全身脱毛の疑問

脱毛したのになぜ毛が抜けないの?効果がないと感じる原因と対処法

脱毛したのになぜ毛が抜けないの?
脱毛したのに毛が抜けない
毛の量がなかなか減らない

サロンやクリニックで脱毛をしたのに毛が抜けないと、脱毛の効果がなかったのではと不安になりますよね。
実はこのような悩みは脱毛中によくあることです。毛が抜けない原因は一体どこにあるのでしょうか?

医療脱毛クリニック5選へ

今回は、脱毛後に毛が抜けない原因と対策方法など詳しく紹介します。脱毛後、効果に不安を感じている人必見です。

脱毛後に毛が抜け落ちるタイミングは2回ある

脱毛後に毛が抜け落ちるタイミングは2回ある
脱毛サロンのフラッシュ脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛を受けた後、毛が抜けるタイミングは2回あります。

施術直後の「ポップアップ現象」

脱毛後まず1回目に毛が抜け落ちるのは、脱毛直後に起こる「ポップアップ現象」と呼ばれるものです。

フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の光は、毛根に含まれるメラニン色素に反応をして熱エネルギーを発生させ、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えて脱毛を行います。
この時発生する熱によって毛に含まれるタンパク質が変性し、毛根が焼け縮れることによって毛穴から毛が飛び出すように抜け落ちます。これをポップアップ現象と呼びます。

濃く太い毛ほど発生する熱エネルギーが大きくなるので、ポップアップ現象も起こりやすく、特にワキやVIOなど毛が濃く太い部位に多く見られます。

ポップアップ現象は脱毛をしたら必ず起こるものではありません。起こらないからといって毛根にダメージを与えられなかったわけではないので、心配しないでくださいね。

2回目に抜けるのは1~3週間後

ポップアップ現象で抜けたムダ毛以外は、しばらくそのままの状態で変化が見られません。しかしダメージを受けた毛根は抜け落ちる準備をしており、1週間を超えたあたりから変化が見られるようになります。

脱毛後、毛が抜け落ちるまでは次のような流れで進みます。

STEP1光が毛母細胞や毛乳頭を破壊する
STEP2毛の成長がストップする
STEP3毛が毛乳頭から完全に離れて抜け落ちる

脱毛機の性能や肌質・毛質などにもよりますが、およそ1~3週間でムダ毛はポロポロ抜け落ちます。
抜けないからといって焦らず、3週間は様子を見るようにしましょう。

全ての毛が一度で抜けるわけではない!脱毛のメカニズムを知ろう

全ての毛が一度で抜けるわけではない
1回の脱毛で抜けるのは毛全体の約20%

脱毛は1回で終わることはありません。これには毛の成長サイクル「毛周期」が大きく関係しています。

毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」からなり、これを繰り返して新しい毛に生え変わっていきますが、一般的なフラッシュ脱毛やレーザー脱毛でダメージを与えることができるのは「成長期」の毛のみとなります。

先ほど説明したように、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素に反応をする光を照射し、発生した熱エネルギーで毛乳頭にダメージを与えます。ムダ毛を生えにくくするほどのダメージを毛乳頭に与えることができるのは、毛根が毛乳頭としっかり結びついている成長期の毛だけ。退行期や休止期はすでに毛根が毛乳頭から離れているため、十分なダメージを与えることができません。

毛は1本1本毛周期が異なり、全体のうち成長期の毛は約20%にしかすぎません。そのため1回で脱毛が終わることはなく、脱毛時に退行期や休止期にあった毛が再び成長期を迎える頃を狙って照射を繰り返し、脱毛完了に近づいていきます。

「脱毛したのにまた毛が生えてきた」と感じるのは、ダメージを受けた毛穴から再び毛が生えてきたのではなく、脱毛時に退行期や休止期にあった毛穴から新たに毛が伸びてきた可能性の方が大きいです。

脱毛機・毛質によっても効果は異なる

脱毛サロンのフラッシュ脱毛とクリニックの医療レーザー脱毛では脱毛機の照射パワーが異なるため、効果にも大幅に差が生じます。脱毛サロンとクリニックで掛かる回数期間の目安は以下のようになります。

状態減毛率サロンクリニック
自己処理の回数が減る40%6回
(1年)
3回
(半年)
自己処理がほとんど必要のない状態に80%12回
(2年)
5~6回
(1年)
自己処理が不要になりツルツルに95%18回
(3年)
8回
(1年半)

上記のように、目に見えて脱毛の効果が出てくるのはサロンで約6回、クリニックでは約3回になります。つまり最低この回数分施術を行わないと、脱毛の効果があるかないかを判定する事は難しいのです。

