全身脱毛の疑問

妊娠したら全身脱毛できないの?妊娠しても安心の脱毛サロンはこう選ぶ!

妊娠したら全身脱毛できないの?

脱毛サロンへ通っている途中で、妊娠をしたらどうしたら良いでしょうか?
脱毛には長い年月が掛かります。女性なら途中で妊娠するということも十分あり得ますよね。もし途中で妊娠をした場合脱毛を続けることはできるのでしょうか?
脱毛の途中で妊娠した時の対応法、これから妊娠の可能性のある方の脱毛サロンの選び方など詳しくご紹介します。

妊娠中の全身脱毛は基本的にNG

せっかく通い始めた脱毛サロン、「妊娠を機に諦めるなんてもったいない」と思われるかもしれません。しかしほとんどの脱毛サロンでは、妊娠中の脱毛は行っていません。それにはいくつか理由が上げられます。

脱毛NGの理由とは?

脱毛の効果が薄い

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを守るために様々なホルモンが増加します。そのため普段よりも体毛が濃くなる方も。特にお腹や腕・足、背中の毛は、妊娠すると徐々に濃くなります。ホルモンバランスが崩れた妊娠中に脱毛を行っても、効果が薄くなってしまいます。

肌トラブルを起こしやすい

妊娠中は肌もデリケートな状態になっているので、些細なことでも肌トラブルを招きます。エステサロンの脱毛は肌に優しいものの、妊娠中の方には刺激が強いため、普段以上に肌トラブルにつながりやすくなってしまいます。

体調を崩しやすい

個人差もありますが、妊娠中は体調の変化が起こりやすい時期です。つわりで悩まされる方、貧血やめまいを起こしやすい、お腹にハリを感じるなど急に体調の不良を感じることもあるでしょう。些細なことでも体調を崩す恐れがあります。

脱毛の体勢が辛い

妊娠中期を過ぎてくると、徐々にお腹が大きくなってくるので、長時間同じ体勢を取るのが難しくなってきます。妊娠後期になると、仰向けに寝ることすら苦痛に感じる方も多く、脱毛をするための体勢も苦しくなります。

脱毛サロンの本音と建前

妊娠中に脱毛がNGの理由はたくさんありますが、脱毛サロンが最も恐れているのは、「もし赤ちゃんに何かあっても責任が取れない」というところです。
「フラッシュ脱毛は安全」とは言っているものの、実際妊婦さんと赤ちゃんに悪影響があるかどうか調査をしたわけではありません。さらに、ほんの些細なことでも影響を受けやすい妊娠中に脱毛をして、それが原因で赤ちゃんに何かあったとしても脱毛サロン側は責任を負えません。
「少しでも安全性が不確かなことはしない」というのがほとんどの脱毛サロンの考え方なのです。

全身脱毛の途中に妊娠したらどうすれば良いの?

脱毛サロンに通っている途中で妊娠が判明した場合、すぐサロンにその旨を伝えましょう。ほとんどのサロンではその時点で脱毛はお休みとなります。次回の脱毛予約を入れているという方も、妊娠が判明した時点でキャンセルをしましょう。

その後の対応は、契約しているサロンやコースによって異なります。

休会制度がある場合

脱毛サロンやコースに休会制度がある場合、妊娠がわかった時点で休会扱いにすることができます。休会したい場合、期限無制限のコースであっても必ず連絡が必要です。
休会制度を利用すれば出産後、落ち着いてからまた脱毛をスタートすることができます。

休会制度がない場合

通っている脱毛サロンに休会制度がないという場合、思い切って脱毛に一区切りつけるのがお勧めです。出産後に再び「続きから脱毛をしたい」と考えた時、同じサロンで再スタートもできますが、乗り換え割引を行っている脱毛サロンへ乗り換えるのもお勧めです。料金もオトクで、今まで行った脱毛も考慮に入れてもらえることも。

契約途中で妊娠が判明したら、上記のような対応方法があります。
もし、「これから妊娠をしたい」「妊娠する可能性もある」という方でしたら、あらかじめ休会制度があるサロンを選んでおけば、万が一の時も安心ですね。

妊娠の予定がある方にオススメ!全身脱毛サロンの休会制度

休会できるオススメ脱毛サロン3つ

銀座カラー
銀座カラーでは、妊娠などで1年以上通えない場合に休会制度を設けています。但し、「脱毛し放題コース」の方は注意が必要です。脱毛し放題コースは期間無制限なので「連絡しなくてもOK」と思うかもしれませんが、7回目以降のお手入れの場合、前回から1年以上期間が開くと脱毛完了とみなされてコース契約が終了してしまいます。どのコースでも事前に申請をすればしっかり休会できるので、妊娠が判明したら必ず連絡をしましょう。

