全身脱毛の疑問

埋没毛があっても全身脱毛はできる?埋没毛の原因と治し方・予防方法をご紹介

埋没毛も脱毛できる?

長くムダ毛の自己処理を続けていると、「埋没毛」という肌トラブルを経験することもあるかと思います。

埋没毛は「埋もれ毛」とも呼ばれ、皮膚の中に毛が埋もれてしまい表面に出てくることができない状態のことです。

埋没毛は剃ることも抜くこともできず、酷くなると毛嚢炎などの更なる肌トラブルを引き起こすことも。

ツルツル肌の大敵でもある埋没毛ですが、脱毛で埋没毛を防ぐことができるんです。

ここでは埋没毛の原因とできてしまった時の対処方法、埋没毛の予防方法について詳しく解説します。

どうして埋没毛はできるの?

埋没毛の原因は間違った自己処理

埋没毛の原因は、カミソリや毛抜きなどによる自己処理で肌が傷ついたことによって起こります。

カミソリで自己処理をすると、乾燥や外敵から守る役割を果たしている肌表面の角質層を傷付けてしまいます。また毛抜きなどで「抜く」行為は、毛穴から無理矢理毛を引き抜くため毛穴自体を傷付けてしまい、中には出血を起こすことも。

人間には自然治癒力が備わっており、傷ができると外敵から身を守るため、そして傷の治りやすい環境を作り出すためにかさぶたを作ります。
自己処理で肌や毛穴が傷つくと肌表面にこのかさぶたのような薄い膜ができ、毛が表面へと出てくることができなくなってしまうのです。

皮膚の下に黒いプツプツが見える埋没毛のほか、毛穴はふさがっても毛は正常に伸び続け皮膚の下でくるりと丸まってしまう埋没毛もあります。

脱毛中のムダ毛の処理
脱毛中のムダ毛の自己処理ってどうすればいいの?絶対にしてはいけない自己処理方法ムダ毛のないツルツル肌を目指して脱毛サロンへ通っても、1回で脱毛が終わることはありません。脱毛が終わるまでには短くても1年は掛かるので、...
埋没毛ができやすい部位はどこ?

埋没毛は次のような部位に起こる可能性が高くなります。

  • 毛が太い場所
  • 皮膚が薄い場所
  • 自己処理の頻度が高い場所

この3つの条件は全て「肌が傷付きやすい」という共通点があります。毛が太いと自己処理で剃る時も抜く時も肌に大きく負担を掛け、皮膚が薄い場所は厚い場所に比べても傷がつきやすくなります。

体の中で特に埋没毛が起こりやすい部位は「ワキ」「スネ」「VIO」ですが、他にも自己処理の頻度が高い場所がある場合、その部位も埋没毛を起こしやすくなるので注意が必要です。

埋没毛ができてしまったらどうすればよい?

何もせずに放置する

私たちの肌の表皮は一番内側の「基底層」から表面の「角質層」まで4層構造になっています。肌の細胞は基底層で生まれ、徐々に押し上げられて角質層に至り、最後は垢になって剥がれ落ちます。これを肌のターンオーバーといいます。

埋没毛が起きて毛穴の表面がふさがっても、ターンオーバーが進むことで自然と埋没毛も肌の表面に出てきます。
ターンオーバーは約28日周期で起こり新しい表皮に生まれ変わるので、もし気にならない程度の埋没毛であれば放置しても大丈夫です。

ただし埋没毛になると皮脂も溜まりやすく、その結果毛穴の奥が炎症を起こし、毛嚢炎を引き起こすこともあります。特に皮脂の分泌が多いワキやVIOは毛嚢炎を起こす可能性が高くなります。

埋没毛の周辺が赤みを持っているようであれば毛嚢炎の可能性があるので、すぐに皮膚科に行き処置をしてもらいましょう。

埋没毛ができたら無理な自己処理は絶対NG
埋没毛は見た目もよくないため、見つけるとどうしても抜きたくなる衝動に駆られますが、毛抜きなどで外に無理矢理毛を出して抜くことは絶対にNGです。

