脱毛方法(方式)

脱毛方法(方式)
ムダ毛のないツルツルの肌を目指すなら、自己処理よりも断然脱毛がおすすめです。

ひとくくりに「脱毛」といってもサロンやクリニック、また使用する機械によってその種類は様々です。
どの脱毛方式を選ぶかによって、効果や料金・痛みなどは大きく違ってきます。

そこで今回は、サロン・クリニックで行われている脱毛方法をはじめ、その特徴やメリット・デメリットを詳しくご紹介します。脱毛をスタートさせる前にぜひご一読下さい!

サロン・クリニックで行われる3つの脱毛方式

サロンやクリニックで行われる脱毛にはいくつかの種類がありますが、主に次の3つの方法があげられます。

  • 光脱毛(フラッシュ脱毛)
  • 医療脱毛(レーザー脱毛)
  • ニードル脱毛(針脱毛)
光脱毛(フラッシュ脱毛)

サロンで行われる脱毛方法。毛根に含まれるメラニン色素に反応をする光を照射し、発生した熱エネルギーで毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え、毛を生えにくくします。
毛乳頭を破壊するほどのエネルギーがないため、抑毛・減毛効果はあるものの永久脱毛はできません。

医療脱毛(レーザー脱毛)

医療機関(クリニック)で行われる脱毛方法。脱毛の仕組みは光脱毛と同じですが、出力が強いため毛乳頭を破壊することができ、永続的な効果が期待できます。
医療レーザーで毛乳頭を破壊する行為は医療行為とみなされるため、施術はクリニックでしか行えません。

ニードル脱毛(針脱毛)

毛穴1つ1つに針を差し込んで電流を流し、毛包を破壊する脱毛方法。毛が再生するために欠かせない毛乳頭や、発毛の指令を送るバルジ領域を同時に破壊できるので、高い効果を得られます。
唯一永久脱毛と認められている脱毛方法ですが、扱われているサロン・クリニックは少ないです。

3つの脱毛方法は施術方法だけでなく、その特徴も異なります。比較すると、次のような違いがあります。

光脱毛 医療脱毛 ニードル脱毛
痛み 可
弱い
場合によっては可
強い
不可
かなり強い
効果 場合によっては可
減毛・抑毛効果
可
永続的な効果
はなまる
高い(永久脱毛)
費用 可
安め
場合によっては可
若干高め
不可
高い
脱毛完了までの回数 不可
12~18回
はなまる
5~10回
はなまる
5~10回
脱毛完了までの期間 不可
2~3年
はなまる
1~1年半
はなまる
1~1年半
安全性 場合によっては可
医師の常駐なし
はなまる
医師が迅速に対応
場合によっては可
医療機関なら対応可能
施術できる場所 サロン クリニック サロン・クリニック

3つの脱毛方法はそれぞれメリット・デメリットが異なるだけでなく、使用する機械によって効果や傷みも変わってきます。

次から、それぞれの脱毛方法の特徴を詳しくご紹介します。

痛みに弱い人でも安心「光脱毛」

光脱毛のメリット・デメリット
メリット
  • 料金がリーズナブル
  • 肌に優しく痛みが少ない
  • 1回の施術時間が短い
デメリット
  • 脱毛完了まで時間がかかる
  • 永続的な効果はない
  • 肌トラブル時即座に対応できない
  • 白髪は脱毛NG

光脱毛は、医療脱毛やニードル脱毛に比べて料金がリーズナブルです。
また、光脱毛は複数の波長の光を広範囲に照射するため、光を1点に集中させる医療脱毛や、毛穴1つ1つ処理を行うニードル脱毛と比較をしても肌に優しく、1回の施術時間も短くて済むこともメリットの1つです。

デメリットとしては、出力が弱い分脱毛完了までに時間がかかるだけでなく、毛乳頭を破壊する事ができないため永続的な効果がない点が上げられます。
また、医師が常駐していないため、万が一の肌トラブルにも即座に対応をすることができません。

