脱毛部位について

iライン脱毛で後悔しない!範囲や効果/粘膜部分どこまで脱毛できる?

iライン脱毛

「Iライン脱毛をするメリットはあるの?」
「Iラインはどこまで脱毛すればいいの?」
「Iライン脱毛をして男性に引かれない?」

最近人気のVIO脱毛の中でも、特に悩みの多い部位「Iライン」。デリケートな部位だけあって、周りになかなか相談できないという人も多いのではないでしょうか?

今回は、Iライン脱毛のメリット・デメリットをはじめ、Iライン脱毛の効果や料金、注意点やおすすめのサロン・クリニックなど、Iライン脱毛に悩む方必見の情報をご紹介します。

Iライン脱毛の範囲は?

Iライン脱毛の範囲
Iラインとは?

「Iライン」は足の間、VラインとOラインの間に挟まれた女性器周辺の両サイドを指します。

一般的に、Vラインとの境目は正面から見える割れ目のあたり(ショーツのクロッチ前側の縫い目が目安)になります。この境目から、肛門を中心とした半径2~3センチのOライン部分の手前までがIラインになります。

サロン・クリニックによってIラインの範囲は違う

Iラインに含まれる女性器は、膣口周りのヒダ部分「小陰唇」とその外側のふっくらとした部分「大陰唇」に分けられますが、脱毛業界では小陰唇を「粘膜部分」と呼ぶことがあります。

大陰唇に関してはどのサロン・クリニックでも基本的に脱毛ができますが、小陰唇は非常にデリケートな部分であるため、必ずしも施術できるとは限りません。ちなみに、ほとんどの脱毛サロンでは粘膜部分への照射は行えません。

小陰唇自体に毛はほとんど生えていないため必ずしも照射の必要があるとは限りませんが、粘膜の部分までしっかり脱毛をしたいという人は、サロン・クリニックがどの範囲まで照射ができるのか事前に確認しておきましょう。

Iライン脱毛4つのメリット

生理時の不快感を軽減できる

生理中はナプキンがIラインを直接覆うため、どうしても蒸れやすくなります。さらに経血がムダ毛に付着すると雑菌も繁殖しやすく、ニオイやかゆみを引き起こすことに。

また、経血を綺麗に拭き取りたくても毛に絡み付いて取りづらく、こすりすぎてヒリヒリするなど肌に負担も掛けてしまいます。

Iライン脱毛をすれば、生理時の経血が毛に付着することもなく、よりナプキンに吸収されやすくなります。蒸れも軽減できるから、ニオイやかゆみも抑えることができます。
さらに肌がツルツルになれば、生理時の経血もサッと拭き取ることができて衛生的で、肌に負担も掛かりません。

不快感からも解消されるから、生理時でもアクティブに活動することができますね。

デリケートゾーンを衛生的に保てる

生理時だけでなく、Iラインは常に下着に覆われ通気性が悪いため、蒸れやすくなります。さらに、汗やおりもの、尿などの排泄物が付着しやすい不衛生な環境なので、ニオイや肌トラブルを招くことも。

ムダ毛がなくなれば排泄物が付着することもなく衛生的で、なおかつ蒸れも軽減することができます。

最近は「将来介護される時も衛生的」という考えから、Iライン脱毛をする40代以上の女性も増えています。

水着や下着からムダ毛が見える心配がない

普段は隠れていることの多いIラインのムダ毛も、露出の多い水着や下着を着る時はとっても気になるもの。どんなにオシャレをしても、水着や下着からムダ毛がはみ出していたら興ざめしてしまいますよね。

ムダ毛がはみ出ないように気にしていると、オシャレも思い切り楽しむことができません。
しかし、Iライン脱毛をしてムダ毛がスッキリなくなれば、露出の多い水着や下着も難なく着こなすことができます。

自分に自信も付いて、オシャレの幅もグッと広がりますよ。Iライン脱毛は男性ウケも良いので、パートナーも喜ぶこと間違いなしです!

