全身脱毛の疑問

全身脱毛は「すっぴん」で行く?化粧・メイクをして帰ってOK?顔の時だけ?

全身脱毛は「すっぴん」

手軽に通えるようになった全身脱毛。会社帰りやお出掛けの前にサロンに立ち寄りたいという人も多いですよね。そこで気になるのが、化粧についての疑問です。

「サロンはすっぴんで行かなくちゃダメ?」
「脱毛後はメイクをしてもいいの?」

顔脱毛に興味はあっても、すっぴんで通うことに抵抗がある人も少なくありません。

そこで今回は、「脱毛前後に化粧はしても良いか」という疑問について、注意点も含めて詳しく解説します。

全身脱毛は「すっぴん」で行かなくちゃダメ?

サロン・クリニックへはメイクをしたままでOK

結論から言うと、サロンやクリニックへはメイクをしたまま行ってOKです!会社やお出掛け帰りでも、すっぴんで行かなくてはならないという決まりはありません。

ただし、全身脱毛でも顔脱毛をする場合、施術前にメイクを落とさなくてはなりません。ほとんどのサロン・クリニックでは、パウダールーム等で施術前に自分でクレンジングを行う必要がありますが、中にはスタッフが事前にメイクを落としてくれるお店もあります。

いずれにせよ、クレンジングに余計な時間がかからないように、また汚れをしっかりと落とせるように、当日はできるだけ軽めのメイクで行くことをおすすめします。

アイメイクは落とさなくても良い場合も

顔脱毛といっても、眉・鼻下・あごなど脱毛の範囲はサロン・クリニックによって異なりますが、基本的にデリケートな目の周りに照射をすることはありません。そのため、アイメイクはしたままでもOKとするところも多いです。

アイメイクは時間がかかるので、落とさずに施術ができると嬉しいですよね。ただし、すっぴんでなければNGとするところもあるので、カウンセリングで事前に確認をしておきましょう。

また、アイメイクOKの場合でも施術時はゴーグルやタオルで目を隠すため、施術後はメイクが崩れていることも少なくありません。外出の予定がある人は、一度落として施術後にアイメイクをしなおす方が綺麗に仕上がります。

各サロン・クリニックの対応
サロン
サロン名クレンジング対応
キレイモ目元以外はスタッフがクレンジングしてくれる
銀座カラー専用クレンジングでスタッフがメイクを落としてくれる
(アイメイクはそのまま)
シースリースタッフがメイクを落としてくれる
(アイメイクはそのままでOK)
脱毛ラボスタッフがメイクを落としてくれる
ディオーネ施術前にスタッフが拭き取りでメイクオフしてくれる
(まつ毛エクステや付けまつ毛もOK)
恋肌自分でメイクを落とす
エピレ脱毛部位のメイクを自分で落とす必要あり
クリニック
クリニック名クレンジング対応
アリシアクリニックパウダールームでメイクを自分で落とす
レジーナクリニック自分で落とす(メイク落とし・洗顔の用意はあり)
リゼクリニックパウダールームでメイクを自分で落とす
(メイク落とし・洗顔フォームの用意はあり)
湘南美容クリニックメイク室にて自分で落とす

サロンはサービスの一環でメイクを落としてくれるところが多いのに対し、クリニックは医療機関でもあるため余計なサービスはなく、基本的に自分で落とすようになっています。

自分で落とす場合でも、サロン・クリニックともにパウダールームなどが完備されているところが多いですが、クレンジング剤や洗顔スペースなど事前に確認しておくと安心です。

また、「肌が弱いからクレンジングが合うか心配」という人は持参してもOKです。

なぜメイクを落として施術を行うのか?

