全身脱毛の疑問

麻酔で医療脱毛の痛みは軽くなる?麻酔の種類・効果と痛みの軽減法

医療脱毛の麻酔

脱毛といえば「痛い」というイメージがありますよね。

サロンやクリニックでツルツル肌を手に入れたいけれど、痛みがネックで脱毛に踏み切れないという人が実はとても多いんです。

脱毛の痛みを和らげる方法の1つに「麻酔」があります。麻酔というと身構えてしまうかもしれませんが、一体どのように行うのでしょうか?また効果はどの程度あるのでしょうか?

今回は、脱毛で使用できる麻酔の種類や使用時の注意点、大手クリニックの麻酔方法の比較など、脱毛と麻酔について詳しく解説します。痛みが気になる人、必見です!

脱毛で麻酔が使用できるのはクリニックだけ

脱毛で麻酔が使用できるのはクリニックだけ
脱毛では痛みの軽減のために麻酔を使用する事ができます。痛みに弱い人にとって、麻酔で痛みが軽くなるなら脱毛もチャレンジしやすいですよね。

脱毛はサロンとクリニックのいずれかで行えますが、麻酔を使用することができるのはクリニックのみです。

そもそも麻酔は医療行為にあたり、医師がいる医療機関でしか使用を認められていないため、脱毛サロンでは麻酔を使うことができません。

クリニックのレーザー脱毛は、サロンのフラッシュ脱毛に比べても脱毛の効果が高く、永久脱毛に等しい脱毛が可能ですが、その分痛みの強いことがデメリットです。けれども麻酔を使用すれば痛みを軽減でき、なおかつ高い脱毛効果を実感することができるんです。

麻酔の種類

脱毛で使用される麻酔には主に4つの種類がありますが、女性向けの医療脱毛では「笑気ガス」または「麻酔クリーム」を使用するところがほとんどです。それぞれの麻酔の特徴を見てみましょう。

笑気ガス
特徴
  • 数分でお酒を飲んで酔ったような状態になる
  • 鎮静、鎮痛両方の効果がある
  • 副作用が少ない
  • 麻酔クリームに比べると効果は低い
  • 鼻炎や花粉症、喘息、妊婦は使用できない

笑気ガスは口にマスクを装着し、亜酸化窒素を吸入する麻酔です。吸入して30秒ほどでほんわり、ふわふわした感覚になり、1~2分でお酒を飲んで酔ったような状態になります。緊張が和らぐ鎮静効果と、痛みを軽減する鎮痛効果の両方の作用があります。

傷みの軽減効果は麻酔クリームに比べると低くなります。稀に使用後に頭痛や吐き気などの症状を訴える人もいますが、副作用が少なく安全性の高い麻酔です。

鼻から吸入するので、鼻炎や花粉症など鼻で呼吸がしづらい人は使用できないことも。また喘息を持つ人、妊娠中の人は笑気ガスを使用できないため、麻酔クリームを使用するようにしましょう。

麻酔クリーム
特徴
  • 効果が出るまでに30分以上必要
  • 麻酔効果が得られるのは表皮部分のみ
  • 一度に使用できる量が決まっている
  • 麻酔でアレルギーが出る人は注意が必要

麻酔クリームは、傷みを軽減したい部分に直接クリームを塗り、痛みを軽減する麻酔です。笑気ガスよりも効果が高く、使用すると足のしびれに似た感覚の鈍い状態になります。

使用してから効果が出るまで30分以上必要かかるため、脱毛に麻酔クリームを使用したい場合は事前にクリニックに申し出ることが必須です。当日は自宅でクリームを塗るように指示されることや、施術の1時間前に来院をして塗布が必要になるなど、クリニックによって対応は様々です。

注意点として、麻酔クリームには「リドカイン(キシオロカイン)」が含まれているので、アレルギー体質がある人は使用できません。また一度に使用できる量も決まっており、全身など広範囲に使用する事はできません。

