全身脱毛の疑問

全身脱毛の効果は何回で感じることができる?脱毛完了までにかかる回数と期間を調査

全身脱毛の効果がでるのは何回

以前に比べ料金がリーズナブルになったこともあり、全身脱毛にチャレンジする人も増えてきました。そこで気になるのが効果を感じるまでの期間です。ツルツル肌になるまでには一体どれ位サロンに通えば良いか気になりますよね。

既にご存知の方も多いと思いますが、1回全身脱毛をしただけではツルツル肌にはなれません。脱毛が完全に終わるまで、何回も全身脱毛をする必要があります。

ここでは全身脱毛完了までに掛かる回数や期間、できるだけ施術回数を少なく脱毛を完了させるコツ、効果が出ないときの対処法など詳しくご紹介します。

全身脱毛の効果は何回で感じることができる?

1回の施術で脱毛できるのは全体の20%以下

私たちの体に生えている毛は「成長期」「退行期」「休止期」からなる成長サイクル「毛周期」を繰り返し、新しい毛に生え変わっています。一般的なフラッシュ脱毛やレーザー脱毛がダメージを与えることができるのは「成長期」の毛に対してのみです。

毛はそれぞれ毛周期が異なり、成長期を迎えている毛は全体のうちの約20%にしか過ぎません。そのため脱毛をしても効果を与えることができる毛は全体の20%以下となり、脱毛時に退行期や休止期にあった毛が再び成長期を迎える頃を見計らって繰り返し施術を行う必要があります。

毛周期は毛によってバラバラですが、よりたくさんの成長期の毛に効率よく照射をするために、多くのサロンやクリニックでは2~3ヶ月おきに施術を行うのが一般的です。

サロンとクリニックでも効果に違いがある

脱毛の効果は一体何回目から感じることができるかというと、サロンとクリニックで大きく異なります。その差は脱毛効果の違いから生まれます。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛とクリニックのレーザー脱毛は脱毛の仕組みは同じで、黒い色に反応をする特殊な光をムダ毛に照射し、毛根のメラニン色素に反応をさせて毛乳頭に熱ダメージを与えて毛を生えにくくします。脱毛のメカニズムは同じものの、両者には「波長」に大きな違いがあります。

レーザー脱毛は単一の光をターゲットに集中して照射をするのに対し、フラッシュ脱毛は複数の波長を持つ光を照射するので力が分散し広域に広がります。そのためレーザー脱毛のほうが照射力は強力となり、専門医のいるクリニックでしか使用が認められていません。

何回目の脱毛で効果を感じられるか?

実際にサロンとクリニックで全身脱毛を行う場合、脱毛効果を感じる回数にどれ位の違いがあるか見てみましょう。

状態 減毛率 サロン クリニック
自己処理の回数が減る 40% 6回
(1年)
3回
(半年)
自己処理がほとんど必要のない状態に 80% 12回
(2年)
5~6回
(1年)
自己処理が不要になりツルツルに 95% 18回
(3年)
8回
(1年半)

表からも解るように、脱毛サロンの場合クリニックのおよそ2倍の回数や期間が必要になります。単純に考えるとクリニックの方が脱毛に優れているように思いますが、両者にはメリットとデメリットがあります。

脱毛サロンは脱毛完了まで時間が掛かりますが、料金が安く、痛みも少ないというメリットがあります。一方クリニックは料金が高く、痛みは強くなるものの、脱毛の効果が高く脱毛完了までも早いというメリットがあります。どちらの脱毛がベストかどうかは、どのような脱毛を望むかによっても異なります。

また効果の感じ方にも個人差があるので、ツルツルの状態にしたいのであればある程度回数は必要になりますが、自己処理が楽になれば良いという場合は回数も少なくて済みます。何を理想にするかによっても回数は大きく異なってきます。

全身脱毛に掛かる期間はどれくらい?

全身脱毛の効果を感じるまでには何回も施術が必要となりますが、全身1周を脱毛する場合でもサロンによって掛かる施術回数も期間も異なります。そこで人気サロンの脱毛に掛かる期間をまとめました。

