全身脱毛の疑問

子供でも全身脱毛ができる!?脱毛でお子さんの悩みをスッキリ解消しよう

キッズ脱毛

「ムダ毛のないスベスベの肌になりたい」と思うのは、大人だけではありません。今は子供もムダ毛に対する意識が高まっています。
お母さんが思っている以上に、お子さんのムダ毛の悩みはデリケートです。友達にムダ毛を指摘され落ち込むことや、中には強いコンプレックスを感じるお子さんも。そんなムダ毛の悩み、脱毛サロンで解消してあげませんか?

今はお子さんでも脱毛ができるサロンがあります。安心して脱毛をするために、お子さんの脱毛の注意点やオススメサロンなどご紹介します。

今はムダ毛に対する意識も高まっている

ムダ毛は気になりますか?↓
子供のムダ毛に対する意識

かつてお母さん世代が小学生の頃、ムダ毛は気になっても、お手入れをしたという方はほとんどいないでしょう。中学生頃になると徐々にムダ毛を意識し、カミソリなどで初めて自己処理をしたという方もチラホラ出始め、本格的に脱毛を意識したのは大人になってからという方がほとんどだったと思います。

今の子供たちは昔に比べて成長も、オシャレに目覚める時期も早く、小学生の頃からムダ毛何とかしたいと思い悩んでいます。昔に比べ、ムダ毛に対する意識を持つ時期も早まっているのです。

脱毛サロンも日々進化を遂げています。10年くらいまでは「全身脱毛は高い」というイメージが定着していました。最近は脱毛機の進化などにより、施術に掛かる料金も安く安全性も高くなって、脱毛もグッと身近に感じられるようになりました。肌に優しくお子さんでも脱毛をできるサロンが登場し、脱毛もより身近に感じるようになっています。

お子さんのムダ毛はどう処理する?

「子供のムダ毛を何とかしてあげたい」と思うとき、最初に自宅で処理をしてあげようと思われる方も多いですよね。子供でもできるムダ毛の自己処理方法はあるのでしょうか?

子供の自己処理はとても難しい

カミソリ

カミソリは手軽にムダ毛処理ができますが、すぐにまた生えてくるので頻繁に処理が必要な上、肌の角質層まで削り落としてしまいます。ただでさえ薄い子供の肌にはカミソリは刺激が強く、肌の乾燥や黒ずみなどの色素沈着を引き起こすことも。

除毛クリーム

ムダ毛を溶かして処理するので、痛みもなくお子さんでも簡単にムダ毛処理ができます。但し薬品を使うため、デリケートなお子さんの肌には合わないことも。肌荒れなどのトラブルを起こす可能性があります。

抑毛ローション

抑毛ローションには、徐々に毛を細く薄くしてくれるという効果があります。肌に優しい成分でできているので、お子さんでも安心して使えるものも多いですが、価格が若干高いというデメリットも。さらに、使用をやめると再び毛が濃くなることもあります。

シェーバー

自己処理の中では、最も肌に負担がありません。カミソリのように直接肌に触れることもないから、肌の角質層を傷付ける可能性も低くなります。しかしシェーバーではまたすぐに毛が目立つようになるため、頻繁に処理をしてあげなくてはなりません。

子供にベストなムダ毛処理は「脱毛」

子供の肌は大人に比べて皮膚が薄く、外からのダメージも受けやすい状態です。そのため自己処理をするとどうしても肌を傷付けてしまいます。
デリケートな肌をもつお子さんに最適なムダ毛処理の方法は「脱毛」です。脱毛と聞くと「痛い」「肌を傷付けそう」という印象があるかもしれませんが、今は脱毛技術も進化しているので、お子さんのようなデリケートな肌でも痛みもなく、安全に脱毛をすることができるんです。間違った自己処理で何度も肌を傷付けるよりも、ずっと肌に優しいんですよ。

子供でも安心の脱毛サロンはどう選ぶ?

脱毛サロンはたくさんあり、施術方法もサロンの特徴もそれぞれ異なります。お子さんのために脱毛サロンを選ぶ時、以下のポイントを特に重視しましょう。

  • 肌へのダメージが少ないこと
  • 痛みがすくないこと
  • 効果を早く感じられること
  • 子供の脱毛に実績があること

脱毛できるといっても、お子さんの肌はとてもデリケート。せっかく脱毛をしたのに肌荒れなどのトラブルがあっては本末転倒です。また、ストレスなく脱毛をするためにも、痛みの強いものは避けたいものです。
効果を重視するのはもちろんですが、大切なのは子供の肌に負担を与えないこと。そのためにも、子供の脱毛に実績があるサロンを選ぶと安心です。