また、麻酔クリームの効果が得られるのは皮膚の表面部分(表皮層)のみです。毛根は表皮層よりも深い真皮層まで達しているので、痛みを完全に取り除くことはできません。

クリニックで麻酔クリームを塗布する時は、着て行く服装にも要注意です。

多くのクリニックでは、麻酔クリームを塗布したあとラップなどで表面を覆い、再び衣類を着て施術までの時間を待合室で過ごします。VIO脱毛で麻酔クリームを使用する場合、スキニージーンズなどピッタリした服装ではラップがずれてしまう可能性も。

麻酔クリームを肌にしっかり浸透させるために、ラップがずれないようゆったりとした服装でクリニックへ行くことをおすすめします。

ちなみにクリームは厚めに塗ることで、より効果も高くなりますよ。

麻酔テープ
特徴
  • 成分はほぼ麻酔クリームと同じ
  • 貼るだけだから簡単
  • 麻酔クリームよりも効果は低い
  • 皮膚がかぶれやすい人には向いていない

麻酔テープは、麻酔クリームと同じリドカインが含まれているテープ(ペンレステープ等)を脱毛する箇所に貼って使用する麻酔です。貼って一定の時間を置くと皮膚がしびれ、感覚が鈍くなります。

クリームよりも手軽に行えますが、皮膚に浸透する薬剤の量も少なくなるので、効果もその分低くなります。テープによるかぶれも起こりやすいので、肌が弱い人にはあまりおすすめできません。

麻酔テープは手軽という点以外はあまりメリットがないため、使用するクリニックもとても少ないです。

静脈麻酔
特徴
  • 女性向けの医療脱毛では使用されない(一部男性のヒゲ脱毛のみ)
  • 専門の麻酔医による投薬が必要
  • 効果は高いが体への負担が大きい
  • 費用が高い

静脈麻酔は、鎮痛効果がとても高い点滴タイプの麻酔です。点滴を始めると眠ってしまうため、痛みを感じることなく脱毛を終えることができます。

他の麻酔方法に比べると効果は桁違いですが、女性の脱毛ではそこまでの鎮痛作用は必要ないため、女性向けの医療脱毛で使用されることはほぼありません。かなりの痛みが伴う男性のヒゲ脱毛向けに一部のクリニックで使用されています。

静脈麻酔は全身の管理をしながら行わなければならず、専門の麻酔医による投薬が必要です。そのため効果は高いものの費用も高くなり、1回1万円~数万円ほど掛かります。

麻酔前には絶食を指示されるほか、施術後も車や自転車の運転ができないなど、静脈麻酔を使用すると様々な制限を受け、日常生活への支障が出てきます。

脱毛と麻酔に関する豆知識

麻酔を使用しても決して「無痛」にはならない

麻酔というと痛みを完全に取ってくれるイメージがありますが、医療脱毛で麻酔を行っても痛みが完全になくなることはありません。

男性のヒゲ脱毛に使用される静脈麻酔は、眠っている間に脱毛できるためある意味「無痛」ですが、女性の脱毛で使用される麻酔はそこまで強いものを使用していません。過度に期待をしない方が良いでしょう。

麻酔は、どちらかといえば痛みを取り除くというよりも、脱毛に対する恐怖心や不安を和らげる目的で使用していることを覚えておきましょう。

脱毛の料金に含まれていないことが多い

麻酔はオプションなので施術料金に含まれない事が多く、ほとんどの場合脱毛の費用とは別に料金が発生します。

多くのクリニックで使用されている麻酔クリームは1回あたり約3,000円掛かります。毎回麻酔を使用して、トータル5回の脱毛をするだけで約15,000円の料金が別途必要になります。

けれども中には、麻酔クリームが毎回無料のレジーナクリニックのように、麻酔代がお得なクリニックもあります。オプションに余計な費用をかけたくない人は、こうしたクリニックを選ぶのも良いでしょう。