危険な自己処理から解放される

Iラインは見えにくく凹凸が多い場所なので、どうしても自己処理に手間取り時間が掛かってしまいます。また、カミソリで剃っても2~3日もすれば再び生えてくるためチクチクし、かゆみが生ずることも。

非常にデリケートなIラインは他の部位に比べても傷がつきやすいため、自己処理はあまりおすすめできません。

脱毛をすれば、煩わしい自己処理から解放されるだけでなく、肌に傷を付ける心配もありません。自分で処理するよりもずっと綺麗なIラインを手に入れることができます。

Iライン脱毛2つのデメリット

他の部位に比べ痛みを感じやすい

一般的なフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、黒い色に反応をする光を照射して毛根にダメージを与えます。
Iラインは、トイレットペーパーや下着の摩擦によって黒ずみなどの色素沈着が起きていることも多く、施術時の光に強く反応をして痛みが強くなることも。

また、Iラインは元々皮膚がデリケートな上濃く太い毛が根深く生えているので、施術時に掛かる毛穴への負担が大きいことも痛みを強く感じる理由の1つです。

エステサロンよりもクリニックの方が脱毛効果は高いものの、その分痛みも強くなります。しかし、クリニックでは麻酔を使用する事もできるので、心配な方はクリニックで事前に相談しておくことをおすすめします。

恥ずかしさを感じることも

パートナーに見られるのも恥ずかしいIライン。いくら女性だからと言って、サロンやくりにっくのスタッフに見られるのには抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。

実際Iライン脱毛は範囲が狭いので、施術の所要時間も5~10分ととてもスピーディー。さらに施術直前までタオルなどで覆われていることがほとんどなので、恥ずかしいと思うまもなく終了します。

スタッフは毎日多くの施術を行うプロでもあり、同じ女性でもあります。恥ずかしいという気持ちも十分理解しているので、安心して施術をお任せして大丈夫ですよ。

Iライン脱毛にかかる回数・期間

Iライン脱毛は、どのような仕上がりにするかによって脱毛に掛かる回数・期間も違います。また、サロンとクリニックによっても大きく変わってきます。

状態 減毛率 サロン クリニック
自己処理の回数が減る 40% 6回
(1年)
3回
(半年)
自己処理がほとんど必要のない状態
(若干残る程度)
80% 12回
(2年)
5~6回
(1年)
自己処理が不要
(ツルツル)
95% 18回以上
(3年以上)
8~10回
(1年半~2年)

Iラインは色素沈着が起こりやすい部位である事、毛が濃く密集して生えていることなどから、他の部位に比べても脱毛完了までに時間が掛かってしまいます。

脱毛には個人差がありますが、若干残す程度であれば、サロンで12回、クリニックで5~6回、完全にツルツルにするのであれば、サロンで18回以上、クリニックで8~10回が施術の平均的な回数となります。

サロンとクリニックでは効果に圧倒的な違いがありますが、クリニックの方が施術時の痛みが強く、料金も若干割高になります。どちらにもメリット・デメリットはあるので、何を重視したいかによって、サロン・クリニックを選ぶと良いでしょう。

Iライン脱毛にかかる料金

脱毛サロンの相場

大手脱毛サロンのIラインの部位脱毛料金は次のようになります。

サロン名 分類 セット料金例 1回あたりの料金
ミュゼ S 27,000円/12回 2,250円
銀座カラー スタンダード 42,000円/8回 5,250円
脱毛ラボ M 3,000円
ストラッシュ S 32,010円/12回 2,667円
ディオーネ S 42,000円/12回 3,500円
エピレ L 49,800円/12回 4,150円
RINRIN S 14,800円/12回 1,233円

※全て税抜

部分脱毛は通常、パーツの大きさによって料金が異なります。

Iラインは、サロンによって扱い方も大きく違い、ミュゼやストラッシュでは小さいパーツとして扱われるのに対し、銀座カラーやエピレでは大きいパーツとみなされます。その結果料金にも大きな違いが生じてくるのです。

Iライン脱毛1回当たりの料金を比較すると、相場価格はおよそ3,000~4,000円になります。

クリニックの相場

大手クリニックのIラインの部位脱毛料金は次のようになります。

クリニック名 分類 セット料金例 1回あたりの料金
レジーナクリニック 45,000円/5回 4,950円
アリシアクリニック ビューティ 39,600円/8回 4,950円
スムース 59,400円/8回 7,425円
リゼクリニック 39,800円/5回 7,960円
湘南美容クリニック Sパーツ 28,750円/6回 4,791円
クレアクリニック 56,700円/8回 7,087円
フェミークリニック 40,000円/5回 8,000円
KMクリニック 45,000円/5回 5,625円

※フェミークリニック、KMクリニックは税抜表示

クリニックのIライン脱毛の相場価格は1回あたり6,000~7,000円程度になり、脱毛サロンの倍近くの料金が掛かります。
しかし中には脱毛サロンとほぼ同じ価格帯のクリニックもあり、よりお得にIライン脱毛をすることもできます。