また、脱毛は部位によっても効果に差が出ます。自己処理がほとんど必要のない状態(減毛率80%)になるまでに必要な回数をサロンとクリニックで部位別に比較してみました。

部位サロンクリニック
12~14回8~10回
ワキ10~14回5~7回
背中10~12回5~7回
8~12回4~6回
8~12回4~6回
太もも10~12回5~7回
VIO12~14回8~10回

上の表からも分かるように、効果が出るまでに最も時間が掛かるのが「顔」と「VIOライン」です。

顔は濃い毛はほとんど無く、ほぼ産毛のみになります。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛はメラニン色素に反応をして脱毛を行いますが、産毛に含まれるメラニン色素の量は少ないので反応が鈍く、脱毛効果が出るまで時間が掛かります。

また、VIOはメラニン色素も多く含まれているため脱毛機の反応は良いものの、デリケートな部位であること、また色素沈着を起こしている可能性が高いこともあり、通常よりも照射レベルを下げるケースが多く、効果が出るまでに時間が掛かります。

全身脱毛の効果がでるのは何回
全身脱毛の効果は何回で感じることができる?脱毛完了までにかかる回数と期間を調査以前に比べ料金がリーズナブルになったこともあり、全身脱毛にチャレンジする人も増えてきました。そこで気になるのが効果を感じるまでの期間です...

3週間以上経っても抜けない5つの原因

3週間以上経っても抜けない5つの原因
脱毛後、1~3週間でダメージを受けた毛はポロポロ抜け落ちますが、3週間を過ぎても毛が抜けない場合には次のような理由が考えられます。

照射漏れ(打ち漏れ)の可能性

特徴

・不自然に毛が残っている(一直線・一部分だけ残るなど)

全体的にツルツルなのに、一直線に、または一部分だけ不自然に毛が残っている場合、照射漏れ(打ち漏れ)が考えられます。

脱毛部位は骨や凹凸があるため、全てが平坦な面というわけではありません。均等に照射をしているつもりでも脱毛機が浮いてしまい、光が十分に当たらない可能性も。また、単発での重ね打ちが必要な円形のヘッドは、四角いヘッドに比べると照射も難しくなります。

照射漏れは施術者の技量にも左右されます。「これって照射漏れ?」と思ったらすぐにサロン・クリニックに確認するようにしましょう。

照射レベルが低すぎた

特徴

・毛が全体的に残っている
・ある一定の部位のみ毛が残っている

脱毛はその人の毛質や肌のコンディション、脱毛する部位によって施術者が照射レベルを調節して行います。毛が全体的に残っている場合、またある一定の部位だけ毛が残っている場合、照射レベルが低すぎたことが原因となっているかもしれません。

脱毛1回目はあえて出力を下げて照射する事がほとんどです。通常は2回目、3回目と徐々に出力を上げていきますが、3回目以降になっても全体的に毛が残るようであれば照射レベルが低すぎないか一度チェックしてもらうと良いでしょう。

剃り残しや傷などがあり照射を避けられた

特徴

・部分的に毛が残っている

脱毛サロンやクリニックで施術を行う際、事前に必ずシェービングをしなくてはなりません。剃り残しがあった場合の対応はサロンやクリニックによって異なりますが、中にはその部位を避けて施術を行うことがあります。

脱毛機の光はメラニン色素の黒い色に反応するため、酷い色素沈着やホクロ、シミなどの部分には施術が行えないことも。また、傷は症状が悪化する恐れがあるため、避けて施術を行います。

お肌が乾燥して脱毛効果が薄くなった

特徴

・毛が全体的に残っている
・部分的に毛が残っている

同じ脱毛でも、乾燥した肌と潤いのある肌では脱毛効果が全く異なります。

水分をたっぷり含んだ潤いのある肌は、施術時の光の伝導率が高くなるため、脱毛の効果も高くなります。

また乾燥した肌は伝導率が悪いだけでなく、肌のバリア機能も低下しているため、脱毛で火傷などの肌トラブルが起きないように照射レベルを下げて施術を行うことも。酷い時は施術自体を断られてしまうので、脱毛期間中は保湿を怠らないようにしましょう。

脱毛後に冷やしすぎた

特徴

・部分的に毛が残っている

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では、特殊な波長を持つ光を照射してメラニン色素に反応させ、発生した熱エネルギーによって毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えます。
フラッシュ脱毛では約60~80度、医療レーザー脱毛では200度以上にまで達するため、施術後の肌は軽い火傷を負った状態になっています。

火傷というとまず思い浮かべる対処法は「冷やすこと」ですよね。冷やせば冷やすほど肌の回復も早そうに思えますが、実は冷やしすぎは逆効果でせっかくの脱毛効果を落すことになりかねません。

