全身脱毛の疑問

未成年でも全身脱毛はできる?脱毛に必要な条件とお得なプランのあるサロンをご紹介

未成年の全身脱毛

全身脱毛をしたいと思うのは大人だけではありません。オシャレや美容に興味を持ち始める10代の女の子にとって、ムダ毛の悩みは大人が思っている以上に深刻です。
実際、未成年でも脱毛をすることはできるのでしょうか?全身脱毛に年齢制限はあるのでしょうか?

今回は未成年の脱毛事情やおすすめの脱毛サロンなど、未成年でも安心して施術ができるポイントをご紹介します。

未成年でも全身脱毛はできる?

現在脱毛サロンで使用している脱毛機は一昔前に比べて進化しており、肌に優しく痛みの少ない脱毛が可能です。ほとんどの脱毛サロンでは未成年でも全身脱毛ができますが、いくつか条件があります。

親権者の同意書があること

脱毛サロンやクリニックでは、未成年が契約をする場合「親権者の同意書」が必要になります。ほとんどのサロンやクリニックは同意書をホームページからダウンロードができるので、記入をしてもらい契約当日には必ず持参しなければなりません。

親権者の同意書を必要とする理由は2つあります。

1つ目の理由は法律的にトラブルが起こらないようにするためです。未成年は判断力も未熟なため、単独で行った契約が親権者の方で不適切と判断した場合契約を破棄できると法律で定められています。脱毛に関してもこの法律が適用されてしまうので、サロンと利用者との間でトラブルが起こらないように親権者の同意書の提出を義務付けています。

またもう1つの理由は、身体的なトラブルが起きた時のためです。脱毛は安全性が高いものの、火傷や肌荒れなどトラブルを引き起こす可能性がゼロではありません。サロンやクリニックではトラブルが起きた時にすぐに対処できるように備えてはいますが、事前にリスクがあることを親権者にあらかじめ知っておいて貰う必要があるのです。

年齢制限など条件があることも

未成年でも、親権者同意書があれば必ず脱毛ができるとは限りません。サロンによっては脱毛に年齢制限を設けている場合があります。「16歳から」「18歳から」などサロンによって設定はバラバラですが、「初潮を迎えて生理が安定してから」としているのが一般的です。

生理が安定しないとホルモンバランスも整っていないため、脱毛をしても十分効果が得られないことも。また将来再び毛が生えてくる可能性もあります。皮膚が未熟でダメージを受けやすいということもあり、トラブルなく十分な効果を感じられるように年齢制限を設けているのです。

脱毛サロン・クリニックにおける未成年の脱毛条件を比較

脱毛サロン
ミュゼプラチナム
ミュゼ
年齢制限なし(完了コースのみ16歳以上)
同意書必要
その他条件生理を迎え、毎月順調に生理がきていること
基本的にカウンセリングに同席が必要(できない場合は電話連絡有)
銀座カラー
銀座カラー
年齢制限16歳以上かつ2回以上生理がきている
同意書必要
その他条件お試しコースは未成年対象外
シースリー
シースリー
年齢制限なし
同意書必要
その他条件「月額払い」または「後払い」の利用は親権者の同席が必要
電話連絡の可能性は少ない
キレイモ
キレイモ
年齢制限なし
同意書必要
その他条件電話連絡の可能性は少ない
脱毛ラボ
脱毛ラボ
年齢制限なし
同意書必要
その他条件契約時には親権者の同席が望ましい
ディオーネ
ディオーネ
年齢制限なし(3歳以上)
同意書必要
その他条件18歳以下は契約時に親権者の同席が必要(19歳は同意書のみでOK)
ストラッシュ
ストラッシュ
年齢制限なし
同意書必要
その他条件契約時には親権者の同席が望ましい
クリニック
湘南美容外科
湘南美容クリニック
年齢制限制限なし
同意書必要
その他条件高校生以下は親権者の同伴が必要
リゼクリニック
リゼクリニック
年齢制限14歳以上
同意書必要
その他条件必ず親権者の同伴が必要
レジーナクリニック
レジーナクリニック
年齢制限なし
同意書必要
その他条件親権者が来院できない場合は電話で確認
アリシアクリニック
アリシアクリニック
年齢制限16歳以上
同意書必要
その他条件電話での連絡無し

こんな時どうしたら良い?未成年の脱毛Q&A

親にナイショでこっそり脱毛をすることはできる?