光脱毛の種類

光脱毛にも実は様々な種類があります。主なサロンで行われている脱毛方法は次の3種類になります。

1.「IPL脱毛」
光脱毛の中でも最も主流の脱毛方法。IPLは「インテンス・パルス・ライト」の略称で、メラニン色素の黒い色に反応をする光を照射し、毛乳頭にダメージを与えて毛を生えにくくします。
様々な波長の光を組み合わせているため、光が1点に集中せず広範囲に行き届き、スピーディーに脱毛を行えます。

IPL脱毛の特徴 ・光脱毛の中で最も実績がある
・美肌効果が高い
・即効性が高い(照射後1~2週間で抜ける)
・白髪、産毛への効果はなし
・日焼け肌、地黒肌への照射NG
代表的なサロン ・キレイモ
・銀座カラー
・シースリー

2.「SSC脱毛」
「スムース・スキン・コントロール」の略で、イタリアの医療メーカーDEKA社が開発した脱毛方法。ジェルの上からクリプトンライトという光を照射すると、ジェルに含まれる抑毛成分を含むカプセル「トレジャービーンズ」が弾け、有効成分「フィリニーブ」が毛穴に浸透。ジェルと光の相乗効果で抑毛します。

SSC脱毛の特徴 ・IPL脱毛よりも痛みや肌トラブルが少ない
・ジェルによる美肌効果がある
・産毛にも効果が出やすい
・白髪への効果はなし
・日焼け肌、地黒肌への照射NG
代表的なサロン ・ミュゼプラチナム
・コロリー
・脱毛ラボ

3.「SHR脱毛」
スーパー・ヘア・リムーバルの略で、蓄熱式脱毛とも言われています。IPL脱毛やSSC脱毛のように毛根に高温のダメージを与えるのではなく、低温の光を連続して照射し毛包に熱を蓄え、発毛の指令を送る「バルジ領域」にダメージを与える最新の脱毛方法です。

SHR脱毛の特徴 ・高熱が発生しないから痛みが少ない
・敏感肌やアトピーでも施術OK
・産毛も脱毛OK、白髪にも効果が期待できる
・日焼け肌、地黒でも脱毛OK
・毛周期に関係なく通える
・効果を感じるまでやや時間がかかる
代表的なサロン ・ストラッシュ
・ラココ
・脱毛ラボ(一部店舗のみ)

最もメジャーな3つの光脱毛をご紹介しましたが、他にも「THR脱毛」「NPL脱毛」「ハイパースキン脱毛」(全てバルジ領域にダメージを与える脱毛方法)など、光脱毛には様々な種類の脱毛方法があります。

今まではIPL脱毛・SSC脱毛などメラニンをターゲットとした脱毛が主流でしたが、現在はSHR脱毛のようにバルジ領域をターゲットとした脱毛方法の人気が高まっています。

光脱毛が向いているのはどんな人?

光脱毛は特に次のような人におすすめです。

  • 料金をできるだけ抑えたい人
  • 自己処理が楽になる程度でOKという人
  • 痛みに弱い人
  • 根気強く通い続けることができる人

また、光脱毛にも様々な種類があるため「どの脱毛方法を選んだらいいの?」と悩むかと思います。下に3つの脱毛方法の特徴を表にまとめました。

IPL脱毛 SSC脱毛 SHR脱毛
痛み
若干あり

少ない

ほぼなし
即効性
高い

普通

感じにくい
産毛への効果 ×
なし

ほとんどなし

効果あり
日焼け肌 ×
照射NG
×
照射NG

照射OK
美肌効果
高い

若干あり

ほぼなし
毛周期 関係あり 関係あり 関係なし
通う間隔 2~3ヶ月 2~3ヶ月 最短2週間
ジェルの使用 一部なし あり あり

特徴はそれぞれ異なるので、「何を重視したいか」によって脱毛方法を選ぶことをおすすめします。

IPL脱毛が向いている人 ・即効性を感じたい人
・高い美肌効果を得たい人
SSC脱毛が向いている人 ・痛みに弱い人
・脱毛と同時に美肌効果も得たい人
SHR脱毛が向いている人 ・痛みに特に弱い人
・産毛の脱毛をしたい人
・日焼けや地黒肌の人
・少しでも早く脱毛を終わらせたい人