子供にイチオシの脱毛サロン「ディオーネ」

お子さんの脱毛に一番オススメしたいサロンは「ディオーネ」です。3歳から通える脱毛サロンとして、テレビや雑誌などでも取り上げられています。子供脱毛の歴史も10年以上と実績もあり、ドクターサポートも付いている安心のサロンです。

肌に優しい「ハイパースキン法」を採用

多くの脱毛サロンで行われている脱毛は、毛根部分のメラニン色素に熱による大きなダメージを与えて毛を生えにくくするという方法のため、どうしても肌に負担が大きく、痛みも感じやすくなっています。

ディオーネでは他のサロンとは全く異なる「ハイパースキン法」という脱毛方法を採用しています。従来の脱毛がメラニン色素をターゲットにしているのに対し、ハイパースキン法では「毛の種」をターゲットとしており、体温とほぼ同じ38度の特殊な光を毛の種に当てて発毛を予防します。低温の光だから肌にやさしく痛みも少ないため、お子さんや敏感肌の方でも安心です。

脱毛の効果を実感するのが早い

毛には「成長期→退行期→休止期」という毛周期があり、これを繰り返して生え変わっています。従来のメラニン色素にダメージを与える脱毛方法は毛周期の「成長期」に合わせて脱毛を行うため、2~3ヶ月ごとに施術を行います。一方ハイパースキン法では毛周期の「休止期」に合わせて脱毛を行うため、施術は1ヵ月ごと、最短2週間で行うことができます。脱毛の効果をより早く感じることができるんですよ。

日焼け肌でも脱毛OK

今までの脱毛は、脱毛をしている間は日焼けをすることがNGでした。これは脱毛機がメラニン色素に反応をするという特徴があるため、日焼けをした肌に脱毛をすると肌トラブルを引き起こす可能性があったからです。ハイパースキン法はメラニン色素に関係ないので、日焼けをした肌にも脱毛ができます。脱毛中も毎日外で思い切り遊べますね。

脱毛できる年齢にバラつきがあるのはなぜ?

子供の脱毛サロンとしてオススメのディオーネは3歳から脱毛が可能です。他にも子供の脱毛が可能なサロンとしては、「エピレ」、「脱毛ラボ」があります。エピレは7歳から、脱毛ラボは12歳から脱毛が可能です。他のサロンは高校生以上になってからの脱毛を推奨するところが多くなっています
脱毛をスタートできる年齢が各サロンによってバラつきがあるのには理由があります。

脱毛方法が違うから

ディオーネでは毛の種に作用する光を照射する「ハイパースキン法」なのに対し、エピレや脱毛ラボではメラニン色素に作用をする「SSC脱毛」です。SSC脱毛はジェルと光の相乗効果で脱毛をするので肌へのダメージが少ないものの、少なからずメラニン色素には反応をします。ハイパースキン法の方が熱量も少なく肌へのダメージがほとんどないので、3歳から脱毛ができるんです。

ホルモンバランスが不安定だから

発毛とホルモンバランスは密接に関係しています。小さなお子さんの場合、まだ毛周期もホルモンバランスも整っていません。今はムダ毛が濃いというお子さんでも、成長期を過ぎると薄くなることや、逆に濃くなるということもありえます。ホルモンバランスが不安定な状態で脱毛を行っても、また生えてくることもありえます。こうした理由から、生理が始まりホルモンバランスが安定してからの施術を推奨するサロンも多いんです。

子供の全身脱毛はココに注意

お子さんの全身脱毛をする際に注意すべきなのは、「今脱毛をしてもまた生える可能性がある」というところです。子供の全身脱毛といっても料金は大人と同じ位掛かるので、金銭的な負担も多くなります。できるだけリスクを避けたいという方は、部分脱毛にするというのも選択肢の一つです。
また、脱毛後のお手入れも大人以上に注意をしなくてはなりません。お子さんの肌はとてもデリケートで、一見何もないようでも大きなダメージを受けています。お子さん一人ではケアも行き届きませんので、お母さんが注意してあげてくださいね。

脱毛でお子さんのムダ毛の悩みを根本から解消

いかがでしたでしょうか?
小さなお子さんにとって、ムダ毛の悩みはなかなか打ち明けにくいものです。コンプレックスに悩まないためにも、お母さんがしっかりとケアしてあげることが大切です。その選択肢の一つとして、根本から悩みを解決でき脱毛はとてもオススメなんですよ。
お子さんの脱毛は安全と言っても、リスクが全くないわけではありません。より安心安全なサロンを選んで、お子さんの悩みを解消してあげてくださいね。

ABOUT ME
みらえぴ編集部
みらえぴ編集部
中の人です!小学生の時にムダ毛との戦いがスタートしてはや○○年(笑) 脱毛で失敗しすぎた私だからこそ、少しでも脱毛で悩んでいる人のお手伝いができると思います。 脱毛初心者でも分かりやすいサイトを目指して日々脱毛知識をアップデート中♪