全身脱毛の疑問

介護脱毛とは?費用やメリット・デメリット|範囲はvioだけ?どこまでするの?

介護脱毛

脱毛というと若い女性だけが行うことと思われがちですが、現在40代以降でも脱毛をする方が増加しています。

「いつまでも綺麗でいたい」「昔に比べて料金が手頃になった」などの理由もありますが、中でも「将来介護されるときのために脱毛をしておきたい」と介護脱毛を考える方がとても多いようです。

そこで今回は、介護脱毛のメリット・デメリットをはじめ、注意点や介護脱毛におすすめのクリニックをご紹介します。

介護脱毛とは?

40代以降に増えている「介護脱毛」

介護脱毛とは、将来自分が介護をされる時のことを考え、あらかじめデリケートゾーンや脇を脱毛し将来に備えておくことです。

介護脱毛は40~60代の女性を中心に行われていますが、その背景として多くあげられるのが家族の介護体験です。

将来自分が「介護される側」になったときにムダ毛を見られる恥ずかしさを軽減するため、また「介護する側」「介護される側」双方の負担を軽減するために、親や家族の介護が一段落した頃に自らの介護脱毛を考える人が多くなっています。

実際、医療脱毛専門のリゼクリニックでは、2010年から2018年にかけて45歳以上の男女の利用者がなんと15.06倍と伸びており、現在も来院者が増え続けているそうです。

45歳以上の男女の利用者
(引用元:リゼクリニックホームページ)

かつては高額であった脱毛がリーズナブルになったことも相まって、40代以上になって初めて脱毛をスタートさせるひとが急激に増えているのです。

介護脱毛をすべき部位は?

介護脱毛を考えた時、必ず行っておきたいのは排泄介助のときにネックとなるVIOラインです。VIOラインはそれぞれ3つの部位が集まった総称です。

Vラインビキニラインの略称で、へその下から太ももの付け根あたりまでの逆三角形の部分
IラインVラインとOラインの間に挟まれた女性器周辺の両サイド
Oライン粘膜以外の肛門周り

Iライン、Oラインはどのサロン・クリニックでもほとんど同じ位置を表しますが、Vラインの範囲はサロン・クリニックによって異なります。

Vラインは「ビキニライン」の略称である事からも分かるように、本来は足の付け根のショーツに沿ったラインを指します。この部分をVライン脱毛の範囲とするところもありますが、多くのサロン・クリニックではへその下から太ももの付け根あたりの逆三角形部分、つまりショーツに治まる部分も含め前面全体を脱毛範囲とすることが多くなっています。

VIOの中でも特に重要なのが、排泄物が付着しやすいIラインとOラインです。また、Vラインは毛量が多いため、蒸れやすくニオイの原因ともなるので、ツルツルまでしなくても減毛をおすすめします。

介護をされるようになると自分でムダ毛処理をする事が難しくなります。VIOラインについで脱毛する人が多い部位は「ワキ」です。他にも、将来人に見られたら恥ずかしいという理由で、「腕」や「足」、「顔」などの脱毛も増えています。

介護脱毛3つのメリット

デリケートゾーンを清潔に保つことができる

介護脱毛の1番のメリットは、デリケートゾーンを衛生的な状態に保てることです。

デリケートゾーンにムダ毛が残っていると、どうしても蒸れやすくなります。さらにアンダーヘアには排泄物が付着しやすいため、ニオイやかゆみ、感染症などを引き起こす可能性も。

ムダ毛がなくなると排泄物が毛に付着する事もなくなるので、デリケートゾーンを清潔に保つことができます。また、サッと拭き取るだけで綺麗になるため、何度も拭いて肌を傷付けることもないから肌荒れ防止にも繋がります。

