌にも効果を発揮します。

リーズナブルな料金の脱毛プランが豊富で、コース以外の追加費用も掛からないから安心です。

料金プランの一例脱毛の間隔
まるっと全身脱毛5回
185,000円(月々4,900円)
1ヶ月
GLOWクリニック
おすすめポイント
  • 蓄熱式脱毛機デピライトを使用
  • 1度に2回分の予約が取れる
  • シェービング代、麻酔代、当日キャンセル無料(全身脱毛コースのみ)
  • 残回数分の返金が可能
  • 完了後も1年間は無償で処理(8回コース限定)

GLOWクリニックでは、SHR方式のデピライトを使用。全身コースなら無料で麻酔も使用できるので、痛みに弱い人でも安心です。

1度に2回分の予約が取れるので、脱毛完了までもスムーズ。リーズナブルな脱毛料金と充実したサービスが魅力のおすすめクリニックです。

料金プランの一例脱毛の間隔
全身脱毛(顔・VIO除く)5回
185,000円
1ヶ月半~2ヶ月

脱毛効果を感じるためには最適な間隔で通うことが重要!

脱毛は回数をこなせば良いわけではありません。

サロンやクリニックの中には数週間の間隔で通えるところもありますが、最適なタイミングで行うことが重要です。スタッフとしっかり相談をして、適切な間隔で脱毛を行いましょう。

できるだけ早く脱毛を終えたい人は、間隔を気にせずに通えるサロン・クリニックもあるのでチェックしてみてください。

お金と時間を無駄にしないように、賢く脱毛をしましょうね!

こんな記事もおすすめ