麻酔を毎回使用する人はほとんどいない

「痛みが不安だから、医療脱毛をする時はいつも麻酔をしたい」と思うかもしれませんが、実際施術時に毎回麻酔をする人はほとんどいません。

医療レーザー脱毛は、毛根に含まれるメラニン色素に反応をする光を照射し、発生する熱エネルギーで毛乳頭を破壊します。脱毛当初は毛量も多いため光に対する反応も強く、痛みも感じやすくなりますが、施術が進むにつれて毛量も減るため痛みも弱くなっていきます。

VIOなど毛が太く量も多い場所でも、最初の1~2回は麻酔を使用しても、それ以降は麻酔を使用しないというケースがとても多いんです。

実際クリニックでも積極的に麻酔を推奨することはほぼありません。施術を繰り返すと痛みに対する恐怖も和らいでくるので、麻酔に頼らず脱毛をする人のほうが多いんですよ。

この部位は麻酔に頼りたい!痛みの強い部位ベスト3 

脱毛部位にも、痛みを感じにくい場所と感じやすい場所があります。中でも特に痛みを感じやすい部位の特徴は次のようになります。

  • 濃く太い毛が生えている部位
  • 毛が密集している部位
  • 乾燥しやすい部位

これらの条件に当てはまる、特に痛みを強く感じる部位ベスト3をご紹介します。

第1位「VIO」

VIOは体の中でも最も脱毛時に痛みを感じやすい部位です。中でも痛みの強い順に「Iライン」「Vライン」「Oライン」となります。

VIOが痛みを強く感じる理由の1つは、濃く太い毛が密集して生えているからです。医療レーザー脱毛はメラニン色素に反応をするため、体の中でも最も毛が密集しているVIOは特に痛みを強く感じやすいのです。

また、皮膚が薄く粘膜に近い部分であることも痛みに繋がるほか、VIOは自己処理や下着などの刺激で色素沈着を起こしていることが多いことも痛みを感じやすい理由の1つです。

このように、VIOは皮膚が薄くデリケートな部位である事に加え、医療脱毛の光を吸収しやすい条件が揃っているため、体の中で最も痛みを感じやすくなるのです。

第2位「ワキ」

ワキはVIOに次いで体の中でも濃く太い毛が生えている部位なので、医療レーザー脱毛機に反応しやすいという特徴があります。さらに、VIOと同じく皮膚が薄いデリケートなワキは、他と比べてもより痛みを強く感じます。

さらに、ワキは長年に渡るカミソリなどの自己処理により、色素沈着を起こしているケースが多い部位です。毛根だけでなくこれらの色素沈着にもレーザー脱毛機は反応するため、さらに痛みも大きくなります。

第3位「ヒザ・ヒザ下」

医療脱毛で意外にも痛いと感じる人が多い部位は「ヒザ・ヒザ下」です。

ヒザやヒザ下は、VIOやワキに比べても特別皮膚が薄いわけではありません。それなのに痛みを強く感じるのは、近くに骨があるというのが理由の1つです。

ヒザやヒザ下は皮膚の下に脂肪が少なく、脱毛時の刺激がダイレクトに骨に伝わりやすいため、痛みを感じやすくなります。さらにヒザやヒザ下は体の中でも乾燥しやすく、肌のバリア機能が低下していることも痛みに繋がる理由の1つです。

また、普段スカートから出ていることも多いヒザ・ヒザ下は他の部位に比べても日焼けをしていることが多く、さらにヒザは黒ずみが起こりやすいこともあり、メラニン色素に反応をする医療レーザー脱毛機がより強く反応を起こして、痛みも強くなります。

大手医療脱毛クリニックではどのような麻酔を使用している?