脱毛完了までが早い「医療脱毛」

医療脱毛のメリット・デメリット
メリット

・脱毛完了までが早い
・1回あたりの脱毛効果が高い
・永続的な効果が期待できる
・医療機関だから万が一の時も安心

デメリット

・キャンペーンが少なく、料金も高め
・痛みが強い
・増毛化や硬毛化のリスクが高い
・白髪は脱毛NG

医療脱毛は光脱毛に比べて出力が強いため、1回の脱毛効果も高くなります。脱毛完了までが早いだけでなく、毛乳頭を破壊することができるので永続的な効果も期待できます。
また、医師が常駐するため万が一肌トラブルが起きてもすぐに対応できるメリットがあります。

一方、手軽に行える光脱毛に比べると料金は若干高め。効果が高い反面、痛みが強いというデメリットもあります。
また、まれなケースですが他の脱毛方法に比べると増毛化・硬毛化のリスクが高くなります。

医療脱毛の種類

クリニックで脱毛に使用されるレーザーの種類は、主に次の3つになります。

1.「アレキサンドライトレーザー」
宝石のアレキサンドライトを使用した医療レーザーで、日本では多くのクリニックに導入されています。
波長の長さは755nmと医療脱毛に使用されている3つのレーザーの中では最も短いですが、表皮のさらに深部にある真皮層まで到達します。

肌のメラニン色素に最も反応しやすいため、脱毛だけでなくシミやソバカスなどの治療にも使用されており、高い美肌効果が期待できます。

アレキサンドライトレーザーの特徴 ・濃く太い毛の脱毛が得意
・美肌効果が高い
・冷却ガスを噴射して痛みや肌トラブルを軽減
・白髪、産毛への効果はなし
・日焼け肌、地黒肌への照射NG
主な脱毛機/導入しているクリニック ジェントルレーズ ・湘南美容クリニック
・フェミークリニック
ジェントルレーズpro ・レジーナクリニック
・アリシアクリニック
・表参道スキンクリニック
ジェントルマックス
(ヤグレーザーも搭載)
・フェミークリニック

2.「ダイオードレーザー」
半導体を利用した近赤外線の医療レーザーです。波長の長さは810nm~940nmでアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーのちょうど中間の長さになり、皮膚の最も深い皮下組織まで到達するため、表皮にメラニン色素の多い日本人でも安心して使用できます。

ダイオードレーザーには、メラニン色素に反応をして毛乳頭や毛母細胞にダメージを与える「ショット式(HR式)」と、毛包に熱を蓄えてバルジ領域にダメージを与える「蓄熱式(SHR式)」の2種類があります。

ダイオードレーザーの特徴 ・産毛への脱毛効果が高い
・痛みが少ない
・日焼け、色黒肌でも脱毛可能(SHR式)
・広範囲もスピーディーに脱毛可能
・美肌効果はない
・ジェルを使用することが多い
主な脱毛機/導入しているクリニック ライトシェア・デュエット(HR式) ・アリシアクリニック
・リゼクリニック
・クレアクリニック
メディオスターNeXT PRO(SHR式) ・アリシアクリニック
・リゼクリニック
・クレアクリニック

3.「ヤグレーザー」
イットリウム(Y)・アルミニウム(A)から人工的に作り出された合成ガーネット(G)を使用したレーザーで、波長の長さが1,064nmと3つの中で最も長く、皮下組織の深部にまで到達します。

肌表面のメラニン色素の影響を受けにくいため、肌の色に左右されずに脱毛が可能です。根深い部分の脱毛を得意とするものの、肌の深部にまで光が到達するので痛みが強いという特徴があります。

ヤグレーザーの特徴 ・根深い部分の脱毛が得意
・日焼け、色黒肌でも脱毛可能
・痛みが強い
・施術に時間がかかる(全身には向かない)
・肌トラブルが起こりやすい
主な脱毛機/導入しているクリニック ジェントルYAG ・リゼクリニック
・フェミークリニック
ジェントルマックス
(アレキサンドライトレーザーも搭載)
・フェミークリニック
医療脱毛が向いているのはどんな人?