Iライン脱毛の格好・体勢

Iライン脱毛の格好

Iライン脱毛の際、「長時間下半身を露出するのでは?」と心配される人も多いと思いますが、施術直前までIラインが露出されることはありません。

多くのサロン・クリニックでは、施術の前に紙ショーツに履き替えてガウンを着用します。
紙ショーツはノーマルタイプ以外にも、Tバックタイプ、サイドが紐のタイプなど様々なものがあります。中には、自分でTバックのショーツを持参するところも。

ショーツを着用している場合のほとんどは、ショーツをずらしながら施術を行います。
ショーツを着用しないサロン・クリニックもありますが、直前までタオルで隠されているので、恥ずかしさを感じることはほとんどありません。

Iライン脱毛の体勢

Iラインの施術はベッドに仰向けに寝て行いますが、施術しやすいように足を開く必要があります。

足はまず片方のヒザを立て、そのヒザを外側に倒し「く」の字の状態にします。くの字に足を曲げている方のIラインの施術を行った後、反対側の足も同じように曲げて施術を行います。

初めは恥ずかしさを感じるかもしれませんが、回数を重ねていくうちに徐々になれて恥ずかしさもなくなってきます。施術は5~10分程度と短いので、あっという間に終わりますよ。

Iライン脱毛に関するQ&A

おりものが多いのですが、Iライン脱毛はできる?

デリケートゾーンの悩みは誰もが持っているものです。中にはおりものが多く、Iラインの脱毛ができるのか不安に感じている方もいるでしょう。

結論から言うと、おりものが多くても脱毛することはできます。おりものは女性なら誰にでも起こる生理現象で、体質や体調、また生理周期によって量も変化するため、特に気にする必要はありません。

スタッフは毎日多くの女性のデリケートゾーンを施術しています。プロ意識を持って仕事をしているので、おりものが多くても特に気にしていません。
何よりスタッフも同じ女性です。デリケートゾーンの悩みは分かってくれているので、心配しなくて大丈夫ですよ。

「それでも気になる」という人は、次の事を試してみてください。

  • 出掛ける直前にシャワーを浴びておく
  • 施術前に綺麗に拭いておく
  • 排卵期の脱毛は避ける
  • ジェルを使用するサロンやクリニックを選ぶ

施術は5~10分程度で終わります。Iラインは痛みを感じやすいこともあり、おりものの事を気にしなくてもあっという間に施術が終わってしまいますよ。

脱毛をしたらおりものが増えた気がするのですが?

実際、Iライン脱毛をしたらかといっておりものが増えるようなことはありません。

Iライン脱毛をした後おりものが増えたように感じる人もいますが、これは毛が無くなったことによって今まで毛に絡みついていたおりものが、下着やおりものシートに付着しやすくなったことが原因です。デリケートゾーンの脱毛とおりものの量は全く関係ありません。

逆に「おりものが増えたかも」と心配するストレスがおりものの量に悪影響を及ぼす恐れがあるので、過度に心配しないでおりものシートなどで上手に対応をしてくださいね。

黒ずみがあるけどIライン脱毛はできる?

一般的にフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、黒い色に反応をする光を照射して毛乳頭に熱ダメージを与えて脱毛を行います。酷い黒ずみがある場合、施術時の光に反応してしまうため脱毛NGとなることも。
しかしよほど黒い色でない限り、出力レベルを下げることはあっても施術を断られることはありません。

また、黒ずみが気になる人は、肌の色に左右されない脱毛が行えるサロン・クリニックを選ぶのも1つの対策方法になります。

サロンでは最新の「SHR脱毛(蓄熱式脱毛)」が行えるストラッシュや、肌に優しいハイパースキン法が有名なディオーネがおすすめです。

またクリニックでは、SHR脱毛機「ソプラノアイスプラチナム」を採用しているレジーナクリニックや、SHR脱毛機「メディオスターNeXT PRO」と黒ずみがあっても安全に脱毛できる「ジェントルYAG」を採用しているリゼクリニックがおすすめです。

元々、Iラインは下着の摩擦で黒ずみやすくなっているため、全く黒ずみがない人はほとんどいません。神経質になる必要はありませんが、気になる人はカウンセリングで相談をしてみてくださいね。

SHR脱毛
SHR脱毛は永久?口コミでも話題の効果や回数などを徹底解説脱毛というと「痛い」「時間がかかる」というイメージをお持ちの方も多いですよね。 脱毛サロンで主流となっているIPL脱毛やSSC脱毛は痛...

Iライン脱毛3つの注意点

Iライン脱毛をするならVOラインも一緒がおすすめ

Iラインの脱毛を考えているのであれば、Vライン・Oラインの脱毛も同時に行うことを強くおすすめします!