脱毛はあえて高熱で毛乳頭や毛母細胞に熱変性を起こしているため、冷やしすぎることは絶対にNGです。肌が火照ってクールダウンをしたい時は、保冷剤よりも水で濡らしたタオルで患部を優しく抑えるのがおすすめです。

毛がなかなか抜けない時の5つの対処法

「脱毛の効果が感じられない」と諦める前に、まず次の事を試してみてください。

照射漏れは再照射をお願いする

他はツルツルなのに一部分だけ不自然にムダ毛が残っていた場合、サロンやクリニックに連絡をして照射漏れかどうか確認をしてもらう必要があります。その際には次の3点を守るようにしましょう。

  • 施術後2~3週間を目処にサロン・クリニックへ連絡をする
  • サロン・クリニックに行くまで自己処理はしない
  • 念のために証拠写真を撮っておく

時間が経つと打ち漏れかどうかの判断がしづらいだけでなく、再照射をしてくれる可能性も低くなります。サロン・クリニックによって打ち漏れ再照射の期限を設けているところも多いので、事前に確認をしておくと安心です。

照射レベルを上げてもらう

先ほど説明したように、毛が抜けない原因の1つに照射レベルが低すぎることが考えられます。

サロンやクリニックでは、施術者が肌の状態をチェックしながら出力レベルの設定をしますが、肌のコンディションによっては肌トラブルが起きないようにレベルを下げて照射します。出力レベルが低いと肌には負担が少ないものの、脱毛の効果は低くなってしまいます。

もし毛がなかなか抜けず、なおかつ肌トラブルも起きていないようであれば、出力を上げてもらえないかスタッフに聞いてみるとよいでしょう。

間違った自己処理などで毛周期を乱さない

脱毛には毛周期が大きく関係しています。サロンやクリニックでは2~3ヶ月ごとに施術を行うところがほとんどですが、これは毛周期の成長期にあわせて施術を行うためです。

毛周期はちょっとしたことでも乱れてしまいます。日々のストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れなど様々なことが要因になりますが、中でも注意をしたいのが毛抜きで抜くなどの間違った自己処理です。

脱毛完了までは数年単位の時間が掛かるため、脱毛中も自己処理が必要になりますが、毛抜きなど毛根から毛を抜いてしまうと毛周期が乱れて脱毛の効果も出なくなってしまいます。高いお金を払ったのに、これではもったいないですよね。

少しだけ毛が残っていると抜きたくなるかもしれませんが、そこは我慢!脱毛期間中の自己処理は、肌に負担の少ない電気シェーバーで行うようにしましょうね。

肌の保湿を念入りに行う

脱毛の効果をより高くするためには、肌の保湿がとても需要です。

水分量が多く潤いのある肌は、乾燥している肌に比べ施術の光が内部に伝わりやすく、脱毛の効果が高くなります。

また、乾燥をすると肌のバリア機能も低下するため、照射した光のダメージをもろに受けて火傷や炎症などの肌トラブルを起こす可能性が高くなります。
サロンやクリニックでは、肌が乾燥をしている時は出力レベルを下げて照射をするため、脱毛の効果も感じにくくなってしまいます。

脱毛の効果をしっかり感じるためにも、脱毛期間中は毎日の保湿ケアを欠かさず行うようにしましょう。

日焼け対策を怠らない

フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の光は、メラニン色素などの黒い色に反応をする特徴があります。日焼けをして肌にメラニン色素が増えると、施術時の光が分散し、毛根に与えるべきパワーも分散されて脱毛効果が下がってしまいます。

それだけでなく、メラニン色素の増えた肌に施術を行うと、過剰に反応をして火傷や炎症などトラブルを起こす可能性が高いため、出力を下げて施術を行うことも多いです。

紫外線は夏場だけでなく一年中降り注いでいます。脱毛の効果をしっかりと感じるためにも、日焼け対策を怠らないようにしましょう。

それでも抜けないときは乗り換えの検討も

サロン・クリニックによって使用する脱毛機の性能は違う

脱毛の効果は使用する脱毛機にも大きく作用されます。

サロンやクリニックで使用されている脱毛機にはそれぞれ特徴があり、得意とするところも違います。そこでサロン・クリニックでそれぞれ使用されている主な脱毛方法をみてみましょう。

フラッシュ脱毛
脱毛方法特徴毛周期濃い毛への効果産毛への効果
IPL脱毛メラニン色素に反応する光を照射し、発生する熱エネルギーで毛乳頭や毛母細胞にダメージを与える。成長期はなまる場合によっては可
SSC脱毛施術に抑毛成分を配合したジェルを使用し、ジェルと光の相乗効果でダメージを与える。成長期可可
SHR脱毛弱い光を連続して照射して毛包に熱を蓄え、発毛因子を作るバルジ領域にダメージを与える。関係なし可はなまる
ハイパースキン法毛根ではなく、バルジ領域から作り出される発毛因子(毛の種)にダメージを与える。休止期可はなまる

脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛の代表的なものには、上記の4つの脱毛方法があります。効果を感じるのが早い順に、IPL脱毛>SSC脱毛>SHR脱毛>ハイパースキン法となります。

脱毛方法はそれぞれ得意とするところが異なり、濃く太い毛はIPL脱毛、産毛はSHR脱毛やハイパースキン法がおすすめです。

乗り換えおすすめは→ストラッシュ

医療レーザー脱毛
レーザーの種類特徴毛周期濃い毛への効果産毛への効果
アレキサンドライトレーザー波長755nmで、真皮層に到達する。高い美肌効果もあり。成長期はなまる場合によっては可
ダイオードレーザー波長810~940nmで皮下組織に到達。痛みが少ない。SHR方式の脱毛機(メディオスターなど)もあり。成長期可はなまる
ヤグレーザー波長1,064nmで皮下組織の深部まで到達。肌の色に左右されない脱毛が可能。成長期はなまる可

エステ脱毛よりも早く効果を感じることができる医療レーザー脱毛も、大きく3つの種類に分けることができます。

濃く太い毛はアレキサンドライトレーザー、産毛はダイオードレーザー、肌の色に関係なく脱毛できるヤグレーザーとそれぞれ特徴が異なります。

痛くない医療レーザーのおすすめは→レジーナ

ニードル脱毛
脱毛方法特徴毛周期濃い毛への効果産毛への効果
ニードル脱毛毛穴1本1本に針を刺し、電流を流して脱毛する。痛みはかなり強いが永久脱毛ができる唯一の方法。成長期はなまるはなまる

フラッシュ脱毛・医療レーザー脱毛よりも確実に脱毛ができるのがニードル脱毛です。どんな毛でも高い脱毛効果を感じることができますが、痛みがかなり強いのが特徴です。

エステ脱毛は6回、医療レーザー脱毛は3回を目安に効果を見極める

先ほど説明したように、脱毛の効果は1回だけで判断できません。脱毛の効果を見極めるためには、エステ脱毛なら6回、医療レーザー脱毛なら3回の施術が必要になります。

もし回数をこなしても効果があまり見られないようであれば、乗り換えを考えるのも1つの方法です。

医療レーザー脱毛の場合、クリニックで複数の脱毛機を使用しているところも多いので、他の脱毛機に変えて貰うのも良いでしょう。脱毛サロンの場合、回数をこなしても効果を感じられないのであれば、クリニックへの乗り換えも視野に入れることをおすすめします。

脱毛サロンやクリニックとは長い付き合いになります。ストレスを抱えて通い続けるよりも、思い切って乗り換えたほうがスッキリすることもありますよ。

乗り換えはキャンペーンの利用がおすすめ

脱毛サロンやクリニックでは、他からの乗り換えで割引などのサービスを受けることができる「乗り換え割」のキャンペーンを行うところも多くあります。キャンペーンを利用すれば、乗り換えても損をすることなく脱毛ができるのでおすすめです。

乗り換え割キャンペーンの例

サロン/クリニック名乗り換え割内容
ストラッシュ「全身脱毛1回無料」または「全プラン10~30%OFF」(最大約110,000円)
銀座カラー20,000~60,000円OFF
美肌潤美8回以上の同時申し込みで割引率アップ
キレイモ「選べる豪華商品」または「最大50,000円OFF」
アリシアクリニック「2ヶ月無料」との併用で最大54,150円の割引
椿クリニックプラン全て10%OFF

なかなか効果が出なくても焦らないで!

脱毛後になかなか毛が抜けなくても、効果がないとすぐに決め付けないでください。

施術を受けた後すぐに抜ける毛は少なく、ほとんどは1~3週間で抜け落ちていきます。また、脱毛の効果は1回では分からないので、2回、3回と回数を重ねてから判断するようにしてください。

脱毛の効果は1人1人違いますが、まずは「なぜ抜けないのか?」原因を探し、対策を取るようにしましょう。それでも効果が感じられない時は、乗り換えも検討してみてください。

サロンやクリニックでは、お試しやトライアルを受けることができるところも多いので、不安な人は一度脱毛を体験してから脱毛をスタートさせる事をおすすめします。

ABOUT ME
みらえぴ編集部
みらえぴ編集部
中の人です!小学生の時にムダ毛との戦いがスタートしてはや○○年(笑) 脱毛で失敗しすぎた私だからこそ、少しでも脱毛で悩んでいる人のお手伝いができると思います。 脱毛初心者でも分かりやすいサイトを目指して日々脱毛知識をアップデート中♪