医療脱毛は特に次のような人におすすめです。

  • できるだけ早く脱毛を終えたい人
  • 料金よりも脱毛効果を重視したい人
  • 肌トラブルが心配な人
  • ある程度の痛みなら耐えられる人
  • 永久脱毛をしたい人

「効果を特に重視したい!」という人におすすめなのが医療脱毛です。

また、先ほど説明したように医療レーザー脱毛は大きく3つに分けることができますが、「どのレーザー脱毛機を選んだらいいの?」と悩む方のために、特徴を下記にまとめました。

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグレーザー
HR式 SHR式
痛み
あり

少ない

非常に少ない
×
強い
即効性
高い

普通

感じにくい

普通
効果 濃い毛◎
産毛×
濃い毛○
産毛○
濃い毛○
産毛◎
濃い毛◎
産毛△
日焼け肌 ×
照射NG
×
照射NG

照射OK

照射OK
美肌効果
高い
×
なし
×
なし

あり
施術にかかる時間 ×
長い

やや速い

速い
×
長い
ジェルの使用 なし なし あり なし

医療脱毛クリニックの場合、脱毛機は1台ではなく異なる種類のものを複数所有しているケースが多くなります。

クリニックを選ぶ際には、「自分に合った脱毛機がある」という点に加えて、「種類が異なる複数の脱毛機を保有している」ところを選ぶと、より脱毛の効果に満足できるでしょう。

アレキサンドライトレーザーが向いている人 ・体毛が濃い人
・ワキやVIOの部分脱毛をしたい人
・脱毛だけでなく美肌効果も得たい人
・ジェルが苦手な人
ダイオードレーザー脱毛が向いている人 ・痛みに弱い人 
・産毛もしっかり脱毛したい人
・広範囲を効率よく脱毛したい人
・敏感肌だけど医療脱毛をしたい人
ヤグレーザーが向いている人 ・肌が地黒の人
・日焼けをする可能性がある人
・他の脱毛方法で毛が残ってしまった人
・ジェルが苦手な人

どんな毛でも確実に脱毛できる「ニードル脱毛」

ニードル脱毛のメリット・デメリット
メリット

・1回で永久脱毛が可能
・白髪も脱毛OK(どんな毛でも脱毛可能)
・日焼け肌、タトゥー、ホクロでも脱毛OK
・細かいデザインの脱毛が可能

デメリット

・料金が高い
・痛みがかなり強い
・広範囲の施術は時間がかかる
・一時的にムダ毛を伸ばす必要がある
・肌トラブルを起こす危険性が高い

ニードル脱毛の最大のメリットは、どんな毛でも1回で永久脱毛ができる点です。

光脱毛も医療脱毛も、脱毛完了まで毛周期に合わせて繰り返し施術を行う必要がありますが、ニードル脱毛は毛穴に直接電流を流して毛乳頭を破壊するので、施術を行った毛穴からは二度と毛が生えてくることはありません。

また、毛さえ生えていればメラニン色素に左右されることがないので、光脱毛や医療脱毛ができない白髪の脱毛も可能。
ホクロやタトゥーがあっても火傷の心配なく安全に脱毛ができます。

その反面、デメリットとして痛みの強さが上げられます。光脱毛・医療脱毛と比較をしてもその痛みの強さは歴然。ダメージをしっかり与えることができる反面、肌トラブルを起こす危険性も高くなります。