埋没毛を無理矢理抜くと毛穴は炎症を起こし、色素沈着や毛嚢炎を引き起こす可能性が高くなります。また毛抜きで抜くとさらに埋没毛を繰り返すことも。

毛抜きだけでなく、カミソリによる逆剃りで毛を表面に出す行為もNGです。埋没毛に無理な自己処理を行うことは絶対にやめましょう。

スクラブやピーリングでターンオーバーを促す

埋没毛が毛嚢炎などの炎症を起こしていない場合、スクラブやピーリングでターンオーバーを促すのも1つの方法です。

スクラブは含まれる粒子の摩擦によって角質を除去するもの。ピーリングは乳酸やクエン酸など「酸」によって角質を除去するものです。どちらも古くなった角質を除去し、肌のターンオーバーを促すものですが、ピーリングの方が肌への刺激が少なくおすすめです。

スクラブもピーリングも頻繁に行うと肌に負担を掛けるので、週1~2回を目安に行うと良いでしょう。そして必ず肌状態の良い時に行いましょう。

またターンオーバーを促すという点で、日頃から肌の保湿をしておくようにしましょう。保湿は乾燥を防ぎターンオーバーを正常化にする効果があるだけでなく、肌が柔らかくなって埋もれていた毛も表面に出やすくなります。

埋没毛でも脱毛はできるの?

埋没毛でも脱毛はできます!

「埋没毛ができてしまったら、脱毛はできないの?」と気になる人も多いと思います。結論から言うと、埋没毛でも脱毛をする事はできます。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は黒い色に反応をする特徴があり、毛根に含まれるメラニン色素に反応をして毛乳頭に熱ダメージを与えて脱毛をします。毛穴の内部に毛があれば通常通り脱毛をする事ができます。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、施術後1~2週間で毛穴から毛がポロポロと抜け落ちます。しかし埋没毛の場合毛穴がふさがっているため、脱毛の効果はあっても1~2週間後に抜け落ちることはなく、肌の内部に留まることになります。

ターンオーバーが正常に進めば自然に排出されますが、クリニックによっては埋没毛のケアをしながら治療ができるところもあるため、気になる人は皮膚科医の居るクリニックを選ぶと良いでしょう。

全ての埋没毛が脱毛できるわけではない

埋没毛でも脱毛をする事はできますが、必ずしも全ての埋没毛が脱毛できるというわけではありません。

埋没毛が広範囲に渡っている時、また埋没毛が濃く表皮の下でくるりと丸まったり伸びたりしいている状態の時などは脱毛を断られることがあります。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は黒い色に反応をするという特徴があるため、埋没毛が酷い状態で脱毛をすると過剰に反応をして肌が火傷を起こす可能性が高くなるためです。

また、毛穴が炎症を起こしている時は更なる肌トラブルを招く可能性があるので脱毛をする事はできません。

脱毛できる埋没毛とできない埋没毛は、サロンやクリニックによっても異なります。気になる方はカウンセリングで相談をすると良いでしょう。

埋没毛予防に脱毛は最も効果的

埋没毛の多くはムダ毛の自己処理によって引き起こされます。埋没毛自体は取り除くことで解消することはできても、自己処理を続ける限り再び埋没毛になる危険性があります。

埋没毛の根本的な予防は、カミソリや毛抜きによる自己処理をやめること。脱毛をすればムダ毛自体がなくなり自己処理も不要になるから、埋没毛に悩まされる心配もほとんどありません。

完全にツルツルにならなくても、脱毛によって自己処理の頻度が減るだけで埋没毛になる危険性はグンと少なくなりますよ。

埋没毛を脱毛する際の注意点

埋没毛でも脱毛をする事はできますが、通常の肌の状態とは異なるためいくつか注意をしたいポイントがあります。

埋没毛の脱毛はクリニックがおすすめ

「埋没毛の予防」という点では脱毛サロンでもクリニックでもOKですが、埋没毛が既にできている場合はサロンよりもクリニックがおすすめです。

まず、サロンでは埋没毛がある部位は避けて施術をする事が多いです。大手脱毛サロン「ミュゼプラチナム」でも、埋没毛は避けて施術をします。
埋没毛は皮膚の中で毛が育つことも多く、フラッシュ脱毛の熱に過剰反応をして火傷を引き起こす可能性が高くなります。
また、埋没毛は毛穴に傷や炎症などが起きているケースもあり、万が一の肌トラブルにサロンでは即座に対応できないという理由が上げられます。