サロン名 プラン 最短来店ペース 1回の来店で可能な施術範囲 全身6回完了までに掛かる最短期間
キレイモ 全て 2ヶ月に1回 1/1 1年
銀座カラー 全て 1ヶ月に1回 1/1 半年(※1)
シースリー 無制限・回数制
(全身まるごと)
3ヶ月に1回 1/1 1年半
無制限・回数制
(4パーツ分け)
3ヶ月に4回 1/4 1年半
脱毛ラボ 月額制
(のんびり)
1ヶ月に1回 1/12 6年
月額制
(普通)
1ヶ月に1回 1/2 1年
回数制
(スピードコース)
2週間に1回 1/1 3ヶ月
回数制
(ゆったりコース)
2ヶ月に1回 1/1 1年
恋肌 月額制 1ヶ月に1回 1/12 6年
回数制 2週間に1回 1/1 3ヶ月
ストラッシュ 月額制 1ヶ月に2回 1/4 1年
回数制・無制限 2週間に1回 1/1 3ヶ月

(※1)年間最大6回or 8回まで来店が可能

来店ペースにも1回の来店で可能な施術範囲にもサロンによって差があり、同じ全身6回の脱毛をするのでもかかる期間は3ヶ月~6年という大きな開きがあります。
脱毛完了まで18回脱毛をするとなると、その差はさらに広がります。ツルツルになるまで何十年も掛かるなんて、通う自信もなくなりますよね。

脱毛サロンを選ぶ時は何回脱毛をするかという回数だけでなく、その回数が終了するまでにどれ位の期間が掛かるのか必ず確認をしなくてはなりません。
特に月額制のプランは料金が安い分全身を複数に分割して施術を行うことも多く、脱毛完了まで長い年月が掛かることがあるので注意しましょう。

ちなみにクリニックの場合、2~3ヶ月ごとの毛周期に合わせて施術を行うのが基本なので「最短2週間」というクリニックはほとんどありません。
またレーザー脱毛はフラッシュ脱毛に比べて照射範囲が狭い分施術に時間が掛かるので、全身を分割して日を分けて施術を行うことも多いですが、最近はレーザー脱毛機も進化をして施術時間もグッと短くなったため、1回で全身の脱毛を行うパターンも多くなっています。

脱毛効果が感じられないのはココに原因がある

「脱毛をしているのになかなか効果が表れない」
効果を実感できない原因はどのようなことがあるのでしょうか。

脱毛の回数が足りていない

フラッシュ脱毛は照射をした後2週間ほどでポロポロと毛が抜け一時的にツルツルの状態になります。しかししばらくするとまた生えてくるので「効果が出ていない」と感じるかもしれません。

フラッシュ脱毛の効果は1回や2回ではほとんど感じることができません。「大分毛が減ってきたな」と感じるのは6回前後。理想の状態に近づけるために10回以上脱毛をする人が大多数なんです。

効果を感じることができる回数として6回・12回・18回と上げましたが、これはあくまで目安です。脱毛には個人差があるのでこの回数以上必要なこともあると理解しましょう。

部位によって効果の出方は異なる

脱毛効果が出る回数に個人差があるように、部位によっても効果が出やすい場所と出にくい場所があります。そこで部位ごとに脱毛の効果を感じるまでに何回かかるか見てみましょう。

自己処理がほとんど必要のない状態(減毛率80%)になるまでに必要な回数

部位 サロン クリニック
12~14回 8~10回
ワキ 10~14回 5~7回
背中 10~12回 5~7回
8~12回 4~6回
8~12回 4~6回
太もも 10~12回 5~7回
Vライン 10~12回 5~7回
IOライン 12~14回 8~10回

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、黒い色に反応をする特殊な光を照射し、毛に含まれるメラニン色素に反応をさせて熱ダメージを毛乳頭に与え毛を生えにくくします。
そのためメラニン色素の多く含まれる濃く太い毛には効果が高く、産毛のように薄い毛には効果が低くなります。

脚や腕のような濃い毛が生えやすい場所は脱毛効果が高く、少ない回数でも効果を感じやすいですが、顔や背中、太ももなどメラニン色素の少ない薄い毛や産毛の多い場所は他よりも脱毛に時間が掛かります。

ワキやVIOも濃い毛ではあるものの元々毛量が多いこと、非常にデリケートで色素沈着を起こしやすい場所のため照射レベルを上げることができないなどの理由により、他の部分よりも効果が出るまで時間が掛かってしまいます。

不自然な毛の残り方は照射漏れも疑う

他の部分は脱毛の効果が出ているのに、一部分だけ毛が抜けていない場合は照射漏れも疑いましょう。照射漏れは施術技術の問題であるので、サロンやクリニックで対応をしてくれることがほとんどです。必ず連絡をして対応を確認しましょう。万が一「照射漏れかな?」と思ったら自己処理は決してせず、直ちに照射漏れを確認してもらいましょう。

こんな時はどうしたらいい?脱毛効果と回数に関するQ&A

脱毛効果がなかなか出ません。どうしたら良い?