介護を受ける時のストレスを軽減できる

排泄の際にデリケートゾーンを見られることは、介護を受ける人にとっても大きなストレスとなります。

デリケートゾーンは普段自分でも見ることの少ない部位なのに、排泄物が付着して汚れた状態で他の人に見られるなんて抵抗を感じるのは当然です。

拭き取りなどに時間がかかると恥ずかしさも増してしまうので、排泄介助はできるだけスピーディーに行うことが鉄則です。さらに、手を抜くと肌荒れや感染症などの症状を引き起こす可能性もあるので、デリケートゾーンが綺麗になっているかしっかり確認しなければなりませんが、アンダーヘアがあるとその分確認にも手間取ってしまいます。

介護脱毛をすれば排泄介助がスピーディーに行えるだけでなく、デリケートゾーンを見られる時間も少なくて済むから、恥ずかしさも軽減できます。

介護する人の負担を減らすことができる

介護脱毛は「介護される人」だけでなく「介護する人」にもメリットがあります。

前で説明したように、ニオイやかゆみ、感染症を防ぐために排泄後はデリケートゾーンを丁寧に拭かなくてはなりません。また、おむつの場合、時間が経って汚れがこびりついてしまうと簡単には落ちず、拭き取りにさらに時間がかかってしまうことも。

介護の中でも特に大変さを感じるのが排泄介助です。介護脱毛でアンダーヘアがない状態であれば、排泄介助にかかる時間を大幅に短縮することができ、介護する人の負担も軽くする事ができます。

介護脱毛の3つのデメリット

一度脱毛すると元に戻らない

脱毛は一度行うと、前と同じような状態に戻すことは難しくなります。特にレーザー脱毛は脱毛の効果が高い分、元には戻ることはありません。

脱毛部位のほとんどはツルツルにして後悔をすることはほとんどありませんが、中でも唯一脱毛後悔しやすい部位があります。それがVラインです。

介護されることを考えると、IOラインと一緒にVラインもツルツルにするのがベストです。しかし無毛にしてしまうと、温泉など公共施設で他の人に見られて恥ずかしいと感じる事もあり、ハイジニーナは不用意に行うべきではありません。

Vラインの脱毛は特に慎重に行いましょう。無毛にせずに残しておくにしてもVラインには様々なデザインがあるため、どのような形に整えるかも後悔しないポイントです。

「介護される時のことを考えて脱毛したのに、失敗した」とならないためにも、しっかり考えてから脱毛しましょうね。

施術に恥ずかしさを感じる

「今さらムダ毛を見られるなんて恥ずかしい」
「この歳で若い子に混ざって脱毛するのに抵抗がある」

施術を受けるときの事を想像すると、脱毛は敷居が高いと感じる人も多いと思います。特に介護で重要となるデリケートゾーンの脱毛は、見られることに抵抗を感じるのも当然です。

しかし、スタッフは毎日何人もの女性の施術を行っており、デリケートゾーンも見慣れています。施術もタオルをめくりながら行うなど、恥ずかしくないように十分配慮してくれます。そして何より同じ女性ですので、こちらが恥ずかしいと思う気持ちも十分理解してくれますよ。

若い人が多いイメージのある脱毛サロン・クリニックですが、現在は介護脱毛をする人が増加しているので、40代以上の方が通っても違和感はありません。それでも抵抗がある人は、料金が安い分若い人が集まりやすいサロンよりも、クリニックをおすすめします。

痛みを伴う

VIOラインは他の部位に比べて肌がデリケートです。さらに濃く太い毛が生えているので、施術時も反応しやすく、痛みが強いという特徴があります。あまりの痛みの強さに「脱毛は無理」と断念してしまう人も。

VIO脱毛は確かに痛みを伴いますが、回数を重ねていくと毛も薄く量も少なくなり、傷みも軽くなっていきます。また、スタッフに相談すれば照射パワーを調節できるので、痛みが強い場合は我慢をせず相談しましょう。