大手医療脱毛クリニックの麻酔・料金を比較

大手有名クリニックがどの種類の麻酔を使用しているのか、費用はいくらなのかまとめました。

クリニック笑気ガス麻酔クリーム麻酔テープ
アリシアクリニック1,080円/1か所
リゼクリニック3,240円/30分3,240円/1回
レジーナクリニック無料
湘南美容クリニック2,160円/1回
※麻酔の扱いがない院もあり
クレアクリニック3,240円/1部位
ビューティースキンクリニック3,456円/1回3,456円/1回540円/1枚

※全て税込

大手クリニックでは「笑気ガス」はリゼクリニック、湘南美容クリニックなどで使用できますが、一般的には麻酔クリームの使用が主流です。

「麻酔テープ」はビューティースキンクリニックで取扱いはあるものの、大手では使用しているところはほとんどありません。
扱っているところもありますが、注射の時の痛みを軽減するためなどの目的で使用されており、脱毛を目的として使用している所は非常に少ないです。

麻酔だけじゃない!痛みの少ない脱毛機も完備「アリシアクリニック」

アリシアクリニックでは、1部位1,000円(税抜)で麻酔クリームを使用できます。

さらに痛みの少ない脱毛機「ライトシェア・デュエット」の他、一部の院ではメラニン色素に反応をしない最新の脱毛機「メディオスターNeXT」も採用しているため、痛みが苦手な人にもピッタリです。

全身脱毛も全5回コースの他、8回、脱毛し放題と多彩なプランがあり、月額9,100円で全身脱毛をスタートできるから、無理なく医療脱毛デビューができます。

麻酔クリームが無料!全身脱毛がサロン並みの安さ「レジーナクリニック」

レジーナクリニックは、顔・VIOを除く全身脱毛(全5回)が189,000円とサロン並みの価格で人気の医療脱毛クリニックです。

他のクリニックでは施術のたびに料金を取られる麻酔クリームが、レジーナクリニックは何と無料。オプションに余計なお金を支払いたくない人におすすめです。

レジーナクリニックでは最新の脱毛機「ジェントルレーズプロ」を使用しています。レーザーを照射する直前に肌に冷却ガスを噴きかけるため、痛みの少ない脱毛が可能です。

麻酔以外にできる6つの痛み対策

麻酔以外にも、痛みを軽減できる方法はあります。「痛みを少しでも軽くしたい」という人は是非参考にしてみてください。

医療レーザー脱毛機の出力を下げてもらう

医療レーザー脱毛はスタッフが肌の状態や毛質を見ながら照射レベルを決めますが、痛みには個人差があるため我慢ができないという人もいるでしょう。

もし痛みが強いようであれば、スタッフに正直に話し脱毛機の出力を下げてもらいましょう。

注意したいのが、「出力レベルを下げるということは効果も下がる」という点です。そのため通常よりも脱毛完了までの時間や費用が掛かることもあることを覚えておいて下さい。

保湿を怠らない

肌が乾燥していると肌表面のバリア機能が低下するため、外からの刺激を受けやすく痛みも強く感じます。

肌の乾燥は脱毛中絶対NGです。痛みが強くなるだけでなく、乾燥をした肌にレーザーを照射すると火傷の恐れもあります。また、乾燥が酷すぎると施術自体断られることも。

痛みの軽減はもちろん、脱毛をスムーズに進めるためにも、医療脱毛を受けている間は施術部位の保湿を怠らないようにしましょう。

日焼けをしない

先ほど説明したとおり、医療レーザー脱毛はメラニン色素に反応をする光を照射し、発生する熱エネルギーで毛乳頭を破壊します。

日焼けをすると肌は紫外線の侵入を防ぐためにメラニン色素を増産します。その状態で医療レーザー脱毛の光を浴びると、肌に増えたメラニン色素にまで反応をして、痛みが強くなってしまいます。