顔脱毛の際にメイクを落とす一番の理由は、脱毛の効果が低くなるためです。

メイクをしてファンデーションが肌に乗っている状態で脱毛をした場合、ファンデーションがフラッシュやレーザーの光をさえぎることになり、毛根に十分なエネルギーが届かなくなってしまいます。

また脱毛ラボなどで行われているSSC脱毛の場合、毛穴にジェルの抑毛成分を浸透させることによって脱毛を行うので、ファンデーションが毛穴に詰まっていると効果を十分に発揮することができません。

さらに、脱毛機にメイク汚れが付着すると照射がうまく行われないこと、衛生的に保てないことなどから、脱毛前にはメイクを落とす必要があるのです。

顔脱毛について
顔脱毛をするなら全身脱毛とセットがお得!顔脱毛のメリットとおすすめサロン・クリニック最近ツルツルの肌を目指して全身脱毛をする人が増えてきましたが、中でも徐々に関心が高まっているのが「顔脱毛」です。 顔の産毛は目立た...

日焼け止めはしても良い?

脱毛中は「日焼けをしないように」とカウンセリングで注意されるほど、紫外線は大敵です。そのため、脱毛期間中は日焼け止めを使用している人も多いでしょう。

しかし、この日焼け止めも施術当日には注意が必要です。

ファンデーションと同様、日焼け止めを塗っていると肌の表面や毛穴をふさいでしまうため、施術時の光やジェルが十部に行き届かず脱毛の効果が低くなってしまいます。また、何かしらの化学反応が起こり肌トラブルを起こす可能性もゼロではありません。

施術当日はできるだけ日焼け止めを塗らないことをおすすめしますが、使用したい場合は落としにくいウォータープルーフやクリームタイプではなく、スプレーやジェル、リキッドタイプのものを選ぶとよいでしょう。

また同じ理由で、脱毛前は汗拭きシートや制汗剤も避けるようにしましょう。

脱毛後はメイクをしても大丈夫?

メイクOKだがすっぴんが望ましい

脱毛後に予定がある場合、綺麗にメイクをしたいですよね。

サロンやクリニックでは基本的に脱毛後のメイクをOKとしていますが、お肌のためにもできるだけメイクをしないことをおすすめします。

脱毛後の肌は熱がこもり、乾燥して非常にデリケートな状態になっています。化粧は肌に負担をかけるので、すっぴんで帰宅することがベスト!すっぴんが気になる方は帽子やサングラス、マスクなどでガードすれば、紫外線対策もバッチリです。

どうしてもメイクをしたいという場合、肌の状態が落ち着いてからしっかりと保湿をし、UV効果のある軽めのパウダーファンデーションやミネラルファンデーション、もしくはフェイスパウダー程度の肌に負担が少ないものを使用するようにしてください。

アメニティはサロン・クリニックによって異なる

大手サロン・クリニックにはパウダールームが設置されていることがほとんどですが、中には専用のスペースが用意されていないところもあります。

また、パウダールームに用意されているアメニティもサロン・クリニックによって異なります。

サロン・クリニック名アメニティ
シースリー化粧水、綿棒、コットン、ドライヤー、ヘアアイロンなど店舗によって異なる。
キレイモ化粧水、乳液、コットンなどあり。ヘアアイロンの貸し出しもあり。
銀座カラードライヤー、綿棒、コットン、ドライヤーなどあり。保湿ケア「美肌潤美」のローションも使用可能。
ストラッシュコットン、綿棒、マスクなどあり。化粧水などはなし。
アリシアクリニックメイク落とし、洗顔、化粧水などあり。
リゼクリニックメイク落とし、洗顔、化粧水などあり。
レジーナクリニックメイク落とし、ドライヤー、ヘアアイロン、綿棒、コットンなど。

施術後、メイクをして帰る場合、メイク道具は必ず持参しなければなりません。さらに基礎化粧品も必ず備え付けられているわけではないので、カウンセリングで事前に確認をしておくようにしましょう。

脱毛当日はすっぴんがオススメ!

脱毛前も後も、基本的にはメイクをしてOKです。

ただし、クレンジングにかかる手間や時間、肌への負担を考えるとすっぴんがおすすめです。

「すっぴんに抵抗がある」「どうしても化粧をしたい」という人は、できるだけナチュラルメイクを心がけてください。また、日焼け止めなど当日肌に塗るものは、負担をかけない落としやすいものを使うようにしてくださいね。

メイクについての方針はサロン・クリニックによっても違うので、カウンセリングで事前にチェックしておきましょう。

こんな記事もおすすめ