全身脱毛の疑問

水着を着るならどこを脱毛するの?夏に間に合わせるためにはいつから脱毛するの?

脱毛で水着を着れる体に

夏といえば海やプール!可愛い水着で思いっきり楽しみたいですよね。

綺麗な水着姿の大敵となるのが「ムダ毛」です。パートナーにムダ毛を見られてガッカリされないためにも、しっかりムダ毛の処理をしておかなければなりませんよね。

水着を着る前に必ずムダ毛処理をしたい部位といえば「ワキ」や「Vライン」をイメージしますが、それだけでは不十分。全身に渡ってしっかりケアをする必要があるんですよ。

今回は、水着を綺麗に着こなすために必ずムダ毛の処理をしておきたい部位と、おすすめのムダ毛対策法をご紹介します。

水着を着る前にはココを脱毛しよう!

水着は普段洋服で隠れている部分も露出するので、いつも以上にムダ毛のケアも丁寧に行わなければなりません。そこで水着を着る前にムダ毛の処理をしておきたい部位をご紹介します。

ワキ

ワキは水着を着る時だけでなく1年中ツルツルでありたい部位です。自己処理を頻繁に繰り返すことにより肌がダメージを受け黒ずんでいることも多いので、ムダ毛の処理だけでなく黒ずみ対策もしっかり行いましょう。

VIO

ビキニからムダ毛がはみ出すなんてことは、絶対にあってはなりません!特に濃く太い毛が生えているので、ムダ毛が残っていると目立ってしまいます。VラインだけでなくIライン、Oラインの処理も、綺麗にビキニを着こなすためには大切です。

腕にはあまり濃い毛は生えていないという人が多いものの、明るい日差しの下では薄い毛でも目立ってしまいます。特に二の腕は普段ケアすることも少ない場所なので、細かい産毛がしっかり生えていることも。

脛(スネ)は普段から処理をする人も多いですが、隠れていることが多い太もものムダ毛には要注意!特に太ももの裏など見えにくい場所の処理を忘れないようにしましょう。また裸足になる時に目立つ足の指のムダ毛もしっかり処理しましょうね。

お腹

普段ほとんどケアすることのないお腹。しかし、ビキニを着るとバッチリ見られてしまいます。お腹には毛が生えていないように思うかもしれませんが、細かい産毛がしっかり生えています。皮膚が薄い部位なので自己処理をする際には注意が必要です。

背中

背中は普段自分の目で見ることもないので、放置しがちです。けれどもムダ毛がびっしり生えていることも多く、処理しておかないと後姿が残念なことに。手が届かないので自己処理が難しい部位ですが、しっかりケアをしておきましょう。

うなじ

水着を着て髪をアップにすると目立つのがうなじです。髪を下ろしている時には気付きにくいものの、うなじには産毛がびっしり生えていることも。また、背中を綺麗にすると逆にうなじとの境目が目立ってしまうので、背中と併せて処理しておくとよいでしょう。

水着を綺麗に着こなすためには、これだけたくさんの部位を気にしなければなりません。ほぼ全身に渡るので、自己処理よりも脱毛がおすすめなんです。

自宅で簡単!手軽な「セルフ脱毛」のメリット・デメリット

「脱毛サロンに通うお金も時間もない」「水着になるまでに時間がない」などの理由から、セルフ脱毛を選択する人も多いでしょう。そこでセルフ脱毛のメリット・デメリットをご紹介します。

セルフ脱毛のメリット・デメリット
メリット

・脱毛したいときにいつでもできる
・サロンやクリニックに比べると安い
・誰にも見られず処理ができる

デメリット

・効果に持続性がない
・仕上がりにムラがある
・肌トラブルを引き起こす危険性が高い

セルフ脱毛には様々な方法がありますが、共通するメリットは手軽にいつでも行える点です。忙しくても自宅で手軽に行え、VIOなど人に見られたくない部位も自分で処理できるので恥ずかしさがありません。

しかしセルフ脱毛は自分で行うため仕上がりにムラがあるだけでなく、すぐまた生えてくるので繰り返し処理を行う必要があります。肌にも負担が掛かり、色素沈着や炎症、埋没毛や毛嚢炎など肌トラブルを引き起こす可能性も高くなります。

費用面に関しても安価で行えるものの、生涯に渡ってメンテナンスが必要となりコストパフォーマンスもあまり良くありません。

おすすめのセルフ脱毛方法

水着を着るためのセルフ脱毛方法一覧

数あるセルフ脱毛の中でも、全身のムダ毛を処理する方法として次のようなものがあります。

脱毛方法おすすめ度メリットデメリット
家庭用脱毛器★★★・肌に負担が掛からない
・美肌効果がある
・価格が高い
・広範囲は時間が掛かる
シェーバー★★★・どこでも気軽にできる
・簡単で手軽
・すぐに生えてくる
・替刃が高い
ワックス★★☆・値段が安い
・短時間でツルツルになる
・痛みが強い
・ワックスの扱いが難しい
除毛クリーム★★☆・仕上がりが綺麗
・広範囲の処理が楽
・塗るのが面倒
・使えない部位もある
カミソリ★☆☆・簡単で手軽
・値段が安い
・すぐに生えてくる
・断面が太く、濃く見える