結論からいうと、親権者の許可なしでの脱毛は「絶対NG」です。

どの脱毛サロン・クリニックも未成年者の脱毛契約の際、親の同伴もしくは同意書の提出が必須です。中には同意書のみの場合、電話連絡をする場合もあります。
先ほどお話したとおり、これは法的トラブル・身体的トラブルを避けるためのもの。親権者の許可なしでは脱毛することができないのです。

親の同伴や電話連絡がないサロンやクリニックなら、同意書だけならこっそり書いて提出してもバレないのでは?と思うかもしれませんが、そもそもこっそり書くこと自体法律違反の行為(刑法第17章:文書偽造の罪)です。万が一トラブルが起きた場合、法的措置を取られる可能性もあるため、絶対に行ってはいけません。また「基本的に電話連絡なし」と言っても、明らかに同意書に不自然な点があれば連絡をすることもあります。

「未成年だけど脱毛したい」という場合、必ず親権者の同意を得るようにしましょう。

親に反対されているけれどどうすれば良い?

脱毛をしたいと親に話をしたけれど、反対されてしまったという人も多いかもしれません。親御さんの世代では脱毛というと「料金が高い」「痛い」などのイメージを持つ人も多く、内容を理解せずに反対をしていることもあるでしょう。
脱毛は親御さんの了解なしでは行えません。そこで説得をするポイントをいくつかご紹介します。

脱毛に対するメリットを説明する

「自己処理を続けるほうがデメリットは多い」
学割などお得なプランがたくさんある」
「トラブルの際は医師によるサポートもある」
「途中で解約しても返金される」

上記のようなメリットを説明して、脱毛に対する間違った認識を払拭しましょう。

無料カウンセリングに一緒に行ってもらう

可能であれば、カウンセリングに一緒に行ってもらうと効果的です。自分が説明するよりもより詳しく話しを聞くことができるので、親御さんの脱毛に対する気持ちも変わりやすいです。

関連:全身脱毛はカウンセリングで決まる!無料カウンセリングで確認したい8つのポイント

まずはお試しだけさせてもらう

脱毛に反対している親御さんに、急に全身脱毛の話を持ちかけてもハードルが高く、認めてもらえない可能性は高くなります。脱毛を説得するのであれば、体験や、低料金でお試し感覚でできる脱毛だけでもさせてもらうよう説得するのも効果的です。

未成年でもローンは組める?

一括での支払いが難しい時のため脱毛サロンでは医療ローンを使用できる場合もあります。しかし基本的に、未成年がローンを組むことはできません。
親御さんの名義でローンを組むことはできますが、ローンを利用したい場合は契約時サロンに同伴をしてもらわなければなりません。
ローンの利用はできないものの、月々の負担を軽くしたいのであれば月額制もおすすめです。月額制なら未成年でも利用をすることができます。

未成年の脱毛で注意したいこと

親権者が男性の場合は事前に確認をする

契約の時に親権者の同伴が必要なお店で、お父さんに同伴をお願いしようと思っている場合は注意が必要です。

脱毛サロンやクリニックでは女性が安心して脱毛できる環境を提供するため、基本的に男性の入店をお断りしているお店がほとんどです。たとえ契約時であろうとも同じです。「それじゃ脱毛できないの?」と思うかもしれませんが、各お店によって親権者が男性の場合の対応は様々です。中には電話による確認でOKの場合もあるので、事前にお店に確認をしておくと安心です。

脱毛効果を十分に感じることができない場合も

多くのサロンでは初潮を向かえ、ホルモンバランスが安定してからの脱毛を推奨しています。実際生理が始まってすぐはホルモンバランスも不安定で、生理が3日で終わってしまうことや、逆に10日以上生理が続くことも多く、生理周期も乱れやすいです。20歳前後からホルモンバランスも安定してくるため、生理周期も安定します。

脱毛とホルモンバランスは密接に関係しており、ホルモンバランスが乱れている時期に脱毛をしても、脱毛の効果を十分に感じることができない可能性があります。さらに、一旦脱毛が終了しても、再びムダ毛が生えてくる可能性もあります。

未成年の脱毛にはこうしたリスクがある事をしっかり頭において、脱毛の契約をすることをおすすめします。

全身脱毛ならクリニックよりもサロンがおすすめ

「永久脱毛」に憧れ、クリニックで全身脱毛をしたいという未成年の方も多いと思います。クリニックの全身脱毛は効果が高いですが、ホルモンバランスが乱れている未成年が行ってもその効果を十分に感じることができない可能性があります。クリニックの全身脱毛は脱毛サロンと比べても非常に高額な上、効果を感じるために追加で施術を重ねるとさらに費用もかさみます。