せっかくIラインを綺麗にしても、VOラインのムダ毛が残っていると逆に不自然になってしまいます。さらにVIO全ての脱毛をした方がずっと衛生的です。

Iラインを綺麗にするとVOラインのムダ毛も気になってくるもの。Iラインが終わってからVOラインに手を付けるとなると、脱毛完了まで時間が掛かってしまいます。料金もVIOセットで契約するほうがずっとお得でおすすめですよ。

Vラインとの境目に注意する

「Vラインは毛を残したいけど、Iラインはツルツルにしたい」という人に、特に注意して欲しいのが「Vラインとの境目」です。

VラインとIラインの境目は、ちょうどショーツのクロッチ部分前側の縫い目あたりになります。この境目でIラインを完全に無毛にしてしまうと、前から見た時に割れ目部分が見えてしまう可能性があります。

Iラインは毛を残すメリットが少ないので無毛を希望する人も多いですが、Vラインを残す場合は要注意!VIOにも個人差があるため、必ずしも割れ目が見えるとは限りませんが、安易にツルツルにすると後悔する事になるかもしれません。

おすすめは、Iラインを完全に無毛にするのではなく、Vラインから繋がる部分だけ毛を残し、割れ目に向けて徐々に細くしていくデザインです。Vラインの延長にIラインを作るイメージで行うと、自然に仕上がります。

脱毛をすると元に戻すことはできません。VIO脱毛で後悔しないためにも、スタッフにしっかり相談をして理想の形に近づけてくださいね。

Iラインの照射範囲をしっかりチェックする

Iラインのムダ毛の生え方にも個人差があります。中には「Iラインの粘膜部分までしっかり脱毛をしたい」という人もいるのではないでしょうか。

先ほどもお話した通り、粘膜部分の対応は各サロン・クリニックによって様々です。脱毛サロンで粘膜部分まで脱毛できるところはほとんどないので、粘膜部分までしっかり脱毛したいのであれば医療脱毛クリニックがおすすめです。

クリニックなら粘膜部分(小陰唇)への照射が可能なところもあります。参考として、大手サロン・クリニックの粘膜部分の対応例をみてみましょう。

サロン・クリニック名 粘膜部分の対応
ミュゼ 粘膜の周囲1ミリ程度が限界
ストラッシュ 毛のあるところの際(粘膜ギリギリ)までOK
ディオーネ 毛のあるところの際(粘膜ギリギリ)までOK
リゼクリニック 粘膜部分(小陰唇の内側)までOK
アリシアクリニック スムースコースなら粘膜部分までOK
クレアクリニック 粘膜ギリギリまでOK(粘膜はNG)
湘南美容クリニック 粘膜ギリギリまでOK(粘膜はNG)

脱毛サロンの中では、Iラインの照射範囲が広いのがミュゼ・ストラッシュ・ディオーネです。しかし、粘膜部分まで行うことはできません。

クリニックも基本的に粘膜照射不可のところが多いですが、リゼクリニックは小陰唇の内側までOKと脱毛範囲が広く、アリシアクリニックも「粘膜まで」OKと公言しています。

Iライン脱毛おすすめサロン

SSC方式で痛みの少ない脱毛が可能「ミュゼプラチナム」

部位:Iライン(Sパーツ)

料金例

フリーセレクト美容脱毛コース
Sパーツ
 レギュラープラン:18,000円(8回)※1回あたり2,250円
 デイプラン:15,000円(8回)※1回あたり1,875円

ハイジニーナ7(Iラインを含むデリケートゾーン7ヶ所)
 レギュラープラン:54,000円(6回)※1回あたり9,000円
 デイプラン:45,000円(6回)※1回あたり7,500円

※アプリダウンロード価格(通常価格は2倍)

ミュゼプラチナムには、部分脱毛がお得にできる「フリーセレクト美容脱毛コース」があり、相場よりも安く脱毛をすることができます。

フリーセレクト美容脱毛コースは平日日中に施術を行うととてもお得になる「デイプラン」と、通常のレギュラープランの2つのプランがあります。
またミュゼ専用アプリをダウンロードすると、通常価格から半額になるのでさらにお得です。

また、デリケートゾーン7ヶ所をまとめて脱毛できるハイジニーナ7もおすすめです。VIOが一気に綺麗になりますよ。

ミュゼでは施術にジェルを使用するSSC脱毛を行っており、痛みを軽減できるだけでなく、Iラインが濡れたら心配という人でも安心して施術を受けることができます。
さらにIラインも粘膜の際まで行ってくれ、他のサロンと比べても施術範囲は広めです。