料金は「時間単位」「本単位」で計算されることが多いので、広範囲に渡ると高額になります。

ニードル脱毛の種類

ニードル脱毛には、クリニックで行われている「絶縁針脱毛(医療針脱毛)」とサロンで行われている「美容電気脱毛」の2つに分けることができます。

1.「絶縁針脱毛(医療針脱毛)」
絶縁針脱毛は、表皮に触れる部分に電気を通さない特殊なコーティングをしている「絶縁針」を使用します。
表皮部分は痛みや火傷などはほぼないものの、電流を流して毛乳頭や毛母細胞を破壊するため医療脱毛よりも強い痛みを感じます。

針は約20種類ほどあり、毛乳頭よりも深く針を挿入する事を防ぐために根元を太く加工しています。
また、感染症予防のために個人針を購入して使用します。

絶縁針脱毛の特徴 ・針は約20種類
・事前に血液検査あり
・針は購入、劣化したら新たに購入
・刺激や火傷は少ない
・麻酔の使用も可
代表的なクリニック ・川口クリニック
・渋谷皮フ科医院
・きぬがさクリニック

2.「美容電気脱毛」
美容電気脱毛は、プローブと呼ばれる毛と同じ太さ(直径0.1mm以下)の細い電極を挿入し、微弱電流を流して毛乳頭にダメージを与えます。プローブは使い捨てなので、衛生的で安心です。

プローブは絶縁針のように表皮部分に当たる面がコーティングされていないので、強い電流を流すことができません。しかし、その分長く電流を流さなければならないので、1本あたりにかかる時間は絶縁針脱毛よりも長くなります。

また、美容電気脱毛はさらに「電気分解法」「高周波法」「ブレンド法」の3つの脱毛方法に分かれます。

電気分解法
電気分解作用で、毛包内の水分を分解して水酸化ナトリウムを発生させ、発毛組織にダメージを与える方法です。
効果は高いものの、1本あたりの処理時間が60~80秒と長く、高額なため現在はほとんど行われていません。

高周波法(フラッシュ法・スーパーフラッシュ法・ショートウェーブ法)
高周波の振動で毛根を溶かす方法。1本あたりの処理時間はフラッシュ法で1秒以下、ハイスピードのショートウェーブ法で0.03~0.06秒、最速のスーパーフラッシュで0.03秒程度です。
施術時間が短く、痛みも少ないため、現在の美容電気脱毛の主流はこの方法です。

ブレンド法
電気分解法と高周波法を取り入れた方法。1本あたりの処理時間は3~20秒になります。現在はあまり行われていません。

美容電気針脱毛 ・使い捨てのプローブを使用
・血液検査など追加料金が不要
・麻酔はない
・絶縁針脱毛よりも施術時間が長い
代表的なサロン ・TBC
・トータルビューティフィット
ニードル脱毛が向いている人

ニードル脱毛は特に次のような人におすすめです。

  • 光脱毛や医療脱毛で残った毛を脱毛したい人
  • 確実に永久脱毛をしたい部位がある人
  • 白髪を脱毛したい人
  • ホクロやタトゥーの脱毛をしたい人
  • 眉毛など細かいデザインを要する脱毛をしたい人
  • 硬毛化した毛を何とかしたい人

ニードル脱毛は施術に時間がかかるだけでなく、料金も高く痛みも強いため広範囲の脱毛には全く向いていません。
光脱毛や医療脱毛では脱毛できないムダ毛にピンポイントで使用するのがベストです。

特にVIOラインにできてしまった白髪や、Iライン粘膜部分のムダ毛など、光脱毛や医療脱毛では処理のできない毛にニードル脱毛は力を発揮します。

自分に合った脱毛方法でツルツル肌を手に入れよう!

お話したように、脱毛には「光脱毛」「医療脱毛」「ニードル脱毛」の3つがありますが、それぞれにもたくさんの種類があり、メリット・デメリットも異なります。

料金も大切ですが、自分の希望やライフスタイルに合った脱毛を選ぶことが、満足のできる脱毛をするために重要なポイントです。

脱毛は時間もお金もかかるため、一度スタートすると「やっぱり違う脱毛方法にしたい」と思っても難しくなります。
後悔しないためにも、無料カウンセリングや体験などを上手に利用し、自分にピッタリの脱毛方式を選んでくださいね。