クリニックでは施術に麻酔を使用することもできるので、痛みを軽減しながら脱毛することもできますよ。

介護脱毛の注意点

白髪になる前に脱毛をしよう

介護脱毛で注意しなくてはならないのが「白髪」の脱毛です。

年齢を重ねると頭髪に白髪が増えてくるように、VIOの毛にも白髪が見られるようになります。この白髪ですが、脱毛する際には注意が必要です。

一般的な脱毛サロンのフラッシュ脱毛やクリニックのレーザー脱毛は、黒い色に反応をする特殊な光を照射し、毛根に含まれるメラニン色素に反応させて脱毛を行います。白髪には元々メラニン色素が含まれないため、脱毛の効果が出ないのです。

ただし、白髪でも確実に脱毛できるのが「ニードル脱毛」です。

ニードル脱毛は毛穴に直接針を通して電流を流す脱毛方法で、数ある脱毛方法の中で唯一永久脱毛ができると認められている方法です。効果がとても高いものの、全ての脱毛方法の中で最も痛みが強いという特徴があります。料金もフラッシュ脱毛やレーザー脱毛に比べると高額です。

白髪になってしまうと通常のサロンやクリニックでの脱毛が困難となるので、白髪になる前にできるだけ早く脱毛をスタートさせましょう。

VIOの形は施術前にしっかり決めておく

脱毛は一度行うと元に戻すことができません。そのため、介護脱毛をする前にはデリケートゾーンをどこまで脱毛するかしっかり決めて起きましょう。

Iライン、Oラインは排泄物が付着しやすく残しておくメリットもないので、介護脱毛の場合は無毛にする人がほとんどです。

VラインはIOラインのように排泄物は付着しにくいものの、毛量が多く蒸れやニオイの原因にもなります。将来介護されることを考え無毛にする人も多いものの、ツルツルに抵抗がある人も少なくありません。

「Vラインを無毛にするのは嫌」という人は、減毛しておくだけでも蒸れにくくなりますよ。

また、Vラインは自分の好みの形にデザインする事ができます。

  • 逆三角形(トライアングル)
  • 小さめ逆三角形(トライアングルミニ)
  • Iライン
  • Iライン(細長)
  • スクエア
  • ナチュラル
  • 卵型
  • ハート型
  • ハイジニーナ(無毛)

人気のデザインは「逆三角形」「ナチュラル」「ハイジニーナ」です。逆三角形やナチュラルはVラインの本来の形に近いため、違和感がなく人気が高いです。もしデザインに悩むなら逆三角形かナチュラルがおすすめです。

ちなみにVラインを残す場合、Iラインをツルツルにしてしまうとつなぎ目が不自然になるため、VラインからIラインにかけて徐々に細くすると自然に仕上がります。

VIO脱毛のデザイン・男ウケ
全身脱毛するならVIO脱毛も必須!男ウケするアンダーヘアのデザイン・形とは全身脱毛の人気とともに、VIO脱毛をする人も増加をしています。しかし、デリケートな部分の脱毛のため異性の反応が気になりますよね。「男ウケ...

介護脱毛はサロンよりもクリニックがおすすめ

サロンとクリニックはどう違う?

脱毛はサロンとクリニックで効果や料金が異なります。一般的にサロンとクリニックではどのような違いがあるのか見てみましょう。

医療脱毛エステ脱毛
痛み強い弱い
効果永続的な効果一時的な減毛・抑毛効果
回数5~10回12~18回
期間1~2年2~3年
VIO脱毛にかかる費用15,000~20,000円8,000~10,000円
全国展開少ない多い
肌トラブルの対応医師が即対応提携院を紹介

※「VIO脱毛にかかる費用」は1回あたりの料金

医療脱毛は出力が強いため効果が高いですが、痛みが強いというデメリットがあります。一方、エステ脱毛は痛みが弱く肌に優しいものの、効果は医療脱毛に比べて低くなります。

費用面で見ると、医療脱毛の方がエステ脱毛よりも1回当たりの料金は高くなるものの、脱毛完了までにかかる回数を考えると価格には差がなく、むしろ医療脱毛の方が費用を抑えられるケースもあります。