肌に優しいハイパースキン法で際まで照射OK「ディオーネ」

部位:ビキニIライン(Sパーツ)

料金例

Iライン部位脱毛
 全12回コース:42,000円 ※1回あたり3,500円

ハイジニーナコース(VIO全て処理)
 全12回コース:120,000円 ※1回あたり10,000円

semiハイジニーナコース(VIO希望の形に)
 全12回コース:96,000円 ※1回あたり8,000円

一般的なフラッシュ脱毛は、毛根に含まれるメラニン色素に反応する光を照射し、発生した熱エネルギーで毛乳頭にダメージを与える脱毛方法ですが、ディオーネのハイパースキン法はバルジ領域で生成される発毛因子(毛の種)に低温でダメージを与える脱毛方法なので、肌に優しく、Iラインに黒ずみがあっても痛みを感じることなく脱毛ができます。

ディオーネのIライン脱毛は相場並みですが、他のサロンと違うのは粘膜ギリギリまで照射が可能な点です。

また、手の届きにくいIラインはシェービング補助も付いているので、事前処理ができなくてもOK。ストレスなくサロンに通うことができます。

Iライン脱毛おすすめクリニック

粘膜部分までしっかり脱毛したいなら「アリシアクリニック」

部位:Iライン

料金例

Iライン部位脱毛(ビューティ)
 全8回:39,600円 ※1回あたり4,950円
 脱毛し放題:52,800円

Iライン部位脱毛(スムース)
 全8回:59,400円 ※1回あたり7,425円
 脱毛し放題:79,200円

VIO脱毛セット(ビューティ)
 全8回:92,880円 ※1回あたり11,610円
 脱毛し放題:118,800円

VIO脱毛セット(スムース)
 全8回:123,760円 ※1回あたり15,470円
 脱毛し放題:165,000円

アリシアクリニックのIライン脱毛には、「スムース」と「ビューティ」の2つのプランがあります。

「スムース」は粘膜部分まで照射が可能なのに対し、「ビューティ」は足の付け根から2.5センチ内側部分までと脱毛範囲が異なります。
ちなみにVラインも、スムースは自由に脱毛できるのに対し、ビューティは規定の逆三角プレートからはみ出た部分のみの脱毛となります。Oラインに関してはどちらのプランも肛門周囲半径3センチと同じです。

アリシアクリニックでは、どのような形に仕上げたいかによって「スムース」「ビューティ」を選ぶことができます。またコースも全8回の他、脱毛し放題もあるから、完了までに時間のかかるIラインもしっかり脱毛ができます。

脱毛機はダイオードレーザーの「ライトシェア・デュエット」と「メディオスターNeXT PRO」を使用。痛みが少なく効果の高い脱毛が可能です。

3台の脱毛機で高い効果が得られる「リゼクリニック」

部位:Iライン

料金例

Iライン部位脱毛
 全5回:39,800円 ※1回あたり7,960円

VIO脱毛セット
 全5回:99,800円 ※1回あたり19,960円

リゼクリニックではIラインの部分脱毛だけでなく、お得にVIO脱毛ができるセットプランも用意されています。
学割、ペア割、のりかえ割など割引制度も充実しており、さらにお得に脱毛ができます。

リゼクリニックでは「ライトシェア・デュエット」「メディオスターNeXT PRO」「ジェントルYAG」の3つの脱毛機を使用しており、痛みを軽減し効果の高い脱毛を行うことができます。
照射は粘膜部分まで可能なので、しっかり脱毛をしたい人にもおすすめです。

万が一肌トラブルが起きても、リゼクリニックでは診察料はもちろんお薬代も無料。アフターケアまで充実しているから、安心して脱毛ができますね。

自己処理を卒業し綺麗なIラインを手に入れよう!

Iライン脱毛をすれば水着や下着などのオシャレを楽しめるようになるだけではなく、生理時のニオイや不快感などデリケートゾーンの悩みも解決する事ができます。
部位が部位だけに、なかなか脱毛に踏み切れないという方も多いですが、そのままにしておくよりも断然脱毛がおすすめです。

他の部位に比べ、痛みや恥ずかしさが若干あるかもしれませんが、回数をこなすうちに徐々に慣れてきますよ。

また、Iライン脱毛をするなら、VOも一緒に脱毛すればよりデリケートゾーンの悩みも解消されます。まとめて脱毛して、綺麗なVIOラインを手に入れましょうね。

こんな記事もおすすめ