セルフ脱毛の中でも特におすすめは「家庭用脱毛器」と「シェーバー」です。ともに肌への負担が少なく、手軽に行えるというメリットがあります。

「ワックス」や「除毛クリーム」も短時間で綺麗に仕上げることができるものの、ワックスははがす時に肌への負担が大きいこと、除毛クリームはたんぱく質を分解する成分が肌への刺激になることから、ともに肌トラブルを引き起こす可能性が高いです。

「カミソリ」は手軽でコストも掛からないので使用している人も多いと思いますが、肌への負担が大きいという最大のデメリットがあります。カミソリの刃は肌表面の角質層に傷を付けてしまうので、そこから乾燥が進み、メラニン色素が増殖されて黒ずみなど色素沈着を起こす可能性が高くなります。「手軽で安価」以外にほぼメリットがないため、カミソリでのセルフ脱毛はあまりおすすめしません。

おすすめのセルフ脱毛その1:家庭用脱毛器
メリット・サロンに通わずとも自宅で手軽に脱毛ができる
・サロンへ行くよりも安い
・肌に負担が掛からない
・美肌効果があるものも
デメリット・価格が高い(本体・消耗品)
・脱毛機のお手入れが面倒
・広範囲の処理に時間がかかる
・サロンより効果が弱い

家庭用脱毛器にはサロンやクリニックと同じくフラッシュ脱毛、レーザー脱毛などの種類がありますが、パワーが弱いため効果も低くなります。

サロンやクリニックに行く手間もなく、いつでも好きなときに脱毛は行えますが、脱毛後の肌の冷却や保湿、手の届きにくい部分への照射、脱毛機のメンテナンスなどを全て自分で行わなければなりません。

しかし、セルフ脱毛の中でも家庭用脱毛器は最も効果が高く、美顔器の機能を搭載しているものを選べば脱毛しながらツルツルの肌を手に入れることができます。初期投資やメンテナンス費用は掛かりますが、家族みんなで使うこともできコスパは良いです。

家庭用脱毛器ならケノンがおすすめ
「ケノン」は家庭用フラッシュ脱毛器の中でも特に有名で人気の商品です。

ケノンは出力を10段階に調節することができるから、肌の色や照射部位などに合わせてより効果の高い脱毛を行えます。またカートリッジを脱毛用からスキンケア用に交換するだけで美顔器に変わるので、脱毛だけでなく美肌ケアにも使用できます。

カートリッジ交換式なので使いきりタイプと異なり経済的。安心の日本製で、家族みんなで使用できる脱毛器です。

おすすめのセルフ脱毛その2:シェーバー
メリット・思い立ったらすぐにお手入れができる
・広範囲でも素早く処理できる
・肌への負担が少ない
・一度買えば長く使える
デメリット・すぐに生えてくる
・替刃が若干高い
・シェーバーのお手入れが面倒
・産毛は剃りにくい

シェーバーの一番のメリットは、場所を選ばずどこでも素早くムダ毛を処理できる点です。カミソリのような深剃りはできないものの、肌表面に刃が触れることがないよう設計されているため、肌への負担が少なく安心して使用できます。

シェーバーは毛穴から出ている毛をカットするだけです。すぐまたムダ毛が伸びてくるので、頻繁にシェービングをしなければならないのがデメリットです。一度購入すれば長く使うことができますが、替刃を定期的に購入するため維持費が若干掛かります。

シェーバーは防水機能付きがおすすめ
シェーバーは頻繁に使用するため、衛生面には注意したいものです。特にVIOのシェービングを行った後、そのまま他の部位のシェービングを行うのには抵抗がありますよね。

防水機能が付いたものならお風呂場などで使える他、使用後もしっかり洗うことができるから衛生的に保つことができます。

また、全身に使用するなら電池式よりも充電式の方がおすすめです。電池式は頻繁に電池交換をする必要があり、コストが思いのほか掛かってしまいます。

シェーバーには「顔用」「全身用」「VIO用」などの種類があります。用途に合ったものを使用しないと上手にシェービングができない可能性もあるので、しっかり確認してから使用するようにしましょう。