また日焼けは軽い火傷状態と同じで、肌内部の水分を奪い乾燥させてしまいます。脱毛中は紫外線対策をしっかり行い、日焼けをしないよう気をつけましょう。

体調のコンディションを整えておく

乱れた食生活、睡眠不足、ストレスなどは肌のコンディションの悪化に繋がり、バリア機能を低下させてしまうため、医療レーザー脱毛の際も痛みを強く感じてしまいます。

生活習慣の乱れやストレスはバリア機能だけではなくホルモンバランスが乱れる原因にもなり、毛周期も変化して最適な脱毛ができなくなってしまいます。

脱毛期間中はストレスを溜め込まず、規則正しい生活を送るように心がけましょう。

生理中や生理前の脱毛は避ける

女性の体はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンによって支えられています。このうち肌のコンディションを左右するのがエストロゲンです。

生理前はエストロゲンが減り、プロゲステロンが増加するため、皮脂の分泌が増えニキビや肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすくなります。肌が敏感になっていることもあり、この時期に脱毛をすると痛みを感じやすくなります。

生理が始まるとプロゲステロンの分泌が一気に減少し、生理が終わるころからエストロゲンが徐々に分泌されるので、脱毛はエストロゲンの分泌が活発になる生理終了後がベストタイミングです。

痛みの少ない脱毛機を選ぶ

最新の医療レーザー脱毛機はどれも痛みを軽減するような工夫がされていますが、中でも特に痛みを感じにくいのがダイオードレーザーを搭載したSHR(蓄熱式)脱毛機です。

従来の医療レーザー脱毛機はメラニン色素に反応をして毛乳頭に熱ダメージを与えますが、SHR方式の脱毛機は毛根を包む毛包に熱を蓄え、発毛因子を作り出すバルジ領域にダメージを与える脱毛方法を取っています。

バルジ領域は低温でも十分ダメージを与えることができるので、従来の医療レーザー脱毛機よりも低出力で施術ができ、痛みも軽減できるというメリットがあります。

医療レーザーのSHR脱毛機には次のような種類があります。

  • メディオスターNeXT PRO
  • ソプラノアイス・プラチナム

痛みに弱いという人は、上記の脱毛機を導入するクリニックをチェックしてみてください。

まずはお試しorトライアルで痛みの強さを確認

「どうしても痛みが不安」という人は、いきなり麻酔を使用して脱毛をはじめるよりも、テスト照射やお試しで医療レーザー脱毛を経験するのも1つの方法です。

テスト照射はほとんどのクリニックで行われており、初回の無料カウンセリングの際に照射できるところも多いです。

もっと本格的に体験してみたい人には、医療脱毛のお試しもおすすめです。格安でトライアルを受けることができるクリニックの例をご紹介します。

クリニック名料金トライアル内容
トイトイトイクリニック100円脇・鼻下・手指から1か所
湘南美容クリニック500円両ワキ1回

トイトイトイクリニック、湘南美容クリニックともに上記以外にもお得なお試しメニューが豊富です。トライアルならテスト照射よりも本格的なので、医療レーザー脱毛がどの程度の痛みなのか確実に知ることができます。

お試しやトライアルで医療レーザー脱毛の痛みに対する不安を取り除くことができれば、本番の脱毛もよりリラックスして望むことができます。また、お試しやトライアルを受けてもなお「麻酔を使ってもこの痛みは無理」と感じるようであれば、効果が低くなるもののエステ脱毛に切り替えるのも1つの方法です。

麻酔を上手に利用して医療脱毛を始めよう!

医療レーザー脱毛では麻酔をしても完全に無痛の状態にはなりませんが、痛みを軽減する事はできるので、痛みに不安や恐怖心を持つ人には強い味方になるでしょう。

麻酔は毎回使用しなくても、最初の1~2回だけでも痛みや不安は大分和らぎます。また、麻酔以外にも普段からのセルフケアや使用する脱毛機によっても痛みは軽減できるので、痛みに不安を持つ人はぜひ試してみてください。

麻酔を上手に利用して、医療レーザー脱毛にチャレンジしてくださいね。