脱毛サロンに通っているけれど、なかなか効果が感じられないという場合はクリニックにシフトチェンジすることも一つの方法です。
クリニックのレーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比べ照射パワーが強いので、サロンで効果が出なかった毛も脱毛できる場合が多いです。実際サロンで効果が出ずクリニックに乗り換えている人も多いんですよ。

予想以上に効果が出た時、残っている契約はどうすれば良いの?

脱毛には個人差があるので、効果の出にくい人もいれば逆に効果を早く感じる人もいます。「契約した回数を全て消化する前に仕上がりに満足した」という場合、解約して未消化分の残金を返金してもらうことも可能です。ただしサロンによっては解約時の手数料などが取られるところや、解約時にはほとんど残金が返ってこないところ(通い放題のプランに多い)があります。契約時に返金制度についてしっかり確認をしておきましょう。

またフラッシュ脱毛は脱毛が完了しても再び毛が生えてくる可能性があります。その時のために残りの回数を未消化のまま取っておくことも可能ですが、施術の有効期限を設けているところもあるので、必ず有効期限を確認するようにしましょう。

脱毛を何回で契約したら良いの?最適なプランが何か解らない

サロンで全身脱毛の契約をする時、何回で契約をしたら良いか解らないという人も多いと思います。実際脱毛には個人差もあるので、はっきりとした回数を予測するのは難しいです。
そんな「プランをなかなか決めることができない」という人におすすめしたいのが無料カウンセリングです。

カウンセリングでは肌や毛の質を見ながらその人に合った脱毛をプランニングします。プロの目から見て、希望の状態に仕上がるまでには大体何回必要か、最適なプランは何かなどのアドバイスを受けることができるので、その後のプラン選びもスムーズに進むことも。カウンセリングは無料なので、悩んだらまずプロに相談することをおすすめします。

脱毛効果を高めるセルフケア

脱毛効果を高めるためには、普段から肌のコンディションも最適に整えておく必要があります。そこで全身脱毛期間中に必ず行いたいセルフケアをご紹介します。

保湿をする

肌の表面にはバリア機能の役割を果たす角質層があります。角質層の主成分はタンパク質のケラチンで、乾燥をするとこのケラチンが硬くなってしまいます。乾燥をした肌と潤いのある肌では脱毛効果も全く違います。
また、乾燥が酷くなると脱毛の熱で火傷を起こす可能性もあるため照射レベルを下げて施術を行います。脱毛の効果をより感じるために、脱毛期間中の保湿は欠かさないようにしましょう。

日焼けをしない

日焼けをすると肌を紫外線から守るために、メラノサイトからメラニン色素が作られます。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛はメラニン色素に反応をする脱毛方法なので、照射した光が肌に増えたメラニン色素にまで反応をしてしまい、光のパワーが分散されてしまいます。

また日焼けをしたまま脱毛をすると肌トラブルの可能性が高まるので、脱毛自体を断られることもあります。脱毛中は日焼けをしないように注意しましょう。

毛を抜かない

脱毛は1回の施術では終わることなく長い期間が掛かるので、ムダ毛が生えなくなるまで自己処理をする必要があります。この時に注意したいのは「ムダ毛を絶対に抜かない」ということです。
ムダ毛がまばらになってくるとどうしても毛抜きで抜きたくなりますが、ムダ毛を根元から抜いてしまうと毛周期が乱れてしまいます。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は毛の成長サイクル「毛周期」に合わせて施術が行われます。サロンやクリニックへ通う間隔も毛周期を意識して決めているので、最適な時期を逃してしまいます。それだけでなく毛周期が乱れると以降の脱毛にも影響を及ぼすので、毛抜きなど毛根から毛を抜くような自己処理は絶対に避けましょう。

カミソリも肌の表面の角質層をそぎ落としてしまい乾燥を招くのでお勧めできません。ベストな自己処理はシェーバーです。

自分にピッタリ合った脱毛プランを見つけよう

脱毛の効果には個人差があります。さらに何回で効果を感じられるかは、どのような仕上がりを目指すかによっても大きく違います。

完全にツルツルを目指すには回数も期間も掛かるため通い放題のプランがおすすめですが、自己処理の頻度が少なくなればOKという程度であれば月額制や回数制の契約のほうがむしろお得です。

十分な効果を得るためには、自分にピッタリ合ったプランの選択が必要です。プランニングに自信がない人はカウンセリングでプロに相談をするなど理想の肌に近づける脱毛を見つけてくださいね。