やっぱりプロの手が一番!サロン・クリニックのメリット・デメリット

ここまでセルフ脱毛について説明をしてきましたが、綺麗に水着を着るなら、何といってもプロの手が一番です。そこで脱毛サロン・クリニックのメリットとデメリットを見てみましょう。

脱毛サロン・クリニックのメリット・デメリット
メリット・ムラがなく綺麗に脱毛できる
・肌トラブルを防ぐことができる
・ツルツル状態を長く保てる
・美肌効果が高い
デメリット・長期間通わなくてはならない
・費用が掛かる
・予約が取りにくいことも
・肌の状態によっては脱毛できない

サロン・クリニックで脱毛を行えば、プロの手によってムラなく綺麗な状態に仕上がります。特に水着姿となると脱毛も広範囲に及びます。処理のしにくい背中やVIOも、プロにお任せすれば安心です。

脱毛というと高額なイメージもありますが、今は料金もグッと下がって手軽に脱毛が行えるようになっています。支払い方法も月額制のサロン・クリニックも多く、負担を少なく脱毛をスタートする事ができます。
セルフ脱毛で長期的にお金が掛かると思えば、サロンやクリニックに通う費用も決して高くありません。

脱毛機も進化しているので、日焼け肌や敏感肌でも照射できるもの、痛みの少ないものも登場しています。肌への負担が少ないため、セルフ脱毛のように肌を傷付けて黒ずみを作る心配もありません。水着が映える透明感のある肌に近づく事ができますよ!

脱毛はいつスタートすればいいの?

脱毛は1回で終わらない

「ツルツル肌で水着を着たいから、脱毛をしに行こう!」と思ってサロンやクリニックに通っても、1回で脱毛が完了する事はありません。

脱毛は毛の成長サイクル「毛周期」にあわせて行いますが、毛は1本1本成長のスピードが違い、1回でダメージを与えられるのは全体の約20%です。表面上の毛がなくなるから一時的にツルツル状態になるものの、再び生えてくるので繰り返し脱毛を行う必要があります。

スピードを求めるなら医療脱毛がおすすめ

脱毛サロンとクリニックでは脱毛完了までのスピードも違います。

脱毛サロンで効果を感じるまで約12~18回(約2~3年)、クリニックでは5~8回(約1年~1年半)が一般的です。これはサロンとクリニックで使用する脱毛機の性能に違いがあります。

サロンで使用するフラッシュ脱毛機もクリニックで使用する医療レーザー脱毛機も脱毛の仕組みは同じですが、そのパワーが違います。
フラッシュ脱毛機は複数の波長を持つ光を照射するので、力が分散するため威力が弱くなりますが広範囲に照射をする事ができます。対するレーザー脱毛機は単一波長の光を照射するため、一点に集中して威力も強くなります。

ツルツル肌になるまでにはある程度時間は掛かりますが、少しでも早く水着の似合う肌を目指すなら医療脱毛をおすすめします。

一時的にツルツルにする事はできる!

「脱毛したいけれど、水着を着るまでに間に合わないんじゃない?」と思いますよね。でも、全身脱毛が完了するまで長い期間が掛かるといってあきらめないでください!

全身脱毛に長い期間が掛かると言われるのは、ムダ毛がほとんど生えなくなるまでの状態に仕上げるまで。1回脱毛を受けても全く効果がないわけではなく、一時的にツルツルの状態にすることはできるんです。

脱毛をすると約1~2週間でムダ毛がするすると抜け落ちます。水着を着たい日から逆算して全身脱毛をすれば、当日はツルツル肌で水着を着ることができるんですよ。

脱毛機の性能によって抜け落ちるまでの期間も違うので、サロンやクリニックに確認をしてくださいね。

水着に間に合わせるためには早めのスタートが肝心

水着を綺麗に着るために、ムダ毛の処理は必須です。方法としてセルフ脱毛とサロン・クリニックでの脱毛をあげましたが、長いスパンで見るとサロン・クリニックでの脱毛をおすすめします。

セルフ脱毛は肌に負担を掛けるため、水着の大敵である黒ずみも引き起こしてしまいます。サロン・クリニックでの脱毛なら、黒ずみもしっかりケアしながらムダ毛処理も行えるので、水着の似合う綺麗な肌を手に入れることができます。

脱毛は1回で終わることがありません。夏直前といわず、思い立ったらすぐにスタートする事が大切です。自信を持って水着を着るためにも、ぜひ脱毛デビューをしてくださいね。

ABOUT ME
みらえぴ編集部
みらえぴ編集部
中の人です!小学生の時にムダ毛との戦いがスタートしてはや○○年(笑) 脱毛で失敗しすぎた私だからこそ、少しでも脱毛で悩んでいる人のお手伝いができると思います。 脱毛初心者でも分かりやすいサイトを目指して日々脱毛知識をアップデート中♪
こんな記事もおすすめ