クリニックの医療脱毛にチャレンジするなら、確実にホルモンバランスが整う20歳をすぎてからがおすすめです。

脱毛中は日焼けがNGということを頭に入れて

脱毛をしたら水着や露出の多い洋服を着てオシャレを楽しみたいですよね。海やプールなどレジャーを楽しみたい人も多いでしょう。しかし脱毛期間中に絶対してはいけないことの1つに「日焼け」があります。

サロンやクリニックの脱毛機はメラニン色素に反応をするという性質があります。日焼けをすると肌にメラニン色素が増えるため、ムダ毛のメラニン色素にパワーを集中させることができず脱毛効果が薄くなってしまいます。さらに肌がダメージを受けて火傷を起こす危険性もあります。

こうしたリスクを避けるためにも、脱毛期間中は日焼けをしないように注意しましょう。ちなみに自己処理が必要なくなるまで、脱毛サロンで2~3年、クリニックで1年~1年半かかるケースが多いです。

綺麗な肌でおしゃれを楽しみたいという気持ちをグッと我慢して、脱毛期間中は日焼けをしないように注意しましょう。

未成年におすすめのサロン・クリニック

ミュゼプラチナム

「ワキ脱毛をしたい」という方におすすめなのがミュゼプラチナムです。ミュゼプラチナムの美容脱毛完了コースなら、100円で両ワキ+Vラインの脱毛が期間・回数ともに無制限で行えます。ワキ脱毛がここまで格安で行えるサロンは他にありません。これなら未成年の方でも始めやすいですよね。

脱毛はジェルを使用して行うSSC方式を採用しているので、肌に優しく痛みも少ないです。美肌成分入りのローションを仕上げに使用するのでお肌もプルプルになります。

キレイモ

全身脱毛をお得な価格で行いたいという人にはキレイモがおすすめです。
キレイモには月額定額プランがあり、月々9,500円から全身脱毛をスタートできます。月謝タイプの月額制なのでいつでも止めることができ、まとまったお金が必要ありません。

また回数制には学割プランもあり、最大で67,900円もお得になります。学生中に申し込みをすれば卒業してからも学割価格が適用されるので、在学中に脱毛をスタートするのがおすすめ。さらに期間・回数無制限で全身脱毛ができるスペシャルプランもあります。

銀座カラー

銀座カラーには学生証を提示するだけで最大50,000円OFFが適用される「脱毛学割」があります。また「未成年限定プラン」では料金の都度払いが可能なので、ローンを組むことができない未成年でも支払いがしやすいです。
全身脱毛だけでなく部分脱毛も可能なので気になる部分だけ脱毛することも可能。但し、脱毛学割と未成年限定プランは併用できないので注意が必要です。

施術は社内研修に合格をした高い技術を持つスタッフが行い、万が一の場合もドクターサポートが付いているため迅速に対応をしてくれるから、未成年でも安心して利用できます。

湘南美容外科

医療脱毛は高いという印象がありますが、湘南美容外科のワキ脱毛なら1回500円、全6回のコースで1,000円と格安なので、未成年の方も手軽に医療脱毛ができます。医療脱毛を試してみたいという方におすすめです。

湘南美容外科は初診・再診料やお薬代など施術以外に費用が掛かりません。医療機関なので万が一の肌トラブルも安心です。

未成年でも安心して通える全身脱毛サロン・クリニックを見つけよう

未成年でもお父さんやお母さんの許可があれば、大人と同じように脱毛をすることができます。「親に脱毛をしたいと言うのが恥ずかしい」という人も、思い切って打ち明けることがムダ毛の悩みをスッキリ解消する第一歩です。

サロンやクリニックによって年齢制限などを設けている場合もあるので、必ずしも全てのお店で脱毛ができるとは限りません。条件をしっかりと確認をし、安心して通えるお店を見つけましょう。ツルツルお肌を目指して頑張りましょうね。

ABOUT ME
みらえぴ編集部
みらえぴ編集部
中の人です!小学生の時にムダ毛との戦いがスタートしてはや○○年(笑) 脱毛で失敗しすぎた私だからこそ、少しでも脱毛で悩んでいる人のお手伝いができると思います。 脱毛初心者でも分かりやすいサイトを目指して日々脱毛知識をアップデート中♪