またフラッシュ脱毛はレーザー脱毛よりも脱毛効果が低い上、肌トラブルを起こさないように出力を下げて脱毛をすると、脱毛効果をほとんど感じられないということも。

クリニックなら埋没毛のケアをしながら脱毛をする事もでき、脱毛の効果も高くおすすめです。

クリニックなら埋没毛を取り出してからの脱毛も可能

クリニックによっては、脱毛前に埋没毛を取り出してから脱毛を行うことも。クレアクリニックやドクター松井クリニックでは、取り出せる埋没毛に関しては専用のピンセットで表に出してから照射を行います。
皮膚科医のいるクリニックなら、埋没毛が悪化していても治療をしてから脱毛をする事もできますよ。

おすすめのクリニック

レジーナクリニック
HMRクリニック

通常よりも脱毛完了までに時間が掛かる

普通のムダ毛であれば脱毛前にシェービングで毛穴から伸びている余分なムダ毛はカットしますが、埋没毛はムダ毛が皮膚の中で寝ている状態なのでシェービングでカットすることはできません。
そのためレーザーの光に過剰反応をして火傷を起こす可能性が高く、脱毛時はマシンの出力を下げて施術を行う必要があります。

また埋没毛は皮膚の下に毛が埋もれているので、レーザーの反応自体も悪くなってしまいます。

埋没毛に脱毛効果を感じるためには、通常よりも回数を重ねる必要がり、脱毛完了までも時間が掛かってしまいます。

埋没毛の部分は自己処理を避ける

レーザー脱毛は効果が高いですが、1回で脱毛が完了することはありません。繰り返し何度も施術を行うので、脱毛中は自己処理が必要となることもあるでしょう。また、脱毛前には事前に自己処理をしてからクリニックへ行く必要があります。

脱毛中の自己処理は、さらなる埋没毛を作らないように電気シェーバーで行いましょう。電気シェーバーはカミソリのように肌の表面を傷付けることもなく、毛抜きのように毛穴を痛めることもないため、埋没毛のリスクも低くなります。

また、既に埋没毛になっている部分はさらにダメージを与えてしまう可能性があるため、シェービングは避けるようにしましょう。

保湿で肌の状態を整える

埋没毛でもクリニックで脱毛をする事はできますが、埋没毛を改善してから脱毛をした方がより効果も感じやすくなります。

まず、埋没毛をできるだけ早く外に排出するために、肌をしっかりと保湿してやわらかい状態に保つようにしましょう。皮膚が硬くなってしまうと、埋没毛も外に出にくくなってしまいます。

また埋没毛をスムーズに排出するためにスクラブやピーリングも効果はありますが、どちらも肌に負担を掛ける行為になるので、脱毛前後は避けるようにしましょう。
肌の状態によってどの位間隔を開けて使用して良いかも違うので、クリニックで確認をしてから行うと安心です。

脱毛で埋没毛のないツルツル肌に

埋没毛は自己処理を繰り返すことで引き起こされます。1度できると再発しやすいので、予防のためにもサロンやクリニックで脱毛をしておくと安心です。

また、できてしまった埋没毛は基本的に放置しておいても大丈夫ですが、埋没毛をできるだけ早く何とかしたいという場合はクリニックでの脱毛をおすすめします。
クリニックなら、埋没毛のケアをしながら脱毛をする事もできますよ。

脱毛で埋没毛のないツルツル肌を目指しましょうね。

ABOUT ME
みらえぴ編集部
みらえぴ編集部
中の人です!小学生の時にムダ毛との戦いがスタートしてはや○○年(笑) 脱毛で失敗しすぎた私だからこそ、少しでも脱毛で悩んでいる人のお手伝いができると思います。 脱毛初心者でも分かりやすいサイトを目指して日々脱毛知識をアップデート中♪