介護脱毛をするなら医療脱毛がおすすめ

脱毛サロンもクリニックもメリット・デメリットがあるので、どちらを選ぶかは何を重視するかにもよりますが、介護脱毛を考えているのであれば、脱毛サロンよりもクリニックがおすすめです。

クリニックはサロンに比べて脱毛効果が高いため、約半分の期間で脱毛が完了します。脱毛はできるだけムダ毛が白髪になる前に行いたいので、医療脱毛で少しでも早く脱毛を終えることが望ましいです。

また、VIOラインは肌がとても繊細です。さらに40代以上の女性となると、肌もよりデリケートになり、トラブルが起きてもすぐに回復できない可能性も。万が一炎症などが起きた場合でも、クリニックであればすぐに対応することができます。

40代以上の脱毛は「質」を重視して、価格だけで選ばないようにしましょう。

介護脱毛におすすめのクリニック

アリシアクリニック

料金プラン

プラン名回数料金1回当たりの料金
VIO(ビューティ)8回92,800円11,600円
VIO(スムース)8回123,760円15,470円

アリシアクリニックのVIO脱毛は、毛を残して形を整える「ビューティ」と、ハイジニーナなど自分好みにしっかり脱毛できる「スムース」の2つのコースがあります。

スムースコースなら、他のサロン・クリニックがNGとする粘膜部分への照射が可能なので、介護に向けてしっかり脱毛をしたい人にはおすすめ。

アリシアクリニックは「8回コース」の他にも、「5回コース」「脱毛し放題」があるので、自分に合ったコースを選ぶことができます。

さらにコースの途中で解約をしても解約手数料が一切取られないので、例えば「8回コースを契約したけれど、6回で満足した」という場合は、解約して残り2回分の返金をしてもらうことも可能です。

湘南美容クリニック

料金プラン

プラン名回数料金1回当たりの料金
ハイジニーナVIO6回58,000円9,666円

湘南美容クリニックは、格安でVIO脱毛ができる数少ないクリニックです。脱毛サロン並みの価格で医療脱毛ができるので、料金を抑えたい人にはおすすめです。

「若い人が多く敷居が高い」と感じられることの多い脱毛ですが、湘南美容クリニックは性別を問わず幅広い世代の人が通っているので、初めて脱毛をする40代以上の方も安心して通うことができます。

湘南美容クリニックでは、万が一肌トラブルなどが起きた時でも、診察料やお薬代が無料。テスト照射も無料なので、医療脱毛を体験してみたい人にもおすすめです。

リゼクリニック

料金プラン

プラン名回数料金1回当たりの料金
VIOトライアル5回49,800円9,960円
VIOセット5回99,800円19,960円

幅広い年齢層に支持されているリゼクリニックは、お得にVIO脱毛ができるトライアルが人気です。

VIOトライアルは、リゼクリニックが初めての人限定のプランで、全5回のコースが通常価格よりも5万円も安く提供されています。ただし、トライアルは実施している院が限定されているので注意が必要です。

リゼクリニックでは最新のSHR脱毛(蓄熱式脱毛)ができる「メディオスターNeXT PRO」を使用しており、デリケートなVIOでも痛みを感じにくいのがメリット。他にも、「ライトシェアデュエット」「ジェントルYAG」と3台の脱毛機を使い分けるから、より高い脱毛効果が感じられます。

介護脱毛はできるだけ早くスタートさせよう!

「介護する側」「介護される側」のどちらにとってもメリットが高い介護脱毛。認知度はまだそれ程高くないものの、高齢化社会が進む中での将来への備えとして徐々に広まりつつあります。

「脱毛は敷居が高い」と感じる人もいるかもしれませんが、昔に比べ料金もリーズナブルになり、通う人の世代も幅広いので不安に感じなくても大丈夫ですよ。

誰でもいつ介護が必要になるか分かりません。いざという時に後悔しないために、また安心して将来を過ごすためにも、介護脱毛は早目のスタートをおすすめします。