全身脱毛の疑問

全身脱毛はネイルをしたままでもOK?トラブルは起きない?影響や注意点を解説

全身脱毛ネイルをしたまま

美意識の高い女性にとって、脱毛と同じようにネイルはなくてはならないもの。指先が綺麗になると、それだけで気分も上がりますよね。

ところで、脱毛中にネイルをしていても大丈夫か気になる方も多いのではないでしょうか?せっかく綺麗にネイルを仕上げたのに、脱毛でトラブルが起きてしまったら大変です。

そこで、今回は「ネイルをしたまま脱毛はできる?」「脱毛をした後にネイルをしても大丈夫?」など、脱毛とネイルの関係についてリサーチしました!

ネイルをしたままでも脱毛はできる?

ネイルをしたままでも脱毛はできる?
フラッシュやレーザーの光は濃い色に反応する

「ネイルをしたまま脱毛できるか?」の前に、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の光の特徴を見ておきましょう。

一般的に、脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛(光脱毛)もクリニックの医療レーザー脱毛も脱毛の仕組みは同じで、毛根に含まれるメラニン色素に反応をする光を照射し、発生した高熱によって毛根にダメージを与えて毛を生えにくくします。

フラッシュやレーザーの光は、ホクロやシミ、アザ、日焼け肌に照射をすると火傷の危険性が高いため、その箇所を避けるか、シールなどで隠して照射を行います。また、黒く濃い色であればメラニン色素でなくても反応をしてしまいます。

基本的にネイルをしていても脱毛OK

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の光は黒く濃い色に反応してしまうので、ネイルをしていると脱毛ができないように思えるかもしれません。しかし、結論から言うと、ネイルをしていても脱毛は可能です。

お話ししたように、施術ができない部分があっても基本的に避けることで照射が可能です。手や足の指の毛を脱毛する場合でも、爪自体に照射を行うことはないのでネイルをしていても問題なく脱毛ができます!

ちなみに、大手脱毛サロンの銀座カラー、キレイモにネイルをしていても脱毛ができるのかを問い合わせてみました。

銀座カラー
キレイモ

このように、サロンやクリニックではネイルをしたまま脱毛が行えることがほとんど。中には、ネイルと脱毛の両方を扱うサロンも少なくありません。

綺麗に仕上がったネイルをわざわざ落とす必要もないので安心ですね。

脱毛後のジェルネイルには注意が必要!

脱毛後のジェルネイルには注意が必要!
ネイルをしていても脱毛ができることはお分かりいただけたと思いますが、1つ注意が必要となるのがジェルネイルです。

ジェルネイルの仕組みと種類

通常のネイルポリッシュ(マニキュア)と異なり、ジェルネイルは合成樹脂でできた液体を塗布し、ライトの光を照射することで硬化させて仕上げるネイルです。

ジェルネイルには、強度があり長さを出すことができる「ハードジェル」と、使いやすくて爪にも優しい「ソフトジェル(ソークオフジェル)」の2種類があり、現在ネイルサロンで主流なのはソフトジェルです。

また、ジェルネイルで使用するライトは次の2つがあります。

UVライト

紫外線(UV)を使用したライト。紫外線にはUV-A波とUV-B波がありますが、UVライトはUV-A波を使用しています。波長は約365nm前後でLEDライトよりも硬化に時間が掛かります。

LEDライト

発光ダイオード(LED)を使用したライト。波長は約385~415nmで、400nm以上を可視光線LED、400nm未満を紫外線LEDと呼びます。UVライトに比べて高価ですが、消費電力が少なく、硬化も早いのが特徴です。

脱毛後のジェルネイルは避けるほうが望ましい

ジェルネイルは、デザイン性も高く美しさが長持ちするので、定期的にネイルサロンで施術を受けている人も多くなっています。けれども、脱毛後はジェルネイルを避けることをおすすめします。

「NGなのはネイルの成分のせい?」と思うかもしれませんが、ジェルネイルがNGとなる最も大きな原因は硬化に使用する「ライト」です。

そもそも、脱毛後に日焼けをすることは絶対NGです!

