全身脱毛の疑問

白髪があっても全身脱毛できる?白髪に最適な脱毛方法とおすすめサロンを紹介

白髪でも全身脱毛はできるの?

「白髪は脱毛できない」という噂を聞いたことはありませんか?

黒い毛の中に1本あるだけでも目立ってしまう白髪。できることなら脱毛をしてスッキリしたいけれど、白髪の脱毛って実はとても厄介です。
どんな脱毛機でも脱毛ができるというわけではないんです。

ここでは白髪を脱毛する方法と注意点、白髪脱毛におすすめのサロンなどをご紹介します。

VIOなどの白髪に悩まされる人は意外に多い

VIOなどの白髪に悩まされる人は意外に多い
年齢とともに増えてくる白髪ですが、髪の毛に限ったことではありません。

髪の次に白髪が生えやすい場所として上げられるのがVIOです。VIOに白髪を見つけてしまうと、とてもショックですよね。VIOの白髪は早い人では30代から、そして40代以上になると多くの人に見られるようになります。
髪の毛に比べVIOの白髪は人目には付かないものの、太く濃い毛の中に1本あるだけでも悪目立ちしてしまいます。

同じように白髪が生えやすい場所としてワキや眉があります。どの部位も髪の毛と違い簡単に染めることはできません。しかし、脱毛をすれば根本的に解決することができるんです。

白髪は脱毛することができるの?

白髪は脱毛することができるの?
白髪になるメカニズム

毛は本来白い色をしているというのをご存知でしょうか?

毛は毛球部にある毛母細胞から作り出されます。毛母細胞から作り出される毛は白い色をしていますが、メラノサイトから受け渡されたメラニン色素を取り込むことで毛は黒い色に変化します。白髪になるのはメラニン色素の受け渡しに何らかの障害が発生しているためであり、そのタイプは以下の2つに分けることができます。

1つはメラノサイトが残っているのにも関わらずメラニン色素を作り出せずに起こる「休止型」です。そしてもう1つが、メラノサイト自体が減少もしくは欠失している「欠失型」です。一般的な白髪の多くは欠失型になりますが、休止型の場合はメラノサイトが活性化されて再び働くようになれば元の黒い色に戻る可能性があります。

白髪を引き起こす原因とは?

上記のように、白髪はメラノサイトの異常によって引き起こされます。その原因として次の事が上げられます。

  • 加齢
  • 遺伝
  • 食生活や生活習慣の乱れ
  • 過度のストレス
  • 睡眠不足
  • 病気や薬の副作用

白髪の原因として真っ先に疑うのが「加齢」ですが、それ以外にもメラノサイトの異常を引き起こす原因には様々なものがあげられます。加齢や遺伝はどうすることもできないものの、他は原因を取り除くことで白髪の予防になるだけでなく、休止型の場合は再び黒い毛に戻ることもあるのです。

一般的な脱毛では白髪の脱毛はできない

一般的に脱毛サロンのフラッシュ脱毛やクリニックのレーザー脱毛では、白髪の脱毛をすることができません。これは脱毛機の性質にあります。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、特殊な波長を持つ光を毛根に照射し、毛根内部に含まれるメラニン色素に反応させて、熱ダメージを毛乳頭に与え毛を生えにくくします。白髪にはメラニン色素が含まれていないため、光を照射しても反応して熱を発生することがなく、毛乳頭にダメージを与えることができないのです。

それじゃ、白髪になったら脱毛はもう無理なの?