ミュゼプラチナム
ミュゼでは妊娠などでお休みをしたい場合、最後の施術日から最大5年間の休会が可能です。お休みする場合は、連絡が必ず必要です。ミュゼの場合、妊娠中はもちろんですが授乳中も脱毛が行えないので注意が必要です。

シースリー
シースリーでは元々契約に期限がありません。全身脱毛無制限コースはもちろん、回数制限のあるコースも契約回数分は無制限で保証をしてくれます。妊娠がわかった時点で連絡をすれば休会扱いとなり、いつでも再スタートが可能です。

再開する際に気をつけること

休会制度を設けている脱毛サロンでも、期間無制限のところと期限付きのところがあります。脱毛サロンを選ぶ際には休会期間の長さもポイントになります。出産までは1年足らずですが、産後の生活は想像以上にハードです。小さな赤ちゃんを預けてすぐに脱毛をスタートすることは、現実的に考えても難しいです。

多くのサロンでは「出産後、生理が安定してから脱毛ができる」としていますが、中には授乳中も脱毛ができないサロンもあります。授乳は多くの方が1歳前後まで行いますが、中には2~3歳になるまで授乳をされる方もいます。

休会制度のある脱毛サロンを選ぶ時は、十分に休会期間があるところ、もしくは期間無制限のところを選ぶと安心です。また、脱毛再開が可能な時期もサロンによって違うので、確認が必要です。

全身脱毛サロンの乗り換え

乗り換え割引があるオススメ脱毛サロン3つ

キレイモ
キレイモでは乗り換えの場合、最大5万円の割引を受けることができます。乗り換えの条件は前サロンの契約形態で異なります。回数制やパック制を契約していた方の場合「施術回数が全て消化されていないこと」、それ以外のコースを契約していた方場合は「最終来店日がキレイモの契約から1年以内」となります。

脱毛ラボ
脱毛ラボでは他サロンから乗り換えの場合、3万~5万円の割引を受けることができます。他のサロンでどのようなプランを組んでいたとしても乗り換え割引を受けることができますが、「脱毛ラボでパックプランを契約する」という条件があります。月額制パック脱毛プランには適用されません。

恋肌
恋肌ののりかえ割では1万~5万円の割引を受けることができます。「全身脱毛55部位のパックプランへの乗り換え」が条件となります。月額制は割引対象外です。パックの回数によって割引率が変わります。

乗り換えをする際に気をつけること

乗り換え割引利用する際には、前サロンの解約手数料を意識して乗り換え先を決めることをオススメします。

前サロンを途中で解約する場合、多くのサロンではコース残金の10%(最大2万円)を解約手数料として引き、残りを返金してくれます。つまり、前サロンに最大で2万円の手数料を支払わなくてはならないので、最低でも解約手数料分の乗り換え割引を受けたいところです。

乗り換え割引はキャンペーンで行われていることが多く、その料金も都度変動します。ぜひお得なサロンをぜひ選んでくださいね。

妊娠中の自己処理はどうするの?

「妊娠中や産後脱毛サロンへ通えないなら、ムダ毛の処理はどうしたらいいの?」と思いますよね。脱毛サロンへ通うことができるのは産後しばらく経ってからなので、その間のムダ毛の状態が気になるところです。
本当であれば、妊娠中や産後はホルモンバランスも崩れ、肌も荒れやすいので自己処理もできるだけ避けることが望ましいですが、方法を選べば自己処理も可能です。
妊娠・産後にムダ毛処理をするなら、オススメは電動のフェイスシェーバーです。フェイスシェーバーは元々顔の産毛などを剃るために作られているので、肌に優しい造りになっています。自己処理の中では最も肌に負担が少ないので、気になる部分はフェイスシェーバーで処理をすることをオススメします。
自己処理後は忘れずに保湿をしっかりと行ってくださいね。

妊娠しても全身脱毛は再開できる

妊娠中は脱毛をすることはできませんが、休会制度や乗り換え割引を利用するといった対処法があります。一旦脱毛はお休みすることにはなりますが、せっかく途中まで通ったのだからしっかり脱毛を完了させたいですよね。

これから脱毛サロンを選ぶという方、今後妊娠の可能性があるのなら無期限に休会できるサロンを選ぶことをオススメします。産後、ゆっくり自分の時間を持てるようになってから再スタートしても、決して遅くありませんよ。

できたら妊娠前に脱毛を終えることが望ましいですが、もし妊娠しても対処方法はたくさんあるので安心してくださいね。

ABOUT ME
みらえぴ編集部
みらえぴ編集部
中の人です!小学生の時にムダ毛との戦いがスタートしてはや○○年(笑) 脱毛で失敗しすぎた私だからこそ、少しでも脱毛で悩んでいる人のお手伝いができると思います。 脱毛初心者でも分かりやすいサイトを目指して日々脱毛知識をアップデート中♪