脱毛後の肌は軽く火傷を負った状態なので、紫外線を浴びると肌がさらにダメージを受けて炎症を悪化させる恐れも。また、紫外線に反応をしてメラニン色素が過剰に生成され、排出できずに色素沈着として残ってしまう可能性もあります。

ジェルネイルの硬化に使用するUVライトには紫外線が含まれています。さらに、肌の近くに光源がありダメージも受けやすくなるので、脱毛後のジェルネイルは避けるほうが望ましいです。

日焼けしても全身脱毛はOK?
日焼けをしたら全身脱毛はできない?脱毛中の日焼け対処法とおすすめサロン・クリニック脱毛中に禁止されていることの1つに「日焼け」があります。 カウンセリングでも厳しく注意される脱毛中の日焼け。ついウッカリ日焼けをし...
LEDライトならジェルネイルをしてもOK?

今は、ジェルネイルの硬化にLEDライトを使用するネイルサロンも増えてきました。

「LEDライトなら紫外線が出ないからジェルネイルができるのでは」と思うかもしれません。しかしLEDライトの中には、光の中に紫外線を含む「紫外線LEDライト」もあるので注意が必要です。

また、紫外線が含まれていない分LEDライトの方がUVライトよりも肌に優しいと思われがちですが、LEDライトは硬化時間が短い分高熱が一気に発生するため、少なからず肌にも負担がかかります。

ライトが当たらない部分を脱毛したのであれば特に気にする必要はありませんが、ライトが当たる部分を脱毛している場合はライトの種類に関係なく、脱毛後 1週間はジェルネイルを控えましょう。また、1週間経っても肌の状態が回復していない場合は、期間に関係なく肌の状態が良くなってから行うようにしてください。

また、ネイルポリッシュやスカルプチュアなど、ライトを使わないネイルであれば脱毛後でも施術が行えますが、肌の状態はデリケートになっているので無理をしないでくださいね!

【番外編】エステティシャンはネイルをしても良い?

エステティシャンはネイルをしても良い?
結論から言うと、エステティシャンは基本的にネイルNGとすることがほとんど。受付やカウンセラー業務の場合はネイルをOKとするサロンもありますが、お客様の体に触れるエステティシャンはネイルをほとんどしていません。これには次のような理由が上げられます。

肌を傷付けるリスクがあるから

脱毛サロンやクリニックでは、脱毛機で施術を行うため直接肌に手を触れる機会は少ないように思うかもしれません。しかし、照射しづらい部分は手を沿えながら施術を行うため、体に一切触らず行うことはできません。

他にも、シェービングや施術後のアフターケアなど体に触れる機会は多くなります。

長いネイルは、体に触れたときに肌に傷をつけてしまうリスクが高くなります。また、タオルや器具などに引っかかる危険性もあり、細かい作業もしづらくなってしまいます。

不衛生だから

ネイルが長いと、爪の間に汚れが入り雑菌が繁殖しやすく不衛生です。雑菌が繁殖すると常在菌の緑膿菌によって、爪の病気「グリーンネイル」などを引き起こす恐れも。特に、スカルプチュアやジェルネイルは長期間使用することも多く、雑菌がより繁殖しやすくなります。

また、途中で剥がれてきたネイルは見た目的にも清潔感がありません。

サロンやクリニックのスタッフは、お客様に不快感を与えないため清潔感が必要なのはもちろんのこと、実際にも清潔でなければなりません。爪は短く整え、常に清潔に保っておく必要があるのです。

脱毛はネイルをしたままでもOK!ただし脱毛後のジェルネイルには注意しよう

基本的に、ネイルをしたまま脱毛をしても問題ありません。綺麗に整えたネイルを落とす必要もないので安心ですね。

ただし、ジェルネイルの場合は要注意!ライトで硬化させる時に肌に影響を与える可能性があるため、指などライトが当たる部分を脱毛する場合、脱毛後1週間はジェルネイルを避けるようにしてください。

美しい指先にはネイルも脱毛も欠かせません。脱毛で、ネイルの映える綺麗な指先をめざしてくださいね。

ABOUT ME
みらえぴ編集部
みらえぴ編集部
中の人です!小学生の時にムダ毛との戦いがスタートしてはや○○年(笑) 脱毛で失敗しすぎた私だからこそ、少しでも脱毛で悩んでいる人のお手伝いができると思います。 脱毛初心者でも分かりやすいサイトを目指して日々脱毛知識をアップデート中♪