と思うかもしれませんが、実は白髪でも脱毛をする方法があるんです。

白髪でも脱毛ができる方法

白髪にはメラニン色素が含まれません。そのため白髪の脱毛はメラニン色素に左右されない方法で行うことが重要です。そこで、2つの脱毛方法と白髪への効果をご紹介します。

白髪を確実に脱毛できる唯一の方法「ニードル脱毛」

メラニン色素の影響を受けない脱毛の一つに「ニードル脱毛」があります。

ニードル脱毛は毛穴1つ1つに針を差し込み、電流を流して毛乳頭を直接破壊する脱毛法方で、FDA(米国食品医薬品局)から唯一永久脱毛ができる脱毛法方として認められています。1回の施術で確実に毛乳頭を破壊でき、一度施術を行った毛穴からは二度と毛が生えてきません。

ニードル脱毛はメラニン色素の影響を受けないので、白髪も1回で永久脱毛をすることができます。白髪を確実に脱毛できると断言できるのはニードル脱毛だけです。

ニードル脱毛
ニードル脱毛なら永久脱毛できる!効果や痛み・料金は安いのか?徹底解説脱毛といえば光をあてて脱毛をする「フラッシュ脱毛」や「レーザー脱毛」が人気ですが、もう1つ「ニードル脱毛(針脱毛)」という脱毛方法がある...
白髪への脱毛効果は未知数「蓄熱式脱毛」

メラニン色素の影響を受けない脱毛方法として、もう1つ「蓄熱式脱毛(SHR脱毛)」があります。

従来の脱毛が毛乳頭を破壊するのに対し、蓄熱式脱毛は毛乳頭ではなく、毛球と表皮の中間に位置するバルジ領域にダメージを与えることを目的としています。
バルジ領域では毛母細胞の元となる毛包幹細胞が作られているため、毛の大元にダメージを与える脱毛方法になります。

蓄熱式脱毛は低出力の光を連続照射し、毛包に熱を蓄えてバルジ領域にダメージを与えるため、メラニン色素に左右されることのない脱毛が行えます。
理論上は白髪の脱毛が可能と言えるのですが、効果には個人差があります。白髪の発毛因子は通常とは異なる可能性が高く、蓄熱式脱毛の効果が十分発揮できないことも。

また、蓄熱式脱毛は「今生えている毛」ではなく「これから生えてくる毛」に働きかけます。つまり今生えている白髪へのダメージではなく、その次に生えてくる毛を抑制する効果に期待が高まるのです。
脱毛を行っても今の白髪には変化がない場合も多く、効果が良くわからないという意見も多くあります。

SHR脱毛
SHR脱毛とは?効果あるの?永久ではない?口コミでも話題のSHR脱毛を徹底解説脱毛というと「痛い」「時間がかかる」というイメージをお持ちの方も多いですよね。 脱毛サロンで主流となっているIPL脱毛やSSC脱毛は痛...

ニードル脱毛のメリット・デメリット

メリット
  • 永久脱毛ができる
  • 肌の色、毛の色など一切関係ない
  • 即効性が高い
  • 毛周期に関係なく施術ができる

ニードル脱毛は、確実に白髪の脱毛をすることができる唯一の方法です。白髪のみならず、金髪や産毛などあらゆる毛も永久脱毛が可能。さらにメラニン色素に反応をすることがないから、日焼けやシミ、アザ、色素沈着やホクロ、タトゥーなど通常の脱毛では断られていたという人でも安全に、そして確実に脱毛をすることができます。

ニードル脱毛は毛周期に関係なく毛が生えていれば脱毛ができます。即効性も高く、1回の施術で永久脱毛が可能です。

全身脱毛の脱毛期間と毛周期
【毛周期】全身脱毛の脱毛期間はどれくらい?脱毛と毛周期の関係を徹底分析 初めて脱毛する方の中には、脱毛はすぐ終わると考えている方もいるかもしれません。 実際、脱毛は1回や2回では終わることはありませ...
デメリット
  • 時間が掛かる
  • 痛みが強い
  • 料金が高い
  • 毛が伸びている箇所しか脱毛できない

ニードル脱毛は毛穴1本1本に針を差し込んで施術を行うので、他の脱毛方法に比べとにかく時間が掛かります。そのため広範囲の脱毛や全身脱毛には向いていません。さらにあらゆる脱毛の中で最も痛みが強く、中には激痛に耐えることができない人も。料金設定も1本単位なので高額になります。

またプローブと呼ばれる細い針は毛の伸びている部分にしか差し込めないため、毛が伸びていない場所には施術をすることができません。

蓄熱式脱毛のメリット・デメリット

メリット
  • 痛みがほとんどない
  • 施術スピードが速い
  • ニードル脱毛に比べると安い
  • 日焼けでもOK

蓄熱式脱毛はメラニン色素に反応しないタイプの脱毛方法なので、ニードル脱毛だけでなくあらゆる脱毛の中で最も痛みの少ない施術が可能です。さらにニードル脱毛のように1本1本処置を行う必要がないから施術もスピーディー。また広範囲の脱毛をすると高額になるニードル脱毛に比べると価格も安いので、全身脱毛にも最適です。

デメリット
  • 即効性はない
  • 白髪を確実に脱毛できるとは言えない

蓄熱式脱毛は今生えている毛に作用するのではなく、これから生えてくる毛の元に働きかけます。今生えている毛が寿命を終えないとその効果がはっきりしないというデメリットもあります。

また蓄熱式脱毛の白髪への効果には個人差があり、即効性もないため効果をはっきり感じられません。白髪の脱毛を目的とするなら蓄熱式脱毛よりもニードル脱毛をおすすめします。

白髪の脱毛におすすめのサロン・クリニック

ストラッシュ

ストラッシュ
痛みが苦手という人におすすめなのがストラッシュの蓄熱式脱毛です。ストラッシュでは毛周期に関係なく脱毛が可能なので、最短2週間で脱毛ができ、脱毛完了までも早くて6ヶ月とスピーディーです。

全身脱毛は月額制・回数制の他にも都度払いがあるので、ライフスタイルに合わせた脱毛が可能。さらに部分脱毛もあるから気になる箇所だけの脱毛もOKです。

期間限定!初月0円

ストラッシュを見てみる

最短6ヶ月で脱毛完了
ディオーネ

ディオーネの蓄熱式脱毛は「ハイパースキン法」と呼ばれるもので、毛周期の休止期に施術を行います。全身脱毛のほか部分脱毛のプランも豊富で、自由にパーツを組み合わせることも可能です。

ディオーネの脱毛は肌に優しいので肌トラブルの心配がないだけでなく、フォト美顔の光を約3割含むので、エステ級の美肌効果もあります。

ディオーネを見てみる

TBC

大手サロンでニードル脱毛を扱っているのはTBCのみです。TBCには「TBCスーパー脱毛(美容電気脱毛)」というコースがあり、高度な技術を持つ専門の技術者によるニードル脱毛を受けることができます。料金は「1本何円」いう計算で、入会金の必要のない「ビジター」と会員の「メンバー」で価格が異なります。

【料金】
プレーンゾーン(ワキやヒジ下、ヒザ下など):130円(ビジター)108円(メンバー)
デリケートゾーン(顔や襟足、手足甲・指など):143円(ビジター)119円(メンバー)

TBCスーパー脱毛なら白髪の脱毛効果もバッチリです。何十年たっても効果を持続することができます。

TBCを見てみる

ブランクリニック

ブランクリニックでは蓄熱式脱毛機の「メディオスターNeXT PRO」と「ソプラノアイス・プラチナム」を使用しています。

ブランクリニックのエコ得プランは他のクリニックと比べても料金がリーズナブルな上、月額払いもできるから、手軽に医療脱毛がはじめられます。途中解約時も解約手数料が不要で、残額を返金してくれるので安心です。

こんな場合はどうなの?白髪に関するQ&A

毛を染めれば普通に脱毛できる?

「脱毛は黒い色に反応するのだから、白髪を黒く染めれば脱毛できるのでは?」と思うかもしれませんが、毛を染めても脱毛をすることはできません。

カラーリングは皮膚の表面に出ている毛は染めることはできても、表面に出ていない毛根部分を染めることはできません。脱毛で大切なのはこの毛根部分です。毛根部分のメラニン色素に反応をして脱毛を行うので、毛を染めたからといって脱毛をすることはできません。

白髪は抜いてしまえばOK?

目立つ白髪はつい抜きたくなるものです。特にVIOの白髪は目立ちますし「少しぐらいなら大丈夫」と抜いてしまいがちですが、これは絶対にNGです。

VIOは毛が太く根深い位置に生えているので、毛抜きなどで抜くと肌に大きなダメージを受けてしまいます。VIOは特に雑菌が増殖しやすい場所なので、毛穴に雑菌が入り込むと毛嚢炎などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。VIOは一度炎症を起こすと治りにくいため、白髪を見つけても抜かないよう注意しましょう。

「目立つ白髪をすぐに何とかしたい」という場合のベストの処理は、ハサミで根元からカットすることです。デリケートゾーンは皮膚が弱いのでハサミで傷をつけないように注意してカットしましょう。

白髪の脱毛はココに注意しよう

自分の目的に合った脱毛方法を選ぼう
ニードル脱毛がおすすめの人
  • 確実に白髪の脱毛をしたい人
  • 広範囲の脱毛は考えていない人
蓄熱式脱毛がおすすめの人
  • 「全身脱毛をしながら白髪も抜けたらラッキー」と感じている人
  • 痛みの強い脱毛が苦手な人

白髪の脱毛は黒い毛の脱毛と比べると非常に難しいです。早く、そして確実に白髪を脱毛したいならニードル脱毛を選ぶのがベストです。白髪への脱毛効果が確認されているのはニードル脱毛だけです。

ニードル脱毛はレーザー脱毛よりもさらに痛みが強いので、痛みに弱い人には耐えがたく感じることも。痛みがネックという人はニードル脱毛よりも蓄熱式脱毛を選んでも良いかもしれません。

そしてニードル脱毛は1本1本処理するため脱毛に時間が掛かり、費用も高くなるため全身脱毛には向いていません。「白髪を脱毛して、なおかつ全身脱毛もしたい」という場合、白髪のみニードル脱毛、以外は蓄熱式脱毛など脱毛方法を分けるのがベストです。それぞれの良いとこ取りをすることで、効果を高く、なおかつスピーディーに白髪を含めた全身脱毛を行うことが可能です。

白髪が増える前に脱毛を完了しておく

ストレスなどが原因でメラニン色素を作り出すメラノサイトが一時的に休止している状態を除き、ほとんどの場合一度白髪になると元の黒い毛には戻りません。
1本や2本ならまだしも、白髪がどんどん増えてきてしまうとニードル脱毛では費用も時間も掛かり、痛みもストレスに感じます。

白髪が増えてから脱毛をするよりも、白髪が増える前に脱毛を終えておくのがベストです。「将来的に脱毛をしたい」と考えている人は、できるだけ早く脱毛をスタートさせましょう。

白髪の対策は早めが肝心

白髪を発見するとショックですよね。

白髪の脱毛は黒い毛に比べると難しいものの、ニードル脱毛なら確実に脱毛をすることができます。万が一白髪を発見しても、脱毛はできるので諦めないでくださいね。

今白髪がないという人も、いつ白髪が生えるかはわかりません。白髪を発見してから慌てないためにも、脱毛は早目に行っておくことをおすすめします。全身脱毛をしてスベスベになっておけば、白髪が増える心配もありません。

白髪ケアをしっかりして、いつまでも綺麗な肌をキープしましょうね。

ABOUT ME
みらえぴ編集部
みらえぴ編集部
中の人です!小学生の時にムダ毛との戦いがスタートしてはや○○年(笑) 脱毛で失敗しすぎた私だからこそ、少しでも脱毛で悩んでいる人のお手伝いができると思います。 脱毛初心者でも分かりやすいサイトを目指して日々脱毛知識をアップデート中♪
